« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

もう一つの楽しむ会?

今日は埼玉の森さんと千葉の三好さんという
二人のギタリストがうちに遊びに来ました。

基本的なコンセプトは
うちにあるギターを弾いて
楽しくおしゃべりして過ごそう
ということだったんですが

なんかお二人は近々デュオ演奏があるそうで

「まず練習させてwobbly。はせがわさんちのギターで(笑)!」

あ、ああ。はいはい。
それではわたしは引っ込んでますので、どうぞ。

101129_001

この写真は練習が終わったと言うので
では、一曲ずつ聴かせてくださいとお願いした時のものです。
「パッヘルベルのカノン」と「モーツァルトの40番」
をポップなアレンジで弾いていました。
あと、わたしのアレンジの「あかとんぼ」を
初見で弾いてもらいました。
なかなか良かったですよー。

で、続いてはいきなり、ドンっ!
101129_005
カンパーイ!beer
改めて、いらっしゃ~い!happy02
まだ15時半ごろなんですが。。。あはは。
まあ、今日は3人とも何もない日だし、
客人は遠方からお越しで
そんなに遅くまでは居られない感じだそうなので
早めのスタートということで、ハイcoldsweats01

いつもこんな時間にこんなことしているわけではありません(笑)

そのあといくつか楽器を見てもらって
101129_006

あんまり酔いが回ると危ないんで
大切な楽器は片付けて(笑)
鍋やりました。
Photo


ギターが結ぶ御縁。
楽しい時間はあっという間に過ぎます。
お二方、ありがとうございました。
またやりましょう!

昼間の(昼間からの?)ビールはよく回り
客人御帰宅後はバタッっと倒れ…

その後深夜…というか早朝に目覚めて
ギタードリームの連載原稿の続きを書いて完成~入稿。
1月10日配本のギタードリーム第26号ですが
年末進行というやつで締め切りが早いのです。

今回はフェレールの「水神の踊り」を取り上げました。
フェレールは演奏会であまり取り上げられませんが
結構きれいでまとまりのよい曲が多いですよね。

原稿書き終えたら
もう一度バタッとしたことは言うまでもありません。coldsweats01

一応今朝は8時ごろには起きましたが
なんだか時間と日付の両方の感覚が変です~。bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

秋川ギター練習日記

Photo

あきる野市で活動する
秋川ギターサークルですが
ちょっと前から練習日記がスタートしました。

このブログの右側のリンクから
いつでも飛んでいただけますが
一応こちらにも書いておきましょう。

秋川ギターサークルの練習日記

それと
公式のHPはただいま
メンバーさんが鋭意製作中とのことですが
それまでの間を埋める
簡単な仮トップページを作りました。

秋川ギターサークル・仮HP

サークルの練習日記は
それぞれの個性や様子が良く伝わってきて
読むのがいつも楽しみです。

そういえば立川市ギター倶楽部の練習日記が
ここしばらくストップしてますねえ。
早く復活したらいいなあと思っているのですが
私自身、ときどき数カ月更新しなくなったりするのでcoldsweats01
あんまり言えないんですよね~~(笑)

でもブログ復活してひと月くらいたったから
そろそろ言ってもいいかなぁ~~~??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギターをもっと楽しむ会~第4回

ギターをもっと楽しむ会は
わたしの教室系のイベントとして
昨年の7月から行っています。

これまでも教室のイベントとしては
年1回の発表コンサートを3月に行っていましたが
発表会形式のステージ演奏は
互いの演奏が(正面で)聴けないので
親睦も含めてそういう機会としたり
人前で弾く機会を増やして
目標や刺激としてもらうことを目的に
企画したものです。

3月がステージ発表ですから
この「もっと楽しむ会」は7月と11月に設定して
全部出ると4カ月おきに
何らかの弾く機会が来るようにしました。

・参加者は原則わたしの教室生徒か
 指導しているサークルのメンバー。

・聴くだけの参加は不可。必ず演奏する。

この2点だけがしばりで
あとはまあ基本自由です。

重奏する人はそれもよし、
弾き語りもOKです。

演奏曲は今レッスンを受けている練習曲でも
昔弾いた曲を復習するのでも
ステージ発表の予定曲をリハーサル的に弾くのでも
とにかく最後まで通せるなら何でもOK。

結構気楽な会なのです。

でも、続けて参加された方々は
ここ2年で確実に上達されています!
やっぱり人前で弾くというのは
ものすごくいい経験になるということですね。

さてそれで今回は
昨日もブログに書きましたが
参加者24名!

