ライブのご案内

これからのライブ・イベントのご案内です。

11月19日(日) 秋川ギターサークル 31th定期演奏会
秋川ふれあいセンター(秋川市)

11月23日(木・祝) ギターサークル・カノン 第16回定期演奏会
南大塚ホール(豊島区)

12月10日(日) 立川市ギター倶楽部 定期演奏会
たましんRISURUホール(立川市)

=========================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

バラード・ドゥ・フー アルフレッド・コッタン作曲 演奏:立川市ギター倶楽部

わたしの指導している立川市ギター倶楽部が

新しいホームページを立ち上げました happy02

立川市ギター倶楽部HP

さらにユーチューブのチャンネルも作っていました。

昨年の定期演奏会から数曲をアップしています。

・・・というわけで、このブログからも1曲リンクしました。


曲はコッタンのバラード・ドゥ・フー。

指揮はほっそり見えますがわたしです。(笑)


コッタンは19世紀末から20世紀にかけてのギタリストで

マンドリンや作曲も手がけていたフランス人。

タレガとの親交もあり、「アルハンブラの思い出」は

このコッタンに献呈されています。


そして、コッタンが作ったギター3重奏がこのバラードです。

20世紀初頭のギタートリオのオリジナル作品ということで貴重な存在ではあります。


ただ、このフー(fou)というのが曲者で

意味合いとしては「ばか」とか「狂ってる」みたいなもので

英訳すると「クレイジー・バラード」ということに。 coldsweats01


でも、聴いていただければわかると思うのですが

曲そのものは、物語的(バラード的)な気分はよくわかるのですが

音楽的にフー(クレイジー)な感じはなく、いたって美しく楽しい曲なのです。


歌詞もなく、由来もわからない曲なので、どうしようかなというところでしたが

「ギタキチたちに贈るバラード」くらいの意味にとらえて演奏しました。

fouの意味合いとしても深刻な意味ではなく

ごく軽い「アホ」(笑)くらいのものとも聞きました。


Alfred Cottin (1869-1923) "Ballade du Fou" guitar trio

立ギの今年の定期演奏会も近づいてきました。

よろしければ、こちらもぜひ!

12月10日(日)
立川市ギター倶楽部 定期演奏会

13:30開演
会場:たましんRISURUホール(小)


2017_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

モンティ作曲 チャールダーシュ

2017.9.10 ライブ
珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター
~二種の弦楽器による親密な響き~ より
会場:永田珈琲店こもれび(東京・小平)

ヴァイオリン : 宮林 陽子 Yoko Miyabayashi (Vn.)
ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)

ギターパートはわたしがアレンジしました。

Monti : czardas violin & guitar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

カルッリ作曲 モーツァルトのクインテット 作品156

2017.9.10 ライブ
珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター
~二種の弦楽器による親密な響き~ より
会場:永田珈琲店こもれび(東京・小平)

ヴァイオリン : 宮林 陽子 Yoko Miyabayashi (Vn.)
ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)

原曲はモーツァルトの ピアノカルテット k.478 によるもので

ピアノと弦楽トリオの編成ですが、

カルッリは旋律楽器とギターのために一から楽譜を再構成して作っており、

渾身の力作と言えるアレンジ。本当によくできています。


アンサンブルの醍醐味も感じながら、

こんな風にモーツァルトを弾けるのは本当に楽しいものです。

このライブで初めて取り組んだ作品ですが、

すぐに大・大・大好き!なレパートリーになりました。 happy01

19世紀の人たちもたいそう楽しんだことと思います。


1点、残念なのはカルッリ(あるいは当時の出版社?)が

勘違いして「クインテット」というタイトルをつけてしまったこと。 

それが表紙に堂々と書かれているのです。

プログラムやチラシに載せる際、どう書いたものかといつも頭を悩ませます(笑)

Carulli : Quintetto de Mozart op 156 ( k.478) violin & guitar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番

2017.9.10 ライブ
珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター
~二種の弦楽器による親密な響き~ より
会場:永田珈琲店こもれび(東京・小平)

ヴァイオリン : 宮林 陽子 Yoko MIyabayashi(Vn.)
ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa(Gt.)

