02.コンサート・ライブ・イベント情報

わたしが出演する演奏会や指導するサークルの演奏会などのお知らせです。

2018年9月18日 (火)

ライブのご案内

これからのライブ・イベントのご案内です。

2018年
10月13日(土) 長谷川郁夫・植木和輝 19世紀ギターの世界
19cギター・ガット弦・立奏による当時の音楽
新潟公演 新潟市民芸術文化センター りゅーとぴあ スタジオAにて

10月21日(日) 珈琲とともに楽しむ ヴァイオリンとギター
永田珈琲店“こもれび”にて (Vn.宮林陽子)


イベント=====================
9月29日(土) ふれあいセンターフェスティバル(武蔵村山)
むさむらギターサークルが出演

10月8日(日) 昭島市民文化祭 音楽祭(小ホール)
ギターサークル響が出演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

昭島市民文化祭 音楽祭(小ホール)

H30

2018年10月8日(月・祝)
昭島市公民館小ホールにて 入場無料
ギターサークル響演奏は15:30より

芸術の秋シーズンはこういう催しがたくさん開かれますね。

ギターサークル響の活動拠点、昭島公民館でも文化祭が行われます。

市内の音楽サークル5団体が各45分ずつ演奏を披露します。

ギターだけではなく大正琴やオカリナ、フルートアンサンブルなど多彩です。

長丁場ではありますが、よろしかったらぜひ足をお運びください。


ギターサークル響の出番は一番最後の15:30から
note

何せ24名クラスの大所帯ですので!


響の演奏曲は合奏が

・放課後の音楽室(ゴンチチ)

・スパニッシュ タバーン(スターク)

・野に咲く花のように(ダ・カーポ)

・おもちゃの兵隊の観兵式

・花祭り(フォルクローレ)

重奏では

・哀愁のアダージョ

・見上げてごらん夜の星を

・夢の中へ

・ヴォラーレ

を予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

2018 ふれあいセンターフェスティバル (武蔵村山)

20180818172320

2018 ふれあいセンター フェスティバル
9月29日(土) 30日(日) 10:00-16:00
場所:武蔵村山市立緑が丘ふれあいセンター

主催・問い合わせ
042-590-0755(ふれあいセンター)

武蔵村山市の施設ふれあいセンターは

わたしの指導する「むさむらギターサークル」の主な練習会場ですが

例年、この時期にここを利用するサークルの発表があります。

…というわけで、今年も出演決定!!

むさむらギターサークルの出演は
9月29日(土) 15:20から30分間です

入場はもちろん無料で、前の時間にはそのほかのサークルの演目が並びますし

展示や体験会、映画の上映などもあります happy01

お近くの方、お誘いあわせの上ぜひご来場ください。


むさむらギターサークルの演目は

・テレマンのメヌエット

・芭蕉布

・講師演奏(…何弾こうかな)

・みだれ髪

・明日があるさ

の予定です。


発表団体のプログラムはこちら。

クリックで大きくご覧いただけます。

20180818172338


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

19世紀ギターコンサートPV 長谷川郁夫&植木和輝

来る9月7日(金)GGサロンコンサートのプロモーションビデオがアップされました。

当日の演奏予定曲より

・ランクラージュマンよりカンタービレ ソル
使用楽器J.G.シュタウファー1830年頃ウィーン R.F.ラコート1828年パリ

・ドイツの歌 メルツ
使用楽器プライムギター&テルツギター ともにJ.G.シュタウファー1830年頃ウィーン

・G線上のアリア
使用楽器ハウザー1世ウインナーモデル1932年&1937年

・10の練習曲より第1番 レゴンディ (植木ソロ)
使用楽器J.G.シュタウファー1830年頃ウィーン

・春の日の花と輝く アイルランド民謡ジュリアーニ編 (長谷川ソロ)
使用楽器 リラ ラコート作1828年 パリ

コンサートのご案内はこちら。
ライブ告知:9月7日(金) 要町・池袋

チケットご予約は i.has@nifty.com はせがわまで(割引価格でご案内しています)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

