« 寒いです | トップページ | 変な天気 »

2010年10月29日 (金)

6月の話

今年の6月は金沢に行ってきました。

ずいぶん前に
能登を歩いて旅した帰りに
一度寄ったことがありましたので
今回2度目でしたが
まあ、ギター持って演奏しに行きましたから
気分はずいぶん違いました。

金沢のホストは
有名大御所ギタリストの谷内直樹氏。
19世紀ギターつながりで
ここ4年くらいの付き合いなのですが
わたしは昔からこの人を知っていました。
なんといってもコンクール歴がすごくて
若いころから有名人だったのです。
今も年に100ステージくらいはこなしているそうです。

ドドン!これが谷内さん。
100622_005

で、今回の企画は
谷内さん宅にご厄介になりながら
3回ほどのデュオライブを行うというもの。

ともにオリジナルのラコートギターを使用し
ガット弦を張り、爪を切って
19世紀当時のデュオ曲を演奏しました。

まあ、いろんな意味で
レアな感じのライブではあります。
ただ、自分で言うのもなんですが
レアであるかどうかというよりも
サウンドが本当にイイのです!

まず音楽が軽やかに流れ出す感じ
音を絞り出すような重い感じが無く
空間にぱあん!と広がるようなイメージ。
素朴で木のぬくもりを感じる音色。。。などなど

コストのグランデュオ
ソルのロシアの思い出
ジュリアーニのセビリアの理髪師
その他を弾きましたが、うーん、
どれも自然に響いていい曲でした~catface

練習は楽しいなかにも意外とハードでした。
・・・というのも、こちらは東京、向こうは金沢
事前に合わせ練習ができないので
とにかく着いてから毎日怒涛の練習!!

谷内さんは「巨人の星」にはまっていて
「“半死半生”で練習するのだ!」
って意気込んでるし(笑)

でも、わたしも向こうへ行けば
レッスンも雑務も何もかもできないので
むしろスッキリした気持ちで練習に向かえて
気持ちよく過ごせました。

3か所の中ではここ
100622_003

小松市の絵本館というところが
むかし銀行だったという古い建物を活かしたホールで
雰囲気も響きも素敵でした。

行き帰りは
楽しいと言えば楽しい、
便利と言えば便利、
大変と言えば大変な
高速バス。

八王子から金沢まで9時間くらいだったかな。
わたしはまだまだ高速バスビギナーなので
ついつい3列シートで比較的豪華な
往復14000円くらいのを選んでしまいますが

高速バス通の谷内さんは
その半額くらいのバスを探して
行き来してるみたいです。
さすがー!

|

« 寒いです | トップページ | 変な天気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/49873773

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の話:

« 寒いです | トップページ | 変な天気 »