Paganini: Centone di sonate Op.64 MS.112 Sonata No,1 violin & guitar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

カルカッシ 作品60-13 リラ演奏

2017年10月22日、篠山のカフェ・日葉(にちよう)さんでのライブより。

リラをポロロンと鳴らしたときに、ふとこの曲が頭に浮かびました。

リラで弾くととても気持ちの良い曲です。


後世の人がエチュードや無名の曲に親しみを持ってタイトルを付ける

ということが時々行われていますが、

わたしもこの曲は親しみを持って

「巻雲」

とプログラムに載せたりしています。


この曲の楽譜を眺めていると、

秋の良く晴れた日に、クッキリと白く、

クルリクルリと線を描く巻雲のように見えました。


広がりを感じる爽やかな曲調も、これを習っていた10代の頃から大好きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

ナイロン弦とガット弦の聴き比べ A E パスカル1922年

ナイロン弦の発売は1947年のオーガスチン社が始まりと聞きます。

つまり、戦前のギターはガット弦が想定されて製作されているのですね。

そんなこともあって、1922年のギターにガット弦を張って

往年の音色を楽しんでみたいと思い、張り替えてみました happy01


そして、ついでと言ってはナンですが、

資料として比較できるように録画しました。


はじめがナイロン弦、2分30秒あたりからガット弦です。

ナイロン弦はオーガスチンの赤ラベル。

ガット弦はトロ社の060 071 088 とミディアムのギター用低音弦セット。

残念なのはトロ社の低音弦セットはいつ頃からかナイロン芯になってしまいました。

本来ならシルクの芯が仕様です。

ピッチは425Hzにしています。


「どちらが良いか」という視点ではなく

音色の違いを感じていただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

聞かせてよ愛の言葉を (ジャン・ルノワール) "Parlez-moi d'amour"( Jean Renoir )

2017.10.22 篠山のカフェ・日葉(にちよう)さんでのライブより

マリアハープ(田中清人作)・歌 マリア味記子さん

わたしのギターも田中清人作の19世紀ウィーンタイプです。

マリアさんからお借りしました。小型で弾きやすく、よく鳴ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

関西出張~5つの目的

10月21~24日、関西方面に出張してきました。

Dsc01070

今回の荷物。大きなケースはリラです。重い~ wobbly

今回の関西行は5つの目的を持ってまいります。


Dsc01074

とりあえず、新幹線に乗車。こだまのグリーン車を選択。

時間はかかりますが、快適かつリーズナブルなのです!

新大阪から福知山線に乗り換え、篠山に向かいます。


そしてこれが最初の目的。

Dsc01078

ギター製作家の田中清人さんにお願いしてあったシュタウファーギターの修復。

1年がかりで直していただきました happy01

気になっていた表面板のゆがみも直り、音も活き活きと復活していましたヨ。

田中さん、ありがとうございます。

来年はこの楽器の音を披露する日を作ります。


その晩は篠山のロッジに宿泊しました。

Dsc01081


到着するやいなや、マリアハープのマリア味記子さんとリハーサル。

Dsc01082


夕食戴きながら、うちあわせ~♪

Dsc01087

夕食は地のものが多く使われていて、美味しかったです。

厚みのあるしいたけとか、イノシシの焼肉とか。


夜は篠山特産!今が旬の黒豆の枝豆をつまみながらビデオチェックしたり。

Dsc01088

黒豆の枝豆は初めて食べましたが

粒が大きく、味も濃く、止まらない~ delicious


さて、翌22日は篠山のカフェ・にちようさんでライブです。

これが第2の目的でした!

Dsc01091

実は18時開演だったのですが、台風の影響を考慮して

8時間の繰り上げで10時開演 impact

結果的には良い判断だったと思いました。結構すごいのが来ましたから。

しかし、6時起き、8時からリハとなりました、、、は、早い (笑)

Dsc01092


いざ開演!