いや、もともと10人くらいが集まれば
続けられるなあ、と思って始めた企画でしたので
こんなに参加者が集まって感激ですhappy02

… … …

うちを出発したのが8時半。
9時に会場のカギを開けてもらい、準備。
だんだん人が集まってきて
一応11時集合で
アミダくじによって演奏順を決めます。
順番が決まったところで昼食。

101127_002

遠くがかすんで見えます!?

演奏はこんな感じで
101127_007

聴く人たちは思い思いの場所で。。。
101127_008

50分くらい聴くと15分くらい休む
というのを4セットやりました。

休憩時間には
昨日買い出しした大量のお茶とお菓子をどうぞ!
101127_006

舞台も衣装もスポットもない
気楽な会のつもりですが
やっぱり人前で弾くとなると
それなりに胸がいっぱいになるようで
どうも弾く前にはお菓子が売れません(笑)

でも、弾き終わると
ホッとするのか、血糖値が下がるのか??
話も弾んで
うれしそうにお菓子をつまみます。
101127_004


101127_005

つまり、後半になればなるほど
休憩時間は賑やかになるわけですが
弾く順番が遅い方になると
居残りのように練習していたりして。。。

101127_003
ホラ、やってるやってる。

順番は阿弥陀様の決定なので
主催者(わたし)に突き上げが来ることもなく…。
ありがとう!阿弥陀様!

無事に演奏が終了したのが16時半ごろでしたか。
そのあとはギターに関するレクチャーを少々。
今回はチューナーの使い方や調弦についてお話しました。
純正律と平均律の話にも少しだけ触れました。

最後は本日の講評。
わたしとフォーク&エレキ科講師の田村先生から
一人ずつへ講評を書いた紙を手渡しました。

あ、せんせいは弾かないの?と言われ
一曲披露しましたcoldsweats01

一応ここまでで予定は終了。
18時くらいでしたかねー。
楽しかったですね、おつかれさまでした。

で、お菓子やお茶もあるので
さらに残っておしゃべりをしたい人たちは
そのままどうぞというわけで
6人くらい残りましたか。

結局20時過ぎくらいに解散しましたが
気がつけば、あっという間の12時間。

みんなギターが大好きで
その中に居られる幸せを感じた一日でした。

またやりましょう!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

明日は楽しむ会だ!≪準備編≫

日付変わっちゃいましたが
明日(今日27日)は
教室生徒さんとサークルメンバーさんを対象にした内輪企画
その名も
「ギターをもっと楽しむ会」
の第4回があります。

内容については
明日、会が終了したあと
またレポートすると思いますので
その時に書きますが

簡単に言えば、お客さんを呼ばず
仲間内で弾きあい、聴きあう会で
終了後、ギター談議などのレクチャーもやります。

まあ、そんな感じで一日中ギター漬けになり
参加者同士の親睦も図ろうという
なんとも盛りだくさんの欲張り企画なのです。

で、毎度お茶とお菓子を準備したりしているのですが
今回は参加者24名!
 …結構支持されている企画でしょう?happy01
というわけで
どどどーん!
101126_003

見てください!
この大量のお菓子とドリンク。

このくらい用意したら足りるかなー
と思いながら
近所のダイエーで買い出ししました。

普段こんなにお菓子を買いこむこともないので
あれも買っちゃえ、これも買っちゃえと
なかなか痛快ですhappy02

レクチャー関係の準備をもう少ししたら
もう寝ないとなー。

明日は朝いちに会場を開けますから出発早いです!
しかも夜まで借りていますよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

イベント告知:12月22日 昭島

20101127000223

ギターサークル響
クリスマス・コンサート
2010年12月22日(水)
11:00開演 昭島市公民館小ホールにて
JR昭島駅北口徒歩5分
入場無料

プログラム
アルハンブラ宮殿の思い出
遠くへ行きたい
ホワイト・クリスマス
黒いひとみの ほか

問い合わせはチラシをクリックしてください。

今年最後のサークルイベントです。
合奏のほか、メンバーの重奏もあります。
今年は新メンバーがたくさん入会して
ギターサークル響はたいへんにぎやかに
そしてパワーアップしました。

ギター歴1年未満の新人さんから
10年超のベテランさんまで
和気あいあいとギターを楽しんでいるのが
ここ、響の特徴ですね。

ぜひ、応援する気持ちで
聴きにいらしていただければ
ありがたく存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

衣装

昨日は池袋のギターサークルカノンの定演でしたが
今日は昭島のギターサークル響の9時~5時練習!
わたし、ガンバリマス。

響も来月クリスマスコンサートを自主開催します。
(あとでコレの告知もしないと~!)

