« 辺野古発 | トップページ | 旅の終わりに »

2007年1月 6日 (土)

最終目的地は宜野座でしたか

最終目的地は宜野座でしたか

1月6日。とうとう6日間かけた歩き旅も最終日になりました。今日の写真はうちの庭先?です。

今日は、まだまだ暗い6時ごろからドデカイ音のサイレンやら村内放送やらチャイムやら次々と怒涛の如くやられて叩き起こされましたね。射爆訓練よりは幾分マシですが・・・「この村の人は全員6時起きなんかいぃっ!」と心の中で大声で突っ込みましたね。

ただ気持よく晴れて風もなく暖かでしたねぇ。漢那の白いビーチもまぶしいくらい。なんか気分よくてしばらくうつらうつらとまどろんだりして、テントもよく乾いたしホントにいい感じでした・・・午前中は。

・・・というのも出発したのが昼ごろ。天気予報は雲は出るも雨はなしとの事で金武に行くのもそう遠くもないし、まぁとりあえず向ってみるかぁの歩き始めたわけですよ。しばらく歩くと宜野座村の物産センターなんかあったりして、名護のアン〒ィークショップの人がフリーマーケットを出店してたりして少し和んだりとかね。で、そうだ!今回は一度も食堂に入れなかったしなぁなんて思っていそいそと食堂に入って定食注文して数日ぶりのテレビなんか眺めていたその時ですよ。「ゴーーッ、ゴゴーッッ」って音がするんでなにげに外に目をやると!

げげっ!!嵐になってる。

大げさじゃなく台風のような風と雨。フリマの人もものすごく慌ててます。・・・っていうかもう既に手遅れ。一瞬にして表は川のようになってるし。「ラ、ラッキー・・・」これ、外歩いてたら雨やどりする間もなくあっという間にずぶ濡れでバスに乗れない体になってましたよ。いやぁ、雨自体はものの20分間という所でしたが思わず戦慄が走りましたね。意外とこういうギリな所は恵まれるんですよ、私。

そういうことならとさっそく予定変更で一目散に帰ることにしましたよ。帰りは高速バスの宜野座バス停を目指して歩いていたのですが、坂道を少し登ったころ「よく考えたらさあ、何も高速バスでなくてもいいんじゃない?路線バスあるんだし」と気がついてこちらも予定変更、どんどん弱気になってます(笑)。またあの雨が来たら本気でバスに乗車拒否されそうだし。

そんなこんなで宇良に戻ってきましたが、早速オクマのサウナへ行ってひとっ風呂。外の風は相変わらず強いですが、家があれば文字通りのどこ吹く風。イヤイヤ、文化生活はあまりにも快適でスゴイです(笑)。まあ、これで時間が経つとまた外で寝泊まりもしたくなったりするんですが、とりあえず今回も無事に大満足で旅を終えることができました。

|

« 辺野古発 | トップページ | 旅の終わりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/13365836

この記事へのトラックバック一覧です: 最終目的地は宜野座でしたか:

« 辺野古発 | トップページ | 旅の終わりに »