« 雨かぁ。。。 | トップページ | 急きょ決定!7/30目白で笛&ギター »

2006年5月27日 (土)

終了:ギターとオカリナライブ(国分寺・giee)

2006年5月27日(土)
国分寺giee(ギー) http://giee.jp/
tel.042-326-0770
14:00からと19:30からの2回
出演:長谷川郁夫 佐藤善江(オカリナ)
チャージ1800円 オーダー別

【プログラム】
庭の千草(アイルランド民謡〜メルツ編)
ソナチネ第3番(ジュリアーニ)
大聖堂(バリオス)

Departure“旅立ち”(長谷川郁夫)
イージーウイナー(ジョップリン)
日本の歌メドレー
 〜おぼろ月夜・七つの子・馬子唄・五木の子守唄・かごめかごめ
蘇州夜曲(服部良一)
トリッチトラッチポルカ(シュトラウス)
黒いオルフェ(ボンファ)
SAYONARA(長谷川郁夫)
-----------------------------------------------
2月に続いて2回目の出演となったgieeライブ。この日は残念ながらやっぱり雨でしたねえ、しかも一日中。。。足をお運び下さった皆さま、足元の悪い中本当にありがとうございました。

060527今回のプログラムは前半がギターソロ、後半がオカリナの佐藤さんと一緒という構成にしてみました。ソロの方は先日のテヒリーム(仏子)のカフェコンサートと重ねたのですがこの日は楽器をシュタウファーレプリカの方にしたので弾いているほうとしては少し気分が変わって、また新鮮な印象がありましたね。特にジュリアーニのソナチネはこちらの方がずっと大胆なアプローチが出来る(してもいい)ような気がします。・・・というのも、やはり楽器がこういうものだとベースとなるサウンドが常に19世紀ギター的なので、演奏者の感覚もそちらにシフトしていくというのもあるでしょうけど、逆にどう弾いても“それは無いでしょう”という感じにならないような。それならドンドン積極的な表現をしよう!という気分になってきますよねえ。なんとなくクラシック=ストイックとか理性的、クール・・・みたいなイメージは付きやすいものですが、実際はもっとエキサイティングだったり人間的だったり感情移入だって多いものです。これをスパニッシュなモダンでエイヤっとアプローチすると何となく(例えば)タレガっぽい雰囲気とかセゴビアっぽい雰囲気とかが出てくるような気がして、そこをちょっとコントロールしようとする心の働きがあったりするのです。それがこういう楽器を使うとノビノビできて気持ちがイイ。深くこだわると大変なことになっちゃう古楽器の世界ですが(笑)、この手の楽器を使う“意味”の一つはここにあると感じています。まあ今回はレプリカでしたけど古いギターを弾くようになって10年近くは経ったかな、今思えばはじめの頃は19世紀ギターもモダンのように弾こうとしていた所も無きにしもあらずで、そこから考えるとずいぶん楽器には慣れてきたということなのかもしれませんね。

打って変わってバリオスの方は20世紀初頭を中心に活躍した人ですから、それこそ楽器から言えば時代も異なるわけですが“大聖堂”に限って言えば面白い効果はあったような気がします。ただこちらは逆に「端正な曲」だと思ってアプローチするように心がけましたね。どうしてもこの辺の時代の艶っぽいこぶし回しのような表現はその頃の楽器を知っているとそっちの方が楽に・・・つまり先程のジュリアーニと同じように言えば“大胆に”やれるわけで、そうなると単純に「そっちにすればいいジャン」となってしまいますから頭の中で今回の楽器を使った演奏のイメージが作れる曲じゃないとやりにくい。そういう意味では“大聖堂”は19世紀(ギター)的というわけではありませんが、発音が速く音色が素直で真っ直ぐ伸びる・・・そういう意味のクラシカルな楽器で端正な曲を弾くと考えると割とイメージしやすい曲ではありました。

休憩を挟んでオカリナとのアンサンブルのコーナーはガラリと雰囲気を変えて・・・と選曲しています。Departureは2年ほど前に作った曲。「出発」という意味の英語ですが“旅立ち”という邦題を当てました。旅好きなんですよ。最近は大きな旅は恒例の年末〜年始の沖縄ライブ&キャンプくらいのものですが、そこで飛行機に乗るときに「出発便のご案内です〜」なんて言ったあと「Departure,何たらかんたら・・・」って言ってますよねえ。あれが耳に残って付いた曲名です。これから楽しいことが待っている、今回はどんなことに出会えるんだろう。。。そんな期待感とか心躍る気分を曲にしました。

イージーウイナーはラグタイムの王様=ジョップリンの名曲。僕の中のアメリカ作曲家ベスト3はフォスター、ジョップリン、アンダーソンでジョップリンの曲を是非やりたいと思って佐藤さんと相談し2人でアレンジに取りかかった曲です。まずギターはともかくとしてオカリナでカバーできそうな作品を探すところから始めました。大きな音の跳躍やピアノチックなアルペジオが印象的な曲だとオカリナには不向きですからね、そんな中で選ばれた曲がイージーウイナーでした。・・・とは言ってもやっぱり編成を変えるわけですから中々すんなりとは行かないわけで、あれやこれや実験したりアイデアを絞って行った結果楽しいアレンジが出来ました。大好きな曲を弾くのはやっぱり楽しいなあ!