関連リンク

植木フルート・クラシックギター教室HP

当ブログ記事より

2017.7.25 ギタリスト植木和輝氏

2018.6.4 動画を撮りに現代ギター社へ

YouTube動画

うえき&はせがわ 19c Guitar Duo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

ライブ告知:10月21日(日) 小平

181021ol


珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター
~二種の弦楽器による親密な響き 2~

永田珈琲店“こもれび”にて
10月21日(日) 入替制2回公演

第1回 12:30(OPEN) 13:00(START)
第2回 15:30(OPEN) 16:00(START)

どちらも料金3000円(おいしい珈琲or紅茶付き) 
席数僅少のためご予約をお願いいたします。

ご予約:i.has@nifty.com はせがわ

後援:サロンアロー

会場:永田珈琲『こもれび』
(小平市美園町1-6-1-2F)
西武新宿線小平駅南口ロータリー右手
グリーンプラザ2階

=========================

小平の名店、永田珈琲をお借りしてのライブはこれで7回目となりました。


ヴァイオリンの宮林さんとは今年6月に浅草橋にて

ギター・ヴァイオリン・チェンバロによるコンサートを行いましたが

はじめてのお手合わせいただいたのは昨年9月の永田珈琲でした。

その際は古典派~ロマン派時代にかけて作られた

ヴァイオリンとギターのための作品を中心にしたプログラムでお送りしましたが

今回もキープコンセプトでまいります。


ちなみに、このコンサートで使用するギターはモダン。

1963年のハウザー二世を予定しています。

なかなかどっしりとした、いかにもクラシック然とした音を奏でてくれる楽器です。

主なプログラム

ギターとヴァイオリンのためのソナタ第1番(シャイトラー)

協奏風二重奏曲(パガニーニ)

モーツァルトの四重奏曲(k.478)op.156 (モーツァルト~カルッリ)

オペラ「アルジェのイタリア女」序曲(ロッシーニ~カルッリ)

愛の挨拶(エルガー)

ソルベーグの歌(グリーグ)

ロザリオソナタよりパッサカリア(ビーバー)~ヴァイオリン無伴奏

タンゴ(タレガ)~ギターソロ …ほか


カルッリ編のロッシーニは最近出版されたもので、こんな逸話があります。

(現代ギター社HPより)
行方不明となっていた、

カルッリによる「ヴァイオリンとギターのためのロッシーニの10の序曲」が

幻の作品群でしたが、スペイン北部、ガルシア地方のラ・コルーニャで発見されました。

「カルフォルニア組曲」の作曲家としても知られる

ホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイ(G)が、

その妻であるアナベル・ガルシア・デル・カスティージョ(Vn)と共に校訂し、

彼らが立ち上げたレーベルから出版となりました。」


もちろん、全冊買いましたよ~ happy01

今回はその中から1曲選びました。

弾きやすく効果的な、カルッリらしいアレンジです。

それと、前回は早い時期に満席になってしまい

お席がご用意できなかったお客様もいらしたので今回は2回公演としてみました。

スペース的にもゆとりをもってお聴きいただけるかなと思っています。

秋のひととき、ヴァイオリンとギターとおいしい珈琲でお過ごし下さい happy01

ご予約お待ちしております!


