« 久しぶりの“響” | トップページ | ギターの新雑誌 »

2006年9月14日 (木)

コンサート告知:10/29(日) 中野

昔の笛と昔のギター、アンサンブルの楽しみ
出演:国枝俊太郎(リコーダ/フルート) 長谷川郁夫(ギター/ラウテ)

2006年10月29日(日)午後3時開演
前売り:2,000円/当日券2,500円
会場/主催: 日本キリスト教団中野桃園教会
中央線、総武線、東西線、中野駅北口より徒歩14分
中野区中野5-3-14 会場Tel/Fax : 03-3387-2027

お問い合わせ:チケット担当:星野(℡ 03-3723-2680)

プログラム
モーツァルト:トルコ行進曲 デュアート:イギリス組曲 他

リコーダーと18-19世紀のフルートを巧みに使い分ける国枝俊太郎と、19世紀のヨーロッパ各地のギターを演奏する長谷川郁夫によるデュオ。 フルート&ギターでは19世紀当時の音と空気を再現。 そしてリコーダー&ギターでは「クラシックでレトロでノスタルジックでポップに・・・」、 そんな音楽の果てしない広がりを開拓している。


Momozono 今年4回目となる国枝さんとのコンサート〜ご存知“笛とギターの骨董品Duo”です(^_^)。今回は中野の教会にて。話によると教会らしい残響もある聖堂ということですから、サウンドもより楽しんでいただけるかしら。時季的にもいいころなので是非古楽器の響きで芸術の秋を堪能して下さい!

・・・というわけで今日は国枝さんとランチをしながらこの辺の打ち合わせを進めました。19世紀のフルートと19世紀ギター(ラコートを予定)では6月の“藤沢・カフェ・パンセ”ライブで「いいねぇ〜」と言っていただいたカルリのDuoや7月のギャラリーで評判が良かったコストの「山村の人々」等々今年のイイトコを厳選してプログラミング。リコーダーとラウテのコーナーは国枝さんお気に入りのデュアート:イギリス組曲や美しい旋律が心に染みる「パッヘルベルのカノン」など。そうそう、前回初お目見えだった150年前のオカリナも登場ですからオカリナファンも是非どうぞ!

Momozonomap←地図はこちら。画像をクリックして下さいね。

|

« 久しぶりの“響” | トップページ | ギターの新雑誌 »

コメント

 はせがわさん、ご無沙汰しております。
 会社のパソコンは、一発で変換してくれなかったので、今日はカタカナの名前にしてみました。
 gieeにあったはせがわさんのチラシを、勝手にウッドベルPまで持っていってしまったのですが、申し訳ないです。で、当の本人はアラスカから帰ってきたら、なんだか忙しくて、土日も秘密工作をしてたり、長谷川さんのコンサートにも行けないでおりますが、相変わらず、現場帰りにgieeには寄ったりしてます。
 この教会でのコンサートはよさそうですね。この時期、何かあるような気がするんだけど、何も無いことにして、聞きに行こうかなあ。

投稿: タカザワシンゴ | 2006年9月15日 (金) 12時48分

高沢さん、こんばんは(^_^)!
教会コンサート是非是非!gieeでの写真展&ライブの時のメンバーですから知らない仲でも無いし。あ、あと10/9もよかったらよろしく←自主企画ゆえ(^_^;)。。。

ウッドベルPもご無沙汰してしまって、近いうち行こうと思ってます。高沢さん近々行ったりする?

投稿: はせがわ | 2006年9月17日 (日) 01時54分

今日はひらがな名前の私です。休みなのに職場から。
ウッドベルPは、23日(土曜日)の夕方近くに行く予定です。
お茶のお師匠様の誕生日を早めに祝おうとかで、例のベジタブルディナーを人妻(^^; とともに食べますが、はせがわさんもいかがですか? 予約はまだ間に合うみたいですよ。
ギターなんて持ってきて演奏した日には、人妻はもう、めろめろでしょう(^^; ってなんか荒らしのような書き込みになってしまった。失礼しました。

投稿: たかざわしんご | 2006年9月18日 (月) 12時49分

高沢さん、こんばんは(^_^)
今度の土曜日かぁ、、実は池袋のサークルの合宿で出てるんですよねー。人妻に囲まれて(人夫もいますけど)ギタギタな日を過ごします(笑)。

自転車三上さんと去年からの計画を進める話もしたいんですけどねえ。。。

ウッドベルはやっぱりソロで攻めるかぁ。。。

投稿: はせがわ | 2006年9月18日 (月) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/11898734

この記事へのトラックバック一覧です: コンサート告知:10/29(日) 中野:

« 久しぶりの“響” | トップページ | ギターの新雑誌 »