« 最後は搬入! | トップページ | 目まぐるしく »

2006年2月25日 (土)

終了:国分寺gieeライブ

「ギターと笛ライブ」
2006年2月25日(土)
国分寺giee(ギー) http://giee.jp/
tel.042-326-0770
14:00からと19:30からの2回
出演:長谷川郁夫 国枝俊太郎(笛)

プログラム(*はギターソロ)
スライドショー:高沢進吾“クジラの民 ポイントホープの人々”
19世紀のフルート&ギター
月光*〜ロマンス(ソル)
“歌の翼に”幻想曲(メンデルスゾーン〜シュテックメスト)
セレナーデop127より3・4楽章(ジュリアーニ)
トルコ行進曲(モーツァルト)

トーレス時代の19世紀スパニッシュギター
聖母の御子*(カタロニア民謡)
アラビア風綺想曲*(タレガ)
アルハンブラの思い出*(タレガ)
グランホタ*(タレガ)

リコーダーとリュートギター
パッヘルベルのカノン
アレキサンダーのラテン(ハベル)
スカボロフェア(デュアート編)
カタルーニャの小猫ちゃん(サンス)
カナリオス(サンス)

午後2時からと7時半からの2回。どちらも満員御礼でした。聴きに来ていただいた皆さまに感謝申し上げます!「はじめて聴いたけどイイ音ですねー」「小柄でも意外と鳴るもんですね」などなど笛ギターともに古い楽器群の評判も上々でした。

今回のプログラムは最初に開催中写真展のスライドショー。撮影者の高沢進吾さんのトークが楽しめました。巨大なクジラが真っ白な氷の上でだんだん解体されて行く様子は迫力のあるドキュメント。本人は「飲食店には血だらけのこういう写真はどうかなあ」とやや遠慮気味だったけど、どちらかというとそういうことよりエスキモーの人たちの生活とか生きる力みたいなものを感じる映像でしたね。

02そして演奏コーナー。まずは19世紀のフルートとギターのクラシックな組み合わせ。この組み合わせは本当に相性バッチリ。アンサンブルの喜び・愉しみ・醍醐味が心から味わえると実感しています。ジュリアーニの作品などは互いに無理なくアンサンブルを作れるということもあって特にそういう部分を感じます。一方“歌の翼に”はピアノとフルートの曲、“トルコ行進曲”はピアノ独奏の作品なので厳密に言えば当時のフルート&ギターレパートリーではないのですがこちらはこちらでさすが当時からの人気曲、アレンジでアプローチしても効果的です。この楽器の組み合わせは基本姿勢として歴史的なオリジナリティーを重視していくつもりですが、「当時の人たちも名曲のアレンジはたくさんしていた」ということもありますから、厳選した選曲で自分たちのアレンジをレパートリーに加えていくのもいいとも考えています。

04休憩を挟んだ後半はじめはギターのソロ。最近調整が上がったセンチョルディのギターは今回がはじめてのステージだったので弾くほうもうれしさひとしおでしたね。深い低音、反応が早く伸びやかに歌う高音。しかも弾きやすい。タレガ周辺のレパートリーを弾くには本当にピッタリな音色です。自分の感覚としては自分と楽器との馴染みはもう少しで、まだまだちゃんとコントロールできいるとは言い難いところなんですが、それでもこういう曲をこの楽器で弾くとノリが一味違う。もう少し楽器と仲よくなったらもっと歌わせてくれると思います。

03そしてリコーダーとリュートギターのコーナー。クラシカルであり、レトロであり、ノスタルジックであり、そしてポップでもある・・・そんな世界を目指しています。今回はプログラムに入っていなかったけど“和”や“現代”もレパートリーです。パッヘルベルはクラシカルでポップ、アレキサンダーはボサノバでどこかパーラーギターを思わせるレトロ、スカボロは現代のクラシック(アレンジ)だけどノスタルジック、サンスの2曲は原曲のイメージに思いつくだけのファンタジーを盛り込んで楽しさを拡張したアレンジ。一見「何でもあり」にみえても、まぁ何でも合うわけでもないので(笑)うまく合った曲を探すのも一苦労ですが作り上げていくときの作業ははまり込んで時間を忘れますね。いずれは自分たちの自作曲なども加えたりしていいんじゃないかとも思っています。

・・・と、盛りだくさんのライブでしたが聴いていただけた方が多くてホントに嬉しかったです。気がつくと演奏時間も結局長めで「だから最後の曲“カナリオス”って書いてあったんだね!(by高沢)」と言われたり(笑)。。。

国枝さんとのDuoはこの先も続けていきます。もちろんフルート&ギターだけ、リコーダー&リュートギターだけでも一回のステージは作れるのでそういうライブもあると思いますが、楽器を持ち替えながら前半と後半でこれだけの振れ幅を出せるのもこのDuoの目玉!と思ってこんな2色丼ライブにも取り組んで行く予定です(今回は3色丼でしたけど)。皆さまこれからもぜひ応援してくださいね!今回はいつも来て下さる方々のほかにはじめて聴いていただいた方も多く、貴重な出会いもたくさんありました。そんなライブの場を快く提供して下さったgieeの三輪さん(マダム)、ありがとうございました。スタッフの方々、そして高沢さん、大変お世話になりました。皆さま今後ともよろしくお願いします。


|

« 最後は搬入! | トップページ | 目まぐるしく »

コメント

はせがわさん、昨日はすばらしいライブをどうもありがとうございました。
国枝さんとのduo、すてきですね。たーっぷり楽しませていただきました。

前半のクラシックな曲もよかったですが、リュートギターの音色に惹かれました~。

今後もこうしたライブを聴かせていただける機会がたびたびあるといいなあ、と思います。ぜひまた聴きに行きたいです。

投稿: Puffin | 2006年2月26日 (日) 15時26分

こんばんわ
初めて書き込みさせていただきます。
ライブに参加させていただいた特等席の親子の娘のほうです。
私はギターライブは始めてだったのですが、とても楽しかったです!
小さいギターの響きといろいろな曲目(わたしは2番目の曲と、子猫ちゃんとアンコールの曲が好きです)、あと長谷川さんの軽快なおしゃべり!親がよろこんでいて、よかったなぁと思いました。
とても楽しい時間をありがとうございました!

投稿: nao | 2006年2月26日 (日) 22時54分

puffinさん、naoちゃんこんばんは!
今度のgieeライブは5月後半か6月あたま辺りに
ギターソロでどうでしょうか?という話を打診しています。
実現の暁にはまたよろしくお願いします。

naoちゃん母子は結構意気投合して話をしたので
良く覚えていますよ!
こちらこそ楽しいひとときをありがとうございました。

小猫ちゃんは僕も好きな曲です。
タイトルの小猫はたぶんキュートでコケティッシュな
カタロニアの女の子の事なんだと思いますよ。。。

お母様は「私は初心者です」なんて言っていたけど
結構なキャリアなんじゃないかなあと思いましたが
ホントのとこはどうなんでしょう(笑)?
ギター頑張って下さいとよろしくお伝え下さい。

投稿: はせがわ | 2006年2月27日 (月) 00時45分

コンサート、大成功だったようで、おめでとうございます。いいなあ、いいなあ、聞きに行きたかったなあ。。。
あ、もしよろしかったら、バンクーバーでライブなんていかがでしょう?(^^)おまちしてます。
もちろんストリート演奏でもOK!

こちらは、今日はなんだか暖かいです。春の兆しかも。

投稿: ニシムラ | 2006年2月28日 (火) 01時37分

あ、ニシムラさん!
無事にカナダに到着したのですね。
よかった、よかった。

あまりにもそっくりな似顔絵の名刺戴きましたよ。
あれは写真よりも似てますね、きっと(笑)。

バンクーバーライブ、いいですねえ。
足代だけでも出ないでしょうかねえ。。。

投稿: はせがわ | 2006年2月28日 (火) 02時19分

ライブありがとうございました。感動したので遅まきながら書き込みます。
盛況でしたね〜!くつろいだ雰囲気がとても良い空間でした。私的には後半のジャジーな(音楽が分かってないので不適切な表現かも?)感じの曲とかが目新しく、お二人の掛け合いが楽しかったです。
ところで、かき鳴らすのって、指、痛くないんですか?

投稿: エーキチ | 2006年3月 2日 (木) 02時00分

エーキチさん、こんにちは!
いつも聴きに来ていただき、ありがとうございます。
そうですね、後半のリコーダー&リュートギターは
まだまだ色々なことが出来るのではないかと模索しています。

かき鳴らしの指はどうって事ないんですが
調子に乗ってやり過ぎると爪が薄くなったりします。
あと、楽器に触っちゃったりすると
楽器がちょっと痛そうかな(笑)。
しげしげとリュートギターをみると
かき鳴らしの痕はついちゃってますね。

投稿: はせがわ | 2006年3月 2日 (木) 18時16分

はせがわさん、お返事ありがとうございます^-^
親はキャリアではないです。私が保証します。笑  好きこそものの・・・でそのうちうまくなるといいですが。

あと、カナダ着のニシムラさんは高沢さんのお知り合いでもあるニシムラさんですね。
以前、高沢さんの写真展でお会いして、星野さんの本をくださったのです。カナダ楽しんでください♪
人のつながりは大切だと思う今日この頃です。

それでは、また書き込みさせていただきます☆

投稿: nao | 2006年3月 5日 (日) 21時17分

naoちゃん、こんにちは。
そうですかー、お母さんキャリアじゃなかったか。
ジュリアーニが気に入っていたから、さては。。。と思ったんですけど(^_^)。

ニシムラさんはそうそう、その人です。
カナダへ行ってもメールは生きてるらしいですよ!

gieeのライブ、今度は5月27日にやりますので
よかったらまた聴きに来て下さいね!

投稿: はせがわ | 2006年3月 6日 (月) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/8837156

この記事へのトラックバック一覧です: 終了:国分寺gieeライブ:

« 最後は搬入! | トップページ | 目まぐるしく »