最近、響ではギターをグレードアップするメンバーさんが相次いで
改めてギターをじっくり眺めている姿をよく目にします。
101123_073
わたしのはココがああなってて、
あなたのはソコがこうなってて・・・
なんて話しているのかな。
ギターは弾くのも楽しいですが
楽器談議も楽しいものです。

さて、今日は
そのクリスマスコンサートに向けて
休憩時間に衣装の相談をしていたようです。

101123_071
こんなカタログがあるんですねー。
ちゃんとした衣装って結構高いものですが
これは結構お求めやすい価格!
演奏用の衣装は
パーティーなどのように
間近に見られるわけでもないので
多少の品質は目をつぶっても大丈夫みたいですよ。

101123_072
どれどれ~
いいのありますか?

101123_074

お!盛り上がってきたwink
明るくて華やかな、かわいい感じのがいいですよ~!

クリスマスコンサートお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

終了:第9回 ギターサークル・カノン定期演奏会

Photo

第9回 ギターサークル・カノン定期演奏会
2010年11月23日(火・祝) 13:30開演
コアいけぶくろ(豊島区民センター)
6Fイーストステージいけぶくろ にて
後援:豊島区


池袋のギターサークルカノン
この1年の集大成になる定期演奏会が無事終了しました。
お集まりくださったみなさま、どうもありがとうございました。

演奏の様子。。。
101123_004
前半は華やかに。。。

後半は渋く
101123_013


今年のカノンは演奏の安定度が高かったように思います。
9月の合宿以降、どんどんテンションは高まり
11月は殆ど休日返上で集まって練習していたようです。
やっぱり「練習は裏切らない!」って感じでしょうか。
音も以前に比べ、格段にしっかりしていたように思います。
本当に一人ひとりがよく頑張っていました。

講師演奏。。。
101123_008

今回は欠席したメンバーの分(時間)も弾いてほしいということで
15分ほど弾きました~coldsweats01

終わると打ち上げ。
101123_023
これは今年の新人の一言。
「え~、今回初めて演奏させていただいたのですがぁ~…」
大学ギター部で鍛え上げられ、
即戦力の大型新人として期待されてます。
カノンは20代から80代まで幅広いメンバー構成が自慢です!

そういえば
わたしと司会の方に
かわいらしいプレゼントもいただきました。
101123_052
手作りのお花。
今は教室のピアノの上に飾ってあります。

カノンの打ち上げ名物といえば!
101123_062
ハイ、ここでもギターhappy02
ギター・アフター・ギターですよ。
プレイ・アンド・プレイですよ。

しかも、定演で弾いた曲を弾くのではないのです。
打ち上げ用にそれぞれが仕込んでくるのです(笑)!
つまり、定演の練習で大変なさなか
打ち上げの練習もしちゃってるということなのです。

まだまだ余力ありそうですな、
まだまだ絞れそうですな、
などと言われておりました、あはは。

そしてこれも恒例、
101123_067
弾き語り~でも、知っている曲だと
みんな聴くより一緒に歌ってしまいます。

まあ、とにかく音楽が好き、ギターが大好きな人たちです。

このあとメンバーさんは2次会、3次会と続き
夜の池袋を徘徊していたと思われます。beer

翌日、仕事の休み取っていたみたいですから
暴れ放題!?かな。

みなさん、おつかれさまでした。
来年も11月13日(日)に無事会場がとれたようです。
そこに向けてまた頑張りましょう!

