02.コンサート・ライブ・イベント情報

わたしが出演する演奏会や指導するサークルの演奏会などのお知らせです。

2017年12月15日 (金)

ライブのご案内

これからのライブ・イベントのご案内です。

2018年
3月4日(日) 立奏によるオリジナル19世紀ギターライブ(小平・永田珈琲店)
=========================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

ギターサークル 秋~冬の定期演奏会

11月から12月にかけて

わたしの指導する3つのサークルが定期演奏会を催します。

ご覧のみなさま、よろしかったら是非聴きにいらしてください。

定期演奏会は全て入場無料。
それぞれのチラシはクリックで大きくご覧いただけます。

11月19日(日) 
秋川ギターサークル 31th定期演奏会

2017

14:00開演
会場:秋川ふれあいセンター 1Fふれあいホール
無料駐車場有


11月23日(木・祝)
ギターサークル・カノン 第16回定期演奏会

2017_2

13:30開演
会場:南大塚ホール


12月10日(日)
立川市ギター倶楽部 定期演奏会

2017_3

13:30開演
会場:たましんRISURUホール(小)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

ライブ告知:10月22日(日) 丹波篠山

Photo


Photo_2


幻想の古楽器リラの調べ
マリアハープ&19世紀ギター

2017年 10月22日(日) 開演 18:00
料金:2000円 珈琲と焼き菓子セット付
席数僅少のため、ご予約をお願いいたします(約20席)。

お問い合わせ&ご予約
079-552-0637(カフェ 日葉 -にちよう-)

会場:カフェ 日葉 -にちよう-
〒669-2331 兵庫県 篠山市兵庫県篠山市二階町40-1
カフェ 日葉 -にちよう-ホームページ(クリック!)

出演:長谷川郁夫(リラ・19世紀ギター) マリア味記子(マリアハープ・歌)

マリア味記子さんのブログ(クリック)

==============================

関西でリラ演奏をさせていただくことになりました happy01

前半はリラのソロ、
後半はお招き下さったマリア味記子さんのマリアハープと19世紀ギターでジョイント。
マリアハープは片手で演奏する小型ハープで可憐な美しい音色を持っています。
実はこのマリアハープと19世紀ギターは
どちらも篠山の製作家、田中清人氏の手によるもの。
とても精密に作られ、良い音でしっくり合います heart04

秋の篠山、いい季節ですね~。
わたしもうかがえることが楽しみです!
お近くの方、ご都合が合う方、是非いらしてくださいネ。

プログラム

《リラソロ》
ジムノペティ第1番 アイルランド民謡(ジュリアーニ編) 魔法のセレナーデ ほか

《マリアハープとギター》
ロングロングアゴー(19世紀の楽譜) 涙のアランフェス 禁じられた遊び ほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

コンサート告知:10月15日(日)両国

1


2


作山貴之 クラシック・ギターリサイタル & ギター音楽堂

2017年 10月15日(日)
開演:14時00分 開演 30分前開場
料金 前売り¥3.000円 当日 ¥3.500円
チケットお申込み・お問い合わせ info@sakuyama.org

場所 両国門天ホール
住所:〒130-0026 
東京都墨田区両国1-3-9 ムラサワビル1-1階

出演 作山貴之  長谷川郁夫

協賛
(株)クロサワ楽器
クロサワ・ギター・アンサンブル
エルコスモスガーデニング

後援
公益社団法人・日本ギター連盟

リサイタルの案内ページ(作山さんのブログ

=========================

建先生の同門、作山さんのリサイタルにDuoの相方として共演いたします。
懐かしいですね、ギター音楽堂。
ギターデュオで沖縄でも演奏しました。

がんばって盛り上げたいと思います!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

ライブ告知:9月10日(日)小平

170910


珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター
~二種の弦楽器による親密な響き~

9月10日(日) 
13:30(OPEN) 14:00(START)
料金3000円(おいしい珈琲or紅茶付き) 

満員御礼!
チケット完売いたしました。
ありがとうございます。(8/4)