Dscn4267

まずはリラソロ。みなさん、熱心に聴いてくださいました。

にちようさんの店内も適度に響きが残って、暖かな音で弾きやすい空間でした。


休憩時間には田中さんが楽器の説明をしていました。

Dscn4269


この日のライブのもう一つの目玉はこの楽器ディタルハープ。

美しく装飾された、およそ200年前のハープです。

生の音色を聴けるチャンスはなかなかありません!

まずは田中さんによるレクチャー。

Dscn4271


つづいてマリアさんによる演奏

Dscn4279

深く幻想的に響く楽器です。

来年は東京でも紹介する機会を作りたいと思います。


さらに、マリアハープとギターのデュオ。

Dscn4287

楽しく演奏しました happy01


台風の迫る中、お集まりいただいたみなさまに感謝いたします。

Dscn4282


アンコールは互いの楽器を持ち替えたりして・・・

Dscn4288


これが本日のプログラム

Dsc01107


ところで、カフェ・にちようさんは美味しいコーヒーとガレットが人気です。

ガレットってそば粉のクレープみたいなもので、フランス風ということです。

演奏後、生ハムのガレットをいただきました。初めて食べましたが、美味しー happy02

Dscn4295


この日のお宿は篠山のホテルです。

ホテルのレストランでは黒豆づくしのお料理

Dscn4299


部屋に戻ってからは焼き栗。これもおいしい。

田中さんお勧めのお店で買いました。これが一番うまい!と。

Dscn4303


さあ、23日は台風は過ぎたものの、その爪痕は各所に残り

篠山を出て大阪に向かいたいのですが、行けない・・・ coldsweats02

電車が止まって、道路も動かない。

でも、田中さんがいろいろなコースを検討してくださり

30キロも先の駅まで送ってくれて、その後の予定に間に合いました。

ホントに何から何までありがとうございます!!!


そしてここからが第3の目的。

Photo

西宮のプレラホールにて

館長さん、スタッフのみなさんとビートショップ(企画会社)の社長に

リラを見ていただきました。

今後、マリアさんのディタルハープやマリアハープと良い企画が作れますように。


このあとは目的のその4.

マリアさんのご紹介で関西ギター界の大御所、増井一友先生を訪ねました。

Masui2

気さくになお人柄で暖かく迎い入れていただき、

楽しいおしゃべりに花が咲きました。

増井先生所有の銘器や古楽器の数々も拝見し、

さらに二重奏のお手合わせも!!

Masui


さて、出張の最終日の目的は完全なる観光客 happy02

新快速に乗って姫路まで。

美しい白鷺城まで行って天守閣にも登ってきました。

Dsc01114

2年ほど前にお色直しの補修工事があってまばゆい白さに!

Dsc01118

坂道と場内の急な階段は運動不足の体に堪えます。

Dsc01122


帰りの新幹線はお約束のたこ焼きビール。

Dsc01125

東京駅からも1時間以上かかるんですが、かまうものか(笑) 呑んじゃえ!


翌日はお土産に戴いた黒豆の枝豆が届き、

早速茹でて楽しかった出張を思い返しました。

Dsc01129

マリア味記子さん、田中清人さん、
この度はサポートと多くのご縁をありがとうございました。

そして今回の出張で初めてお会いした
篠山の皆さん、プレラホールのスタッフの皆さん、
ビートショップの水谷社長と奥様、そして増井先生、お世話になりました。
これからもよろしくお願いいたします。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

ギターサークル 秋~冬の定期演奏会

11月から12月にかけて

わたしの指導する3つのサークルが定期演奏会を催します。

ご覧のみなさま、よろしかったら是非聴きにいらしてください。

定期演奏会は全て入場無料。
それぞれのチラシはクリックで大きくご覧いただけます。

11月19日(日) 
秋川ギターサークル 31th定期演奏会

2017

14:00開演
会場:秋川ふれあいセンター 1Fふれあいホール
無料駐車場有


11月23日(木・祝)
ギターサークル・カノン 第16回定期演奏会

2017_2

13:30開演
会場:南大塚ホール


12月10日(日)
立川市ギター倶楽部 定期演奏会

2017_3

13:30開演
会場:たましんRISURUホール(小)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ロンドンデリーの歌、サリーガーデン(マリアハープとリラギター)