応援してくださった皆様もありがとうございました。
また今後ともよろしくお願いします。

101123_0151

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

リハーサル…立川の場合

立川市ギター倶楽部も
定演まであと2週間になりました。

…というわけで
通し稽古(リハーサル)が日曜日にありました。

まずはABさんの説明。
101121_035

ちゃんと聞いてね~。

続いて演奏に移りましたが
例によって合奏のところは
指揮に一生懸命なので写真がありません。。。coldsweats01

重奏になると仁王立ちの方(監督?)が
本番さながらのプレッシャーを与えます(笑)

101121_040


いや、本人はいたって楽しく
聴いているだけのようなのですが
なにせ、仁王立ちで手は腰、
&足踏みですから~。
しかも時々すごく近くまで寄っていました!
これも訓練、訓練。happy02あはは。

今回は独奏重奏の際に
演奏者が少しトークをするという構成で
まあ、奏者にはこれもややプレッシャーみたいですが
聴く側としては楽しいものです。
101121_045


この日はお茶のボトルがマイク代わり(笑)
…わたしのです。

立川も本番に向けてテンションが高まってきました!
Photo

12月5日(日)、お待ちしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

絶対テンポと変わった調弦法

サークルを教えているときに時々
「ええと、この曲はテンポどのくらいで弾いていますか?」
とわたしが尋ねることがあります。

わたしとしては
「このくらいです…♪♪♪」
と、歌ってくれるなり、弾いてもらうなり
そういうことを望んでいるのですが

「68です」

というように数値で言われることが多々ありますcoldsweats01

そう来られても
絶対音感も絶対テンポもないわたしには
よくわかりません。。。

「68ってどのくらいなのか弾いてください」
と言っても
歌ったり弾いたりするのが
恥ずかしいのか自信がないのか
なかなか提示してくれないんですよねー。


まあ、それはそれとして

だいたい120のテンポを知る方法として
学生のころかなあ、
あるフルート奏者に教えてもらったのが

「軍艦マーチ法」

軍艦マーチを口ずさむと
だいたい120のテンポになるということ。

これが意外とその通りで笑っちゃいます。

それで120を採って
少し遅くすると100くらいかなとか
半分で60、それの3連符で180とか
そんな感じで見当をつけることができるというわけです。

最近はパチンコ屋さんが
威勢よく軍艦マーチを鳴らすなんてことがなくなりましたから
この曲をイメージできるのは
わたしあたりが最後の代になるのかなとも思うのですが

「えーと、この曲は108かぁ、
 チャー、チャー、チャンチャカチャンチャン
 チャ、チャ、チャ、チャン!
 …が、120だからぁ…」

とわかるように言うと
周囲に笑われるという副作用はあります。

そういえば調弦の仕方でも
なんとなくこの軍艦マーチに似た
面白いやり方で

「蛍の光法」

というのを
雑誌の記事で見たことがあります。

蛍の光が
「れーそーそそー、しーらーそら、
 しーそーそーしーれーみー」
と、ギターの開放弦の音ばかり
(ただし、オクターブは無視ですけど)
というところから

適当に4弦のレを決めたら
蛍の光をうたいながら
その音に合わせて
ペグをグリグリやるというもの。

まあ、なかなかピタッとはいかないのですが
斬新で面白いですsmile

ハイ、いつか役に立つかもしれない
(立たないかもしれない?)
知識でした~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

たいちゃんのワイスガーバー 1950年ごろ

Photo

久しぶりにワイスガーバーの紹介です。

実はわたしはワイスガーバーを深く尊敬していて
「日本ワイスガーバー倶楽部」というコーナーを立ち上げたものの
そのままとん挫し(笑)ストップしていたのですが
このたびすすめてみようと思います。

で、今回の紹介は長野在住の“たいちゃん”のワイスガーバーです。
これも2年くらい前にデータを送ってもらったものです。
放置状態で大変失礼いたしました。

さて本題。

もう、一見してワイスガーバーらしい高貴な音色が聴こえてきそうな個体です。
たいちゃんが今から20年以上前に手に入れたもので
弦長640ミリのトーレスモデル、
美しいメープルのサイドとバックを持っています。

焼き印のみでラベルは無し。
Photo_2

ラベルなしはワイスガーバーではときどき見かけます。
どれも特に張られたあと(剥がされたあと)は無く
最初からそういうものがあったのだと思います。

ワイスガーバーの場合
「ボディを作ってから長い年月(30年とか)置いておかれた」
等ともいわれますから
どのタイミングでラベルを張っているのか
ラベルの年号がどの段階を示すのかもよくわかりません。