ご予約:i.has@nifty.com はせがわ

後援:サロンアロー

会場:永田珈琲『こもれび』にて
(小平市美園町1-6-1-2F)
西武新宿線小平駅南口ロータリー右手
グリーンプラザ2階

=========================

これまでこの会場ではアンティークギターを聴いていただく催しを続けてきましたが
今度の会はヴァイオリンとギターとしてわたしはモダンギターを使います。

擦る弦楽器と撥く弦楽器の響きの妙を聴いていただければと思っています。

ヴァイオリンというのは実に不思議かつ魅力的な楽器で
大オーケストラをバックにコンチェルトもできるし、
弦楽カルテットのような室内楽もあれば
今回のようにギターとのアンサンブルもこなしてしまうんですね。

それぞれ、必要な音量は違うはずなのに
どんな組み合わせでもスッとおさまるように演奏できてしまう。

もちろん、それは奏者の腕前による部分も多々あると思いますが coldsweats01

わたしがヴァイオリンと一緒に演奏するのはずいぶん久しぶりでしたが
今回も合わせていて、やっぱりそういう事を考えました。
だんだん、イイ感じの混ざり具合になっていくんですよねー。

今回のレパートリーは
19世紀のヴァイオリンとギター用オリジナル曲を中心に
いくつかのアレンジ曲、そしてそれぞれのソロをお聴きいただきます。
ヴァイオリンとギターは昔から結構仲が良かったんですよ! happy01

いくつかピックアップしてご紹介すると…。

「シャイドラーのソナタ」は5コースギターとヴァイオリンのための曲で
「ヴァイオリン伴奏つきのギターソナタ」というべきもの。
第1番は良く弾かれますが、今回は第2番という楽譜を見つけてきました。
テイストは第1番と似ていますが、1番を聴きなれた人には新鮮。

「モーツァルトの四重奏曲」はピアノカルテットK,478をカルッリが渾身のアレンジ。
当時これを弾いたギタリストがどれだけ楽しかったか伝わってきます!

「シューベルトのセレナーデ」はコストが編曲した歌用の楽譜から作りました。

「チャールダーシュ」はギター伴奏譜をわたしがアレンジしました。
いくつかの楽器と合わせたことがありますが
やっぱり本家のヴァイオリンはカッコいい~ sign03

あと、ヴァイオリンのソロではバッハの無伴奏から弾くようなので
わたし的にもこれは楽しみ。

プログラム
ギターとヴァイオリンのためのソナタ第2番(シャイドラー)
チェントーネ・ディ・ソナタ Op. 64~第1番 イ短調(パガニーニ)
モーツァルトの四重奏曲(k.478)op.156 (カルッリ)
アリオーソ(バッハ)
セレナーデ(シューベルト)
チャールダーシュ(モンティ)
無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番より(バッハ)~ヴァイオリンソロ
アルハンブラの思い出(タレガ)~ギターソロ …ほか

=========================

なお、今回も満席が予想されますので
お席をご希望の方はお早めにご予約いただけますよう、
お待ち申し上げております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

ライブ告知:7月23日(日)国立

170723

100年前のドイツギター~名工ハウザー1世を聴く~
2017年7月23日(日)

音楽茶屋「奏」
14:00オープン 15:00スタート
会場:音楽茶屋「奏」 
(JR国立駅南口より旭通りへ徒歩4分 
 国立市東1-17-20サンライズ21ビルB1)

料金:チャージ2000円+オーダー
チケットはありません。ブラリとどうぞ。
お問い合わせ:042-505-6384(奏)

奏HP:http://d.hatena.ne.jp/shusuke0521+kanade/

ライブはちょっとご無沙汰してしまったかな、国立の「奏」。
9か月ぶりに演奏させていただきます。

演目は今年3月に小平で演奏しました「100年前のドイツギター」。
ハウザー1世製作の楽器を2台使用し、
ラウテでチェロ組曲第1番、ウインナーギターで大序曲をメインにしたプログラムです。

結構好きなんですよ、このプログラム…というか楽器も。
19世紀黄金時代のラコートやパノルモのオリジナルを使用しての
バロック音楽などはあまり考えないのですが、
20世紀初頭のこんな楽器を構えると

「バッハ弾いちゃおうかな」

なんて、思っちゃうんですよね。
まあ、きっと100年くらい前の人なら弾いてたと思いますし。

このハウザーの2台などは古楽器テイストの音色があって、
結構ファンタジーを広げてくれます。

それと、いつも思うのはこの人、超名工だなということ。
さらっていて、ググッとあちらの世界に引き込まれてしまいます。
簡単なアルペジオを弾いているだけでも時間が過ぎてしまう感じ。

