02.コンサート・ライブ・イベント情報

わたしが出演する演奏会や指導するサークルの演奏会などのお知らせです。

2019年10月15日 (火)

ライブのご案内

これからのライブ・イベントのご案内です。

2019年

10月20日(日) 珈琲とともに楽しむ ヴィオラとギターの響き -3-
永田珈琲(小平駅)にて 13時・16時の2回公演
出演:宮林陽子・長谷川郁夫 どちらも満席となりました!

11月10日(日) アイリッシュハープ&ギター
国立・音楽茶屋「奏」にて 出演:田中麻里・長谷川郁夫

イベント=====================

11月9日(土) ギタートリオアークル 発表会
開演14:00 くにたち市民芸術小ホール スタジオ

12月1日(日) 立川市ギター倶楽部定期演奏会
開場13:00 開演13:30 たましんリスルホール(小)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年10月10日 (木)

ギタートリオ アークル発表会

2019_20191010172201

今日はわたしの指導するギター三重奏「アークル」のレッスンがありましたが
そこで、来る11月9日に行う、初めての自主コンサートのチラシをもらいました。
デザインもちょっと初々しい感じで、そこも味と思います(^^)
トリオ演奏はもちろんのこと
独奏や重奏、そしてメンバーにピアノが弾ける方もいるので、
ピアノも交えたアンサンブルも演目に入っています。

ギタートリオ アークル発表会
11月9日(土) 14時開演 入場無料
くにたち市民芸術小ホール スタジオにて

あと一か月ですね、がんばって!

2019_20191010172202
これは今年4月のはせがわ音楽教室発表コンサートでの雄姿!
今年は日本ギター合奏連盟の重奏フェスティバルや
EEGFのライジングサンコンサートにも出演し
なかなかノリの良いアークルさんです(^^)

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

ライブ告知:11月10日(日) 国立

191110ol

ハープとギター de 楽しいおしゃべり 2
2019年11月10日(日)

出演:田中麻里(アイリッシュハープ) 長谷川郁夫(ギター)

16:00オープン 17:00スタート
会場:音楽茶屋「奏」 
(JR国立駅南口より旭通りへ徒歩4分 
 国立市東1-17-20サンライズ21ビルB1)

料金:チャージ2500円+オーダー

お問い合わせ・ご予約
tokinshusuke@gmail.com 奏(そう)
i.has@nifty.com はせがわ

奏HP:http://d.hatena.ne.jp/shusuke0521+kanade/

===========================

これで2度目となる田中麻里さんのアイリッシュハープとの共演。

オカロランやアイルランド音楽のほかに

ギターとコラボならではとしてギターソロ音楽(バリオスとか)や

ギターとフルートの曲を二人のアンサンブルに仕立てたりしています。

国立の音楽茶屋「奏」は地階なので初めての方は

見つけにくかったりするかもしれませんが

国立駅からほど近い、音楽に満ちたホッとする空間です(^o^)丿

皆様のお越しをお待ちしております。

 

アイリッシュハープって、こんな楽器

田中麻里さんのハープ独奏の動画がありました。

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

立川市ギター倶楽部定期演奏会 2019

2019_20190915111101

第62回市民文化祭 立川市ギター倶楽部定期演奏会 2019
12月1日(日) 開場13:00 開演13:30
会場:たましんリスルホール(小) 入場無料

指揮(講師) 長谷川郁夫

主催:立川市文化協会 共催:立川市・立川市教育委員会
(公財)立川市地域文化振興財団 主管:立川市ギター倶楽部

==========================

例年12月はわたしの指導する立川市ギター倶楽部の定期演奏会があります。

今年もメンバーのみなさん大いに頑張って

だんだん仕上がってきましたよ!

今回は独奏を披露してくれるメンバーが多いとも聞きました。

これも楽しみにしています(^^)

 

プログラム(合奏)

タイスの瞑想曲(マスネー)

ドン・ジョバンニのセレナーデ(モーツァルト)

ベルスーズ(アルベニス)

コルドバ(アルベニス)

ウィーンはいつもウィーン(シュランメル)

夢見る人(フォスター)

サバの女王(ローラン)

愛のオルゴール(ミルズ)

ノクターン(ショパン)

80日間世界一周(ヤング)

 

みなさまのお越しをお待ちしております。

2019_20190915113801

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

2019年昭島市文化祭~音楽祭

191013

2019年昭島市文化祭~音楽祭(小ホール)
10月13日(日)12:00開場 13:30開演
昭島市公民館はJR昭島駅より徒歩6分 入場無料

15:30よりわたしの指導する
ギターサークル響が出演します!

演奏曲
ソーラン節
芭蕉布
黒猫のタンゴ~キャッツアイ
虹のかなたに
コンドルは飛んで行く
マンボNO.5  ほか

| | コメント (0)

2019ふれあいセンターフェスティバル

190929

2019ふれあいセンターフェスティバル
9月28(土)・29日(日)
緑ヶ丘ふれあいセンター(武蔵村山市)にて
場所:武蔵村山市緑が丘1111-1
tel. 042-590-0755

29日(日)の15:05頃より
わたしの指導する「むさむらギターサークル」が出演します(^^)

演奏曲
コーヒールンバ
芭蕉布
瀬戸の花嫁
明日があるさ

わたしも講師演奏いたします。

フェスティバル全体のプログラムは
下記画像クリックで大きく表示されます。

190929_20190902121101

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

ライブ告知:10月20日(日) 小平

191020

珈琲とともに楽しむ こもれびコンサート9
ヴィオラとギター
~二種の弦楽器による親密な響き 3~

永田珈琲店“こもれび”にて
10月20日(日) 入替制2回公演

第1回 12:30(OPEN) 13:00(START)
第2回 15:30(OPEN) 16:00(START)

どちらも料金3000円(おいしい珈琲or紅茶付き) 
席数僅少のためご予約をお願いいたします。

(10月11日追記)
13時、16時どちらの回も満席となりました。
ありがとうございます!