「GDR」のシールは旧東ドイツの輸出製品であることを示しています。
ワイスガーバーギターが作られていた
マルクノイキルヘンは旧東ドイツにあたります。

サイドとバックのメープルはこんな感じ

2


3


8

ため息が出るほど美しい。。。

いつも思うのですが
ワイスガーバー工房には
かなりの良材が多く蓄えられていたのでしょう。
どの個体も完ぺきに美しい木目を持っています。

お約束の中書きは。。。
5

35.5./5と書かれています。
この数字の意味はいろいろ考察中ですが
わたしにはまだよくわかりません。

ラベルがある個体ではラベルにもこの数字が書かれていて
必ず表面版のバーに書かれている文字と一致します。

シリアルナやモデル識別系の番号ではないかと思うのですが。。。

ヘッドは穴あきでエレガントな。。。
Photo_3


4

王冠の意匠でしょうか。
ヘッド裏はシンプルなタイプですね。

マシンはもともとルブナーの単式が入っていたようですが
つまみが破損したため交換したそうです。
いまはライシェルの単式。しっかりしたいい糸巻です。
わたしのワイスガーバーも
今はルブナーですが、壊れたらこれにしたい(独り言)。

あと、ブリッジ回りとヒップ
9


10


6

その他、特筆する点としてご本人から
「表面板は、やはり中央が盛り上がって板の厚さも厚く、
 周辺部は削り込んだように落ち窪んで板厚も薄くなっているようです」
とのこと。

たぶん、以前メディアカームで見せてもらって
レポートしたのと同じ
お皿のように彫られた表面版ということだと思うのですが、
この加工もワイスガーバーでは定番だったのでしょう。

http://www.sim-web.biz/MUSEUM/weissg_biographie.htm
このリンクに
ワイスガーバー…リヒャルト・ヤコブ氏が
ギターを持っている写真がありますが
お皿のように削り込まれた表面版が
はっきりと確認できます。

表面版の真ん中を厚めに
へりの部分を薄めに作るというのは
古来から見られる作り方ですが
箱にした表から削るというのはあまり見ません。

ただ、メリットとしてはこのやり方は
弦を張った状態で音を確認しながら
表面版を調整することができる(はず)なので
そんなことをしていた??と思うのは
考え過ぎですかねーcoldsweats01

… … …
たいちゃんはわたしの修行時代の先輩で
当時から多芸でセンスあふれる雰囲気の方でした。

プロにはならなかったそうですが
いまもギターはしっかり続けられて
ソロではアマチュアコンクールで地区優勝し
全国大会へ出場する腕前!
もちろん、その傍らにはワイスガーバー。

今回は資料の提供をありがとうございました。
掲載が遅くなって重ね重ね失礼をいたしました。

3人目の日本ワイスガーバー倶楽部会員でございます。

それではみなさまご一緒に

ワイスガーバー、万歳!

Weissgerber !

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

リハーサル…池袋の場合

池袋のギターサークルカノンの
リハーサル(通し稽古)に行ってきました。

いつもの会場と違い
高田馬場そばにある地区会館でしたが
ここは駐車場がなくて
コインパーキングになってしまうので
久しぶりに黄色いカブで出かけました。

今年のカノンは
みんな落ち着いた感じで安定した演奏に思います。
練習をたくさん入れているというのもあるでしょうし、
…どうやら11月はみんな休日返上の模様…
1年かけて定演を目指すという流れに慣れてきたのかもしれません。

この日、音を出していた時間は一生懸命で
写真を撮りはぐってしまったのですがcoldsweats01

こんな風に打ち合わせをして・・・
ちなみに後ろ姿は合奏トレーナーかつ
定演プロデューサーとして大活躍のにんにんさん
101114_008

このあとしっかり通して
本番の流れを確認しました。

それと
みんなでプログラムを折ったりしていましたよ。
101114_002
楽しそうですねー。happy01

カノンの定期演奏会は今月23日!
みなさまのお越しをお待ちしております。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

後日談

朝、携帯のベルが鳴りました。
今まで一度もかかってない番号。。。
取ってみると、やや残念そうな声で…

「先生、昨日だったんですね…」

あはは。カルチャーの受講生さん!
どうやら昨日のライブが今日だと思って
勘違いしていたようです。

村山カルチャーはいつも金曜日の午前なのですが
市民文化祭が行われるため、11月だけ木曜に動くのです。

いつも熱心な方だっただけに
おかし~な~?とは思っていたのですが
なるほどそういうことでしたか。

「すごく(発表を)楽しみにして
 練習もしていたんですが…」

そうですよねー。
ホントに残念でした。
でも、この前のは前哨戦ですからhappy01
今度は本番に向かって頑張りましょう。

… … …

さて、今日は床屋に行ってきました。
ここのところ散髪に行きたい気持ちが高まっていたのですが
イベントやレッスンが詰まっていて
なかなか床屋の時間が取れませんでしたが
ようやく!
短髪ギタリスト再生です。