《関連リンク》
昨年(2017年)の永田珈琲ライブのレポート
終了:珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター ~二種の弦楽器による親密な響き~


動画(2017年の時のもの)
パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番

カルッリ作曲 モーツァルトのクインテット 作品156

モンティ作曲 チャールダーシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

ライブ告知:10月13日(土) 新潟

181013ol

長谷川郁夫&植木和輝
19世紀ギターデュオの世界(新潟公演)

2018年10月13日(土) 19:00開演(会場18:30)
新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ スタジオAにて

料金
当日 :¥2,500  前売:¥2,000 / 学生:¥1,500(高校生以下)

お問い合わせ・チケットお申込み
TEL 090-6481-6971 e-mail uekifg@yahoo.co.jp

コンサート内容は9月7日GGサロン(東京公演)と同じです。
こちらをご参照ください。
ライブ告知:9月7日(金) 要町・池袋(クリック)

ただし、使用楽器が少し変更になります。

181013ol_2


関連リンク

植木フルート・クラシックギター教室HP

当ブログ記事より

2017.7.25 ギタリスト植木和輝氏

2018.6.4 動画を撮りに現代ギター社へ

YouTube動画

うえき&はせがわ 19c Guitar Duo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

ライブ告知:9月7日(金) 要町・池袋

180907gg


GGサロンコンサート2018
長谷川郁夫&植木和輝
19世紀ギターデュオの世界

2018年9月7日(金) 19:00開演(会場18:30)
現代ギター社・GGサロンにて
(地下鉄有楽町線・副都心線 要町駅4番出口より2分)

料金
当日 一般:¥3,500 / 学生:¥3,000
前売 一般:¥3,000 / 学生:¥2,500

はせがわからの購入(ご予約含む)の方は
一般2800円 学生2400円にて販売いたします
 happy01
お問い合わせ i.has@nifty.com (はせがわ)

===============================

「ラコート、シュタウファー、ハウザー1世。

 十九世紀ギターの名器が一堂に揃う奇跡の夜。

 ガット弦、指頭奏法、立奏による

 伝統的なスタイルで紡ぐ音の芸術は

 聴く者を古に誘う」


★百数十年前の音、音楽、そしてその愉しみが活き活きと蘇る音楽会

この度の催しには3つの見所があります。

まず一つ目はレプリカではなく時代を超えた本物の19世紀ギターを使用する点です。

しかもラコート、シュタウファー、ハウザー1世という名器が揃いました。

そしてそれら楽器達と同時代の音楽を中心にプログラムを組んでいます。

それは19世紀ギターという専門的な世界を追求してきた

2人の演奏者が出会ったことにより実現しました。


続いて長谷川と植木共にガット弦の使用、

指頭奏法、立奏という希少な演奏スタイルで演奏する点です。

伝統的な奏法による甘い調べにより

19世紀にタイムスリップしたかのような贅沢な時間に誘います。


さらにはテルツギターやリラ(リラギター)といった

珍しいギターの響きをお聴き戴くことです。

テルツギターは19世紀初頭にウィーンで流行したアンサンブル用の高音ギターで、

このギターの加わるデュオは当時のウィーンの響きを

再現するのにこれ以上ない組み合わせです。


また、リラは18世紀末のヨーロッパに生まれた優雅な竪琴フォルムの楽器で、

当時の人々がもつ古代ギリシャへの憧れが結晶化した

ファンタジックなギターと言えます。

長谷川はこの楽器を演奏する世界でも稀なプレイヤーであり、

当時のギタリストがこぞって使った名門ラコートによるリラの音色も大変貴重なものです。

プログラム

(シュタウファーとラコートのデュオ)
アンクラージュマン (ソル) 
オペラ「隊商」の序曲 (グレトリ~カルッリ)
オペラ「セビリアの理髪師」序曲 (ロッシーニ~カルッリ

(シュタウファー作テルツギターとプライムギターによるデュオ)
タランテラ (メルツ)
ドイツの歌 (メルツ)

(ハウザー1世ウインナーモデルによるデュオ)
主よ人の望みの喜びよBWV147 (バッハ)
G線上のアリアBWV1068 (バッハ)
ソナタ第1楽章 (シャイトラー)

(長谷川郁夫ソロ ラコートのリラギター使用)
6つのアイルランド民謡Op.125より (ジュリアーニ)

(植木和輝ソロ シュタウファー使用)
10の練習曲より (G・レゴンディ)