ご予約:i.has@nifty.com はせがわ

後援:サロンアロー

会場:永田珈琲『こもれび』
(小平市美園町1-6-1-2F)
西武新宿線小平駅南口ロータリー右手
グリーンプラザ2階

=========================

この日はいつもヴァイオリンでお付き合いいただいている
宮林さんが全曲ヴィオラにて演奏します。

ヴィオラってギターの中音~ハイポジションくらいの音域なので、
サウンドとしてギターデュオみたいな馴染みが感じられます。

そんなわけで、ギターデュオの名曲ランクラージュマンの
メロディなんか弾いてもらおうかなと思っています。

あとはアルペジョーネソナタから第1楽章とか、
春にフルートとやったシューマン3つのロマンスや
カルッリの珍しいヴィオラとギターのための曲なども取り上げます。

芸術の秋、皆様のお越しをお待ちしております。

 

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

水永牧子門下生チェンバロ発表会2019

2019_20190815115401

水永牧子門下生チェンバロ発表会2019 
9月21日(土)近江楽堂 13時開演(会場は15分前)入場無料。

友人荻荘雄二さんのチェンバロと共演します。
ボッケリーニの序奏とファンダンゴを演奏します(^^)!


| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

GGサロンコンサートPV 岡野聡子&長谷川郁夫 19世紀ギターデュオ

先日GGサロンにて撮影していただいたプロモーション動画が公開されました!

素敵に編集していただき、気をよくしています (^^)

 

演奏の方も「ギター黄金期」の愉しみを追及して、

良い感じにまとまってきました。

みなさまのお越しをお待ちしております。

ご予約お申し込みは是非演者までよろしくお願いいたします。

メールやこのブログへのメッセージでもご予約承ります。

 

宣伝ページはこちら
ライブ告知:9月6日(金)要町(池袋)

 

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

ライブ告知:9月6日(金)要町(池袋)

20190906

GGサロンコンサート2019
岡野聡子&長谷川郁夫

19世紀のギターと音楽の花束

2018年9月6日(金) 19:00開演(会場18:30)
現代ギター社・GGサロンにて
(地下鉄有楽町線・副都心線 要町駅4番出口より2分)

料金
当日 一般:¥3,500 / 学生:¥3,000
前売 一般:¥3,000 / 学生:¥2,500

お問い合わせ・ご予約
わたしへのメールにてご予約承ります
i.has@nifty.com

===============================

19世紀ギター黄金期の音楽を当時の楽器を用いて
サウンドやその愉しみまで含めて探求します。
演奏はともにもちろんガット弦を使用、
また立奏でのアプローチとしました。

単純にクラシックギターをアンティークギターに持ち換えるのではなく、
ガット弦など仕様や調整、奏法や表現も
出来るだけ当時に近づけていくことで
温故知新を得ることを目指しています。

つまり、やっていることは古い昔のことですが、
それによって得られたのは古ぼけて色あせた音楽ではなく、
現代人の我々にとって初めて体験するような温かく、優しく、
またエキサイティングで魅力的なものだった
ということを表現したいと思っています。

また、珍しいテルツギターを使ったデュオではこの編成ならではの
華やかなサウンドもお楽しみください。


使用楽器
岡野 
・ノーラベルシュタウファー派(c.1830)
・カール・ボーリンガー作テルツギター(c.1850 ザルツブルク)
長谷川
・R.F.ラコート作(1828 パリ)
・J.G.シュタウファー作テルツギター(c.1830 ウィーン)

《プログラム》
テルツギターとプライムギター二重奏
・セレナーデop.63(ディアベッリ)
・グランポプリop.67(ジュリアーニ)

プライムギター二重奏
・モーツァルトのアンダンテとロンド(カルッリ編op.167)
  ※元曲・・・アンダンテはK.545第3楽章 ロンドはK.485
・オペラ「ロドイスカ序曲(クロイツァー)」(カルッリ編3つの序曲op.106より)
・ディベルティメントop.62(ソル)

ソロ
・6つのアンダンテop.320より(カルッリ)
・序奏とファンダンゴop.16(アグアド)

岡野聡子プロフィール
上野学園大学ギター科卒業、渡辺範彦、大橋敏成、久坂晴夫、高田元太郎各氏に
師事。GLC学生ギターコンクール第3位入賞。2006年、オーストラリアパースの
日本国総領事館公邸にて行なわれた「日豪友好30周年記念コンサート」にて、
ヴィヴァルディのコンチェルト・ニ長調を演奏し、好評を博す。現在は
主に古典・ロマン派の曲を19世紀ギターで演奏している。
岡野聡子ギター教室(練馬・横浜)にて後進の指導にあたる。

岡野聡子ブログ(クリック)

1_1
ノーラベル・シュタウファー派 1830年頃

 

1_2
カール・ボーリンガー作 テルツギター 1850年頃 ザルツブルク

 

18281
ルネ・フランソワ・ラコート作1829年 パリ

 

18301
ゲオルグ・シュタウファー作テルツギター1830年頃 ウィーン

| | コメント (0)

より以前の記事一覧