この冬はすこしヒゲも厚めにしてみようかと相談し
そんな感じに整えてもらいました。

顎に手をやり
うーん、マンダム…いや、マンゾク(笑)
これが通じるのは40代以降限定かな。

夜は立川市ギター倶楽部から頼まれていた
定演プログラム用の曲解説の原稿を作りました。

「村の娘」(ラッツァロ作曲)なんですが
これが全然よくわからないんです。
ネットで調べても曲名や演奏は出てくるんですが
曲や中身についての話が全く出てこなくて。。。

金沢の谷内さんにも協力してもらいましたが
これもなかなか難航。

そんなときに一筋の光が差し込みました!

歌の野呂愛美ちゃん!
http://utaumanami.at.webry.info/

091207_small


そうだ、イタリア留学の人に聞けば!
・・・というわけで、頼み込んで原題、原詩をサクッと翻訳してもらいました。
そこで出来上がった解説がこんな感じ。

「この曲はブルーノ・ケルビーニ作詞、エルド・ディ・ラッツアロの作曲によって1939年に作られました。民謡としては比較的新しいものと言えます。日本語の歌詞では村の美しい娘を讃える爽やかな歌になっていますが、原語ではタイトルが「田舎のかわいい女王」。舞台はアブルッツォ(昨年大きな地震に見舞われたところです)で、「かわいい田舎娘よ、君はかわいい女王さ…」と女性への愛をうたい、さらに「もし幸せになりたければここ、アブルッツォに居なさい」と続きます。どうやら、田舎の女の子が街に出ようとしているところに“街になんか行っても幸せになれっこない!”と止めている男性…というような内容のようです。」

日本語歌詞は
「村の娘」で検索すると出て来ます。
どうも訳として似ている部分はあるのですが
爽やかで無毒な感じ。

そう、

「ラブ」が落とされているsign01

教育的(あるいは教科書的)な意味合い?なのか
その手の話が苦手なのか
こういう訳…古いものは特に…から
ラブやエロを抜いちゃうっていうのはよくあります。
それはいけませんよねーdespair

愛美ちゃんも
「イタリアからラブとエロを抜かすなんて!」
と言っていました。

いやー、愛美ちゃん
ありがとうございました!

そのあと少しお話をして
来年の5月ごろとかに
歌とギターのコンサートをやりましょうと
話がもりあがり・・・
きっと実現しますhappy01

実は今年の春
3月にやる予定だったんですが
例のわたしの骨折で飛んじゃったんですね。

1年越しの思いを実らせたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

アコースティック ピュアライブ(前哨戦)

Photo


アコースティック ピュアライブ(前哨戦)
2010年11月11日(木)
武蔵村山市民会館にて 11:00開演

無事に終了しました!

この企画は
今年5月からスタートの
武蔵村山市民会館主催、各種カルチャースクールより
ギターと口笛、2講座ジョイントによるミニ発表会です。

トップのチラシに加えて
市民会館の方が当日も素敵なプログラムを用意してくれました。

Photo

演奏会と言っても
平日の午前中ですし、
そんなに人も集まらない感じで
口笛さんたちと親睦会みたいな雰囲気になるのかな・・・
と思っていましたが!!


101111_036

あけてびっくりwobbly
けっこうたくさんの方にいらしていただけて
ホントに演奏会の体裁になりました!

さて、ギター教室受講生の皆さんは
ギターの持ち方から初めて半年。。。
10回くらいの受講で初ステージ!happy02
練習した5曲をしっかり弾きました。

101111_025

充分立派な演奏でしたが
緊張とかはしましたかねー。
今度のレッスン日に聞いてみましょう。

でも、きっと
聴いてくださった方は
「半年でこんなに弾けるのか!!」と
びっくりされたのではないかと思いますョ。

大きな拍手もいただきました!