よろしかったら、ぜひ聴きにいらしてください。
お待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

ライブ告知:7月9日(日) 立川・玉川上水駅

170709


ウクレレ&ギター サマー コンサート
2017年7月9日(日) 14:00開演

出演:i-leaf 小山葉子(ウクレレ・ボーカル) 長谷川郁夫
会場 ホーム ギャラリー ステッチ
場所 西武拝島線・多摩モノレール 玉川上水駅より徒歩10分
料金 前売 2500円  当日 3000円
問い合わせ&ご予約 i.has@nifty.com (はせがわ)

プログラム
パーリーシェル タフワフワイ カヴァティーナ
イフ トップ・オブ・ザ・ワールド ほか

ハワイアンとポップスを集めたウクレレとギターのライブ、今年もやります happy01

みなさまのお越しをお待ちしております。

以下は、昨年の同ライブより。

i-leaf HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

ライブ告知:6月3日(土)国立

170603ol

幻想の古楽器~リラの調べ in Pupu
2017年6月3日(土)
時間:18:00 オープン / 18:30~ お食事 
    19:30~ コンサート / 21:00終演予定
料金:3800円 (お食事つき)
5/16追記・満席となりました!ありがとうございます。
会場:ギャラリーカフェ Pupu

国立駅南口より徒歩5分メガネのSTRUTとなり。
国立市東1-14-21グリーンライフ国立1F
問い合わせ:042-576-1622(ププ) i.has@nifty.com(はせがわ)
チラシをクリックすると大きくご覧いただけます。

18世紀ヨーロッパの人々が持っていた古代ギリシャへの憧れが結晶化した
ファンタジックな弦楽器、リラ。

昨年は小平や茅ヶ崎、
今年の1月は武蔵村山で聴いていただきましたが
今度は来る6月に国立で演奏させていただきますhappy01

今回の会場はギャラリーカフェPupuさん。
マダムが腕によりをかけたディナーとともにお楽しみください。

リラやクラシック音楽のイメージで
ヨーロピアンテイストでいくぞ~!と言っていましたヨ。

この演目についてのご案内はわたしのHPに掲載しています。(クリック)

リラのデモンストレーション動画をYouTubeにアップしています。(クリック)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


Dsc00814


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

はせがわ音楽教室 第22回発表コンサート

22


はせがわ音楽教室第21回発表コンサート

3月5日(土)12時開演 (入場無料)
立川のたましんリスルホール(立川市民会館)小ホールにて。

例年3月上旬の開催でしたが
今年から4月下旬にしてみました。

今回は23名の生徒さんによる独奏と重奏。

がんばって演奏しますので、ぜひ応援してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

ライブ告知:3月5日(日)小平

170305web


珈琲とともに楽しむアンティークギターの響き(4)
100年前のドイツギター~名工ハウザー1世を聴く~

3月5日(日) 
13:30(OPEN) 14:00(START)
料金2500円(おいしい珈琲or紅茶付き) 

3/4 満席となりました。ありがとうございます。

後援:サロンアロー

会場:永田珈琲『こもれび』にて
(小平市美園町1-6-1-2F)
西武新宿線小平駅南口ロータリー右手
グリーンプラザ2階

ご予約:i.has@nifty.com はせがわ

2015年の秋よりやらせていただいている
小平の名店永田珈琲でのライブ、今度で4回目となります。
毎回、アンティークギターの響きを楽しんでいただいていますが
今回はハウザーが作った2種類の楽器を聴いていただくことにしました。

ハウザーは現代も続くギター製作の名家。
中でも1世はその腕前が名手セゴビアの心を射止め、ギター製作を依頼されて、
伝説となった素晴らしいスパニッシュギターを生み出したことで知られています。

今回はハウザー1世による古いスタイルのドイツ型ギター
・・・ラウテ(リュート型)とウィンナーギター(19世紀シュタウファー型)を演奏します。

およそ100年前のギターが醸す古きドイツの音色、
名工の魂と味わい深い音楽を、薫り高い珈琲とともにお楽しみください。

Dsc00828
左:ラウテ1914年 右:ギター(ウィンナーモデル)

プログラム
無伴奏チェロ組曲第1番(バッハ)
パルティータ(ロジー)
スパニョレッタ(不詳)
二つのメヌエット(ペツォールト)
大序曲(ジュリアーニ)
庭の千草(アイルランド民謡)ほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