日本の曲メドレーは曲への深い理解の元しみじみ演奏し、またしみじみ聴けるものはやっぱり日本の歌!ということでオカリナの“音色”の魅力を存分に発揮してもらうというコンセプトで構成しています。おぼろ月夜は僕がずいぶん昔に歌の伴奏用にアレンジしたものを元にして再アレンジしました。歌がモノ・コトというより空間とか時間とかそんな内容なので“宇宙観”のようなイメージで作りました。七つの子はギターソロ、馬子唄はオカリナ無伴奏、五木の子守唄はオカリナ無伴奏からギター独奏へ進み、かごめかごめはジャズっぽい雰囲気が漂うアレンジの計5曲。会場の皆さんもしみじみ聴いてくれました。

蘇州夜曲はこれも僕のアレンジですがもともとは弾き語りの生徒さんにアレンジしてあげたもの。曲は知っていましたが、その生徒さんのリクエストが無ければ当時は特に思い入れがあったわけでも無く、アレンジしながら改めて曲の良さを思い知った・・・そんな経緯のある曲です。今ではお気に入りのかなり上位に来てますねえ。また、そんな話を周囲にすると「わたしもこの曲大好き。イイ曲ですよねえ」と言われることが多くて巷でもこんなに人気があるのかと初めて知りました。

トリッチトラッチポルカは運動会とかでおなじみ?シュトラウスも大好きな作曲家ですが元がオーケストラの曲ですからオカリナとギターで弾くと演奏者も運動会になります(笑)。楽しくイイ汗をかいてみたり。。。続く黒いオルフェはボサノバタッチのスタンダード。頑張ってアドリブをワンコーラス入れてみましたが1回目はやや不発だったかな(汗)、夜の回は少しよかったかな。ギターDuo音楽堂ではサクヤマさんがこの手のはバリバリやっちゃうんですがあの境地に少しでも近づきたいものですなぁ。

そして最後は自作でSAYONARA。実はこれも旅の曲で旅の最後、船に乗って旅先から遠ざかる・・・だんだん小さくなっていく港を眺めながら充足感、想い出、そして寂しさも少し入り交じったようなあの独特な気分を書いたものです。アンコールはアイリッシュのサリーガーデンを演奏しました。

今回も午後&夜のステージでしたが、午後の方は補助イスも出してほぼ満員!夜の方はひぃ、ふぅ、みぃ・・・7名様(笑)。あまりの会場の雰囲気の違いにおお!と思いましたが、夜の方もホームコンサートのようでよかったですよ。自作の曲がよかったと言ってもらえると結構嬉しいものですね。なかなか作曲家のようにバリバリ書けないのですが今後も少しずつ書きためていきます。ギター柄のTシャツをプレゼントしてくれたデザイナーの佐藤夫妻、池袋・立川・昭島のサークルのみなさん、前回のgieeも来てくれたnaoちゃん母娘、オカリナ関係のみなさん・・・等々いらしていただいた皆さまには心より感謝申し上げます。また機会がありましたらぜひ足をお運び下さい。

そういえば、今回の写真は無しです。。。いや、あるにはあるんですがブレが大きくて・・・。ただ、遠路はるばる駆けつけてくれたリカちゃんがブログに写真を載せてくれてます(ありがとう!)。→ギターとオカリナ

※リカちゃんから写真を戴いたのでupしました。重ねてありがとう!(6/3)

|

« 雨かぁ。。。 | トップページ | 急きょ決定!7/30目白で笛&ギター »

コメント

 あらあら、夜のが混むかと思ってワザワザ昼に予定してたんですが、裏目でしたか。そういう時は雨のせいにしときましょう。盛りだくさんな内容で楽しかったです。オカリナも割と攻撃的(?)だったりするんですねえ。佐藤さんとの演奏を拝聴するのは、はじめてだったので新鮮でした。
 当日チラッとお話しした単音オルゴールの続報ですが、次の日には「帰ってきた〜マン」をオルゴール化しましたよ。(間違ってるかもしれないんだけどさ)
 この歳になって楽器に目覚めてもなあ…。まあ、かじった上でプロの演奏を見ると理解が深くなる気はしたわけですが。

投稿: エーキチ | 2006年5月29日 (月) 11時48分

エーキチさん、どうもどうも!
素敵なプレゼントもありがとうございました。オカリナって基本的にはやっぱり牧歌的なホンワカした楽器です。ただそればっかりだと“癒しのCD”とかは作れてもステージは単調になってしまうんですよね。。。そこでいろいろ汗をかいたりするわけですが、いろいろ試行錯誤しながら意外な一面や効果を見たりとオカリナを再認識するような場面が少なくありません。この組み合わせは今度9月に新しいレパートリーも作ってコンサートを催す予定です。

エーキチさんのウクレレもずいぶん頑張っているようですね!今度お聴かせ下さい。応援しています(^_^)。

10月のピアノとのコンサートではお世話になります。よろしくお願いします。奥様にもよろしくー。

投稿: はせがわ | 2006年5月29日 (月) 13時56分

はいはい、写真、使わせていただきました。
ちなみに、わたしはLicca-chanです。
タカラ出身、ママはデザイナーで、パパはフランス人でオーケストラの指揮者、双子の妹と、三つ子の妹と弟がいます。全部で6人兄弟(笑)(あれ、生き別れになった姉もいたっけか?)
現在、小学5年生です。
でわ。

投稿: Licca-chan | 2006年5月29日 (月) 23時33分

リカちゃん、どうもどうも!
いつもありがとう。写真もしよかったらソッチに出てるのもらっちゃっていいかな。

そういえばデジカメ助かってよかったね!さっきそちらのブログ見たけど早速マイポートレート掲載してるね(笑)。

投稿: はせがわ | 2006年5月30日 (火) 02時54分

しゃしん、いいですよ〜。

投稿: Licca-chan | 2006年6月 3日 (土) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/10287125

この記事へのトラックバック一覧です: 終了:ギターとオカリナライブ(国分寺・giee):

« 雨かぁ。。。 | トップページ | 急きょ決定!7/30目白で笛&ギター »