このあと、口笛さんの演奏
口笛の先生の講師演奏があり・・・

ギターの講師演奏

101111_039

アルハンブラの思い出。
久しぶりに
「スペインの南の方一帯にアンダルシア地方とよばれる場所がありますが…」
という曲解説をしました。

いつ弾いてもいい曲ですねー。
大好きです。

それと、
今回は田村君のヘルプをもらって
ギターデュオを披露しました。

101111_048

ギター講座のみなさんは
毎講座の最後にわたしのソロを聴いてもらっていますが
デュオは初めてでしょう。
ソロとも合奏とも違うデュオの世界。
楽しく聴いていただけたでしょうか。

最後は
もう一度みんなでステージに上がり
口笛さんとの合同演奏!
101111_056

楽しく幕を閉じました。

この企画が≪前哨戦≫となっているのは
ホントの本番がこの先に控えているということなのです。
1年間の講座が終了する3月の27日(日)に
また、発表の機会を設けてあるのです!happy02

またその日に向かって楽しく腕を磨いてまいりましょう!

終了後は
市民会館でお弁当を戴き
口笛の高橋一眞先生と一緒に昼食をしました。
日本口笛奏社連盟というところの名誉会長をなさっている方で
かなりの大御所とお見受けいたしましたが
素敵な笑顔で気さくにお話していただけて
楽しいひと時を過ごさせていただきました。

なるほど、人がついてくる人というのは
かくあるべきという感じがしました。

武蔵村山の市民会館の皆さんにも
大変お世話になりました。
ありがとうございました!
また今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

初歩の初歩クラシックギター講座

Large

昭島で全5回のギター講座~第1回を行ってきました!
この講座は主催が昭島公民館ですが
企画運営を市民の自主的な活動に委ねるというシリーズの一つで
今回の企画運営はもちろん
ギターサークル響です。

今日集まったのは15人ほど。
まあ、少し弾いたことがある方もいましたが
ほとんど全くの初心者といっていい方々です。

ギター各部の名称
p,i,m,aとか
そのあたりから入り・・・

音階を覚え、曲を2曲ほどみました。

全くの初心者が初めてギターを持って
およそ2時間弱のレッスンを受けるわけですから
受講生の皆さんも結構疲れるとは思うのですが
みんな一生懸命なんですよねー!

本当に熱気が伝わってきて
こちらの気持も引き締まります。

次回からは半分は復習タイムにしますが
今日は全部が新しいことなんで
頭がジーンとしたかもしれませんね(笑)

でも、経験的に
このあとはみなさん、ものすごくさらってくると思います。
だって、楽しいですから!ギター。happy02
来週も楽しみにしています。

昼食をはさむと次は響の練習。
講習会のあと合奏を一曲弾くので
それのおさらいと
クリスマスコンサートへ向けての取り組みです。
今日は新曲4曲を見ましたが
みなさんよくさらってあって
これなら12月22日のコンサートは、大丈夫そうですね!

響が終わると
夕方ムラリで個人レッスン。
今日はレッスン三昧ですねー。

帰宅は21時過ぎでしたか、ちょっとクタっとして帰ってきたら
ギタードリームの25号がポストに入っていました。
わたしが連載している
初・中級者のためのレパートリー講座ページでは
今回「聖母の御子」を取り上げました。
101111_gd25


よろしかったらどうそ、読んでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

祝!12万アクセス

100429_064

こんばんは。

気がついたらカウンターが12万を超えてました。

パタっと半年以上も止まるような
このブログに足を運んでくださり
みなさまに感謝感謝です。

またこれからもよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地デジ

地デジ
ああ、レッスン室がこのありさま。
泥棒が入った跡ではありません。
今日は朝から地デジ工事なのです。
インターネットも止まってるので
久しぶりにモバイル投稿してみています。

さっきようやく一台のテレビに
地デジ放送が入りました。

母は喜んでいたのでよかったですが
はー、一大事業ですよね。

インターネットが入っている
事務室にしている部屋は
相当いろいろなものが
散乱・・・いや、押し込まれていて
打ち合わせでは
その部屋には入らないはずだったんですが

ケーブルの都合とかなにかで
結局御開帳・・・とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

クラシックギター弦の話≪入門編≫

Photo

「弦の話」という新しいカテゴリーを作ってみました。
とりあえず、ずっと以前に書いた
「ガット弦のインプレッション」という記事を
このカテゴリーに移動して投げ込んでみましたが
以降はナイロン弦(いわゆる普通のクラシック弦です)の
インプレッションなども書いていこうかと思います。

まあ、その前に一般的な弦に関する知識について書いておきますね。

むかしのクラシックギター用の弦は
高音弦が羊の腸を撚って作ったものでガット弦と呼ばれていました。
低音弦は見た目は今の弦と同じですが
中身が絹糸で、それに金属線をまきつけたものだったりしました。
今でもクラシックギターのことを
「ガットギター」とよんだりするのは
ここからきているのです。

