« ギターが変わった? | トップページ | 筋トレをすると »

2007年7月26日 (木)

短くしました

0751214_093・・・夏ですからねえ。。。と言う話ではなく、右手の爪のことです。

私の場合、指の長さの違いが大きい(中指がほかに比べて長い)のと中指の爪が若干ワシ爪なことがあって、どうもi,aと同じように揃えるとアルペジオとかに違和感を感じていました。まあ、平たく言えば中指mが引っかかるんですね。いや、引っかかるんならもっと前から短くすることを考えていたはずなのですが「引っかかる感覚」というより「弾いているつもりなのに弾けてないことがある」って感じなんです。状況としては高速のアルペジオの際にmが弦を押しているのに指が抜けてない→音が出ない、ということ。特に19世紀ギター、弦が細くてテンションが低いものを弾くようになって気になってきました。

で、フォームやらあれやこれや試していたんですが、このたびm指を筆頭にほかの指も含めて爪を短くしてみました。私はもともとギタリストの中でもかなり爪を短くしている部類だったので、これで“一見指頭奏法”くらいになりました(^_^;)。弦をつかむ感覚がよりダイレクトに感じ、前よりもしっかり弾くようになりましたが指の抜けはよくなりました。まあ最初はちょっと戸惑うところがありましたが、慣れればそれによって指が回りにくくなったということもありませんでした。いや、ホントはこの前の沖縄行きで上原先生とお弟子さんの“ホントの指頭奏法”の音を聞いてからやってみたい気持ちに駆られて入るのですが、とりあえず今回はこのくらいまでで。。。

形や演奏フォームはもうこれで17~8年くらい?ドイツ在住の恩師:吉田佳正先生直伝のシステムを使っています。爪の手入れをするたびにドイツに向かって最敬礼。感謝しています。

あ、今回も写真と本文は関係ありませんでした、ハイ。

|

« ギターが変わった? | トップページ | 筋トレをすると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/15913588

この記事へのトラックバック一覧です: 短くしました:

« ギターが変わった? | トップページ | 筋トレをすると »