使用ギター
長谷川
19世紀ギター ラコート作1828年(パリ)
テルツギター シュタウファー作1830年頃 レニャーニモデル(ウィーン)
リラ ラコート作1828年(パリ)
ウィーン風ギター ハウザー1世作1937年(ミュンヘン)

植木
19世紀ギター シュタウファー作1830年頃 レニャーニモデル(ウィーン)
ウィーン風ギター ハウザー1世作1932年(ミュンヘン)

180907gg_3

関連リンク

植木フルート・クラシックギター教室HP

当ブログ記事より

2017.7.25 ギタリスト植木和輝氏

2018.6.4 動画を撮りに現代ギター社へ

YouTube動画

GGサロンコンサート プロモーションビデオ diamond新着

うえき&はせがわ 19c Guitar Duo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

第22回ギターアンサンブル サマーコンサート

2018

第22回ギターアンサンブル サマーコンサート
2018年6月30日(土)
松戸市民会館ホールにて 13:00開演
(松戸駅東口より徒歩7分) 入場無料
お問い合わせ:047-342-3825 (松戸ギタークラブ・永松)

伝統あるギターアンサンブルの発表ステージに
わたしの指導するギターサークル・カノン(池袋)が初出演! happy01
わたしも指揮で参加します。

我孫子ギターサークル
ギターアンサンブル・アルモニコス
松戸ギタークラブ
と、わがギターサークルカノンの計4団体が
それぞれ30分ずつくらいの演目を披露します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

ライブ告知:5月28日(月) 銀座

Dscn4507

「アンティークギターの響きを楽しむ会」
2018年5月28日(月) 18:30開場 19:30開演

出演:長谷川郁夫

料金 おひとり2500円+2オーダー以上
(席数僅少につき要予約でお願いいたします)

会場:ギャラリーカフェ&ダイナーArt For Thought にて

美味しいお料理やお酒とともにお楽しみください。
この日は、松田光二による「左官アートの世界」展初日になります。

ご予約・お問い合わせはギャラリーカフェ&ダイナーArt For Thought まで
電話・FAX  03-6228-5922 メールinfo@artforthought.jp
※ご予約には携帯電話の番号をお伝えくださいとのことでした。

ギャラリーのイベントページはここをクリック!

ギャラリーカフェ&ダイナーArt For Thought
東京都中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル1F
営業時間
Gallery/11:00-17:00
Gallery & Dining/18:00-23:00
(日曜・祝日定休)
Tel/Fax
03-6228-5922

アクセス
銀座駅:銀座線、日比谷線 A3出口より徒歩6分
新橋駅:銀座線 1番出口より徒歩6分/JR山手線 銀座口より徒歩7分
東銀座駅:日比谷線、都営浅草線 A1出口より徒歩6分

HP
http://artforthought.jp/

=============================

この日のライブはギターソロです。

ギター黄金期と言われるほどギターが流行した19世紀初頭、

その愉しみを再現するべく、

当時のギター、当時の楽譜、リアルガット弦、指頭奏法、立奏と

5つのコダワリで作った演目です。

今年の3月に初演しましたが、それの第2回目となります。

3月の時の様子はこちら(クリック)

今度のライブの使用楽器はラコート1828年のみで

曲目も少し入れ替える予定です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

むさむらギターサークル 第6回定期演奏会

Photo

わたしの指導する「むさむらギターサークル」の定期演奏会が近づいてきました。
サークルメンバーさんたちによる合奏
および重奏と独奏です。
わたしは指揮と講師演奏で参加します。

むさむらギターサークル 第6回定期演奏会
2018年6月24日(日) 13:30開演 入場無料
会場:武蔵村山市民会館 さくらホール(小)

問い合わせ 090-2541-9889(かわしま)

プログラム
風の丘(ジブリ映画より)
赤い靴(本居長世)
みだれ髪(船村徹)
見上げてごらん夜の星を(いずみたく)
パッヘルベルのカノン ほか

皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