今のナイロン弦になったのは戦後、
オーガスチン社が「ガットに代わる弦」として開発し1947年に発表。
丈夫で長持ちし、環境の影響も受けにくい弦ということで
共同で開発にも携わったというA.セゴビアが率先して使用し、
一気に世界に広まったと聞いています。

今ではたくさんのメーカーが
クラシックギター用の弦を生産し
わたしたちはその中から楽器や好みに合わせて
選ぶことができるようになっています。

中には釣り糸でも有名なカーボンナイロンや
チタンを含有したナイロン
ガットに近い感触を研究した弦など
新素材系もいろいろ出回っています。

高音弦ばかりではなく
最近では低音弦のほうでも巻線にコーティングを施して
錆びにくく、長持ちをうたったものが出ました。
これはこれからのトレンドになるかもしれません。

どのメーカーも
だいたい一つのシリーズに対して
数種類のテンションを設定して
その中から選べるようになっています。

張りの強さについては
特に基準があるわけではなく
メーカーの判断なので
同じ「ノーマルテンション」を選んでも
メーカーやシリーズが違えば
張った感じ(強さ)が違うということは往々にしてあります。

一方、同じシリーズで張りが違うということは
弦の太さが違うということも同時に意味しています。
張りが強い方が弦が太いのです。

メーカーによって表記はいろいろですが
≪ノーマル≫≪ミディアム≫といったものが中庸
≪ローテンション≫≪ライトテンション≫などが弱め
≪ハイテンション≫≪ハード≫≪フォルテ≫などが強めになります。

まあ、一概には言えませんが・・・
ハイテンション弦は
・強い入力で音がつぶれにくい
・太くやわらかな音が得やすい
・右手の指離れが良く、速弾きしやすい

といった傾向があり

ローテンション弦は
・繊細なタッチコントロールに反応しやすい
・余韻が長く、響きが豊かになりやすい
・左手の押弦が楽に感じる

等の傾向があります。
ちなみにわたしはロー~ノーマルテンション派で
あまり強い弦は好みません。

弦の張り方は
≪弦を交換しよう≫
を見てみてください。
そのうちこれも見やすく書き直したいなあ。。。

ギター弦は太さが均一でなかったり
・・・いわゆる不良品なのですが
そういうものが時々当たることがあります。

ひどい傷がついていたりなど
見た目から明らかに変なものもありますが
見た目では全くわからなくても
張ったあとに不良振動でビリツキが出たり
ハイポジションで音程がくるってしまうなど
そのまま使うことのできない不良弦の例は多いです。

ですが、ほとんどの場合
不良弦は返品の対象になりません。
ユーザーが泣く泣くもう一本購入し交換することになります。

まあ、だからというわけでもないでしょうが
弦はだいたい定価の30~50%引きで売られていることが多いので
それで許してあげる…という感じでしょうか。

弦を選ぶときは、だいたい全弦(6本)セット
あるいは高音3本と低音3本は
同じ銘柄を揃える場合がほとんどだと思います。
それは一応、メーカーがテンションや音質が揃うように
考慮してパッケージしているから(使いやすいだろう)
ということなのですが、

人によっては珈琲のオリジナルブレンドのごとく
1、2弦は○○、3弦は△△、4弦は…
といったように
バラ弦でマイセットを作る人もいます。

わたしは
銘柄を変える場合でも
低音弦、高音弦で2銘柄を合わせる程度です。

弦の交換時期は
人によって(先生によって)本当にいろいろです。
毎月…あるいは2~3週間で替えてしまうような人もいれば
半年もそのままな人もいます。
まあ、それ以上張りっぱなしの人はものぐさ…かな(笑)

わたしは複数台のギターを使うので
あまり期間で計ったことは無く
音や様子を見て「そろそろ替えようかな」という感じなのですが
よく使う楽器で2ヵ月くらいですかねー。
特に低音弦は張ってから数日して
新品時のギラついた金属的な響きが
収まってきたころからが良い音に感じます。

生徒さんには3~4ヶ月に一度は替えた方がいいと指導しています。
ただ、よく練習したり、手に汗をかく生徒さんは
もう少し早いペースでもいいかなと思ったりしています。

低音弦に錆び(変色)が出たり、
音が不明瞭になったら交換です。
高音弦は低音弦に比べれば長く持ちますが
価格が安いので同時に替えてしまうことが多いです。

お奨めのTipsとしては
