« よろしくね | トップページ | コンサート告知:4/23(日)成田 »

2006年3月29日 (水)

コルヤ・パンヒューゼン 1981年

PanKolya Panhuyzen(コルヤ・パンヒューゼン)。僕にとっては“カナダのギター”というイメージが強いんですが、今はドイツのフライブルグ(地名)ラベルがついていますからドイツ製になるようですね。ドイツの銘器エドガー・メンヒ直系の弟子でフォルム、仕上げ、音色などもそれを彷彿とさせるものがあります。

この楽器は81年のトロント(カナダ)ラベルで表板松、横裏はローズの650ミリ。ボディの大きさも一般的ですが重量はやや軽めかな。塗装がちょっと変わった感じで年代物のハウザーのようなクラックが出ているんでラッカー系?とも思うんですが、ラッカー独特のパリッとした仕上がりではなくて少しヌメッとしたような柔らかい感じなんですよ。何か秘密?の調合をしているんでしょう。年を経て塗装が細かくひび割れたようになる楽器はたまに見かけますが、ウエザーチェック等と呼ばれオリジナルの証としてこれはこれでカッコイイもの。特に支障がなければ直す必要はないでしょう。

音色は一言で言えば優しく柔らかい。今までトロントラベルのパンヒューゼンはいくつか見ていますが、このフンワリと暖かい音色がいつも魅力的に感じますね。張力もそれほど強くなく、それでも楽器全体で良く鳴ります。ポジションでのバランスも良好で和音が綺麗に響きメロディーも歌いやすい。全体にバランスの良いとても弾きやすいギターですよ。

最近のパンヒューゼン(フライブルグラベル)は一本だけ見たことがあります。見た目も音色も少しカッチリした感じでした。やっぱりドイツで作るとそういう方向にシフトするんでしょうか??これはこれで高級感というのかな、そういう味わいもあってとても良かったですよ。まあこちらは楽器としても新品だったから25年も前の楽器と同列には語れないですけどね。ただ個人的な感想を言えばトロントラベルの暖かみのある柔らかい音色はかなり印象的だし独特で他にあまりこういった楽器を見かけないので存在感を感じます。

Hiraharaこの楽器はブログでも時々名前が出ている平原君の愛器。昭和音大(今度3年生)で高田元太郎先生のもと精進を重ねている日々なので、ここ数年でずいぶん弾き込まれてさらにいい楽器に育っていました。思い出してみるとうちの教室に習いに来始めたころからしばらくは友達から借りたギターじゃなかったっけ?・・・だとすると初めて買ったギターがこれだった??・・・それならすごくいい買い物してますね。普通だいたいこのクラスを手に入れるまでに2台くらい買い替えてるパターンが多いから結果的に出費はかなりセーブしてるでしょう。ああ、だんだん思い出してきたけど(笑)、そういえば親御さんからギター代を借りてアルバイトして返してたな。もう返済は終わったかな?いずれにしてもこのギターなら今後プロになって演奏活動をするときにも充分頼れる相棒になってくれるはず。高田先生にも評判がいいらしいですよ。よかったネ!

|

« よろしくね | トップページ | コンサート告知:4/23(日)成田 »

コメント

パンヒューゼンは自身のHPを作っていますが、それを見ると、冬はドイツで、夏はカナダで製作しているとのことです。

投稿: teketeke | 2006年6月29日 (木) 14時46分

teketekeさん、こんばんは。情報ありがとうございました。なるほどパンヒューゼン、いい暮らしだなあ(笑)。ラベルはその都度替えていたりするんでしょうかねえ、まあそんなことはないかな。。。

“ブレイク”というほど知名度は(日本では)上がっていませんが、なかなか味のあるギターを作る製作家だと思います。

投稿: はせがわ | 2006年7月 4日 (火) 22時40分

私も81年トロントのラベル使用しています。
ハウザー3世と比べてこっちを買ったんですが。
自分が、ほしい音を求めれば 音でで答えてくれます。
知名度と爆発的な人気無いので、あまり価格上昇しないので
めっきりお買い得なギターです。

投稿: bestlute | 2011年6月 1日 (水) 22時49分

ベストリュートさん
お返事遅くてすみません。

確かにお買い得なギターだと思います(^^)

先日やはり1981年がお店にあったので
よーくよーく見たのですがなんと、
どうも、ここで紹介しているギター(そのもの)のようでした(笑)!

100%の確信はないのですが
まあ、90%くらいこれかなと。
手放したのかなあ。。。


投稿: はせがわ | 2011年8月17日 (水) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/9311762

この記事へのトラックバック一覧です: コルヤ・パンヒューゼン 1981年:

« よろしくね | トップページ | コンサート告知:4/23(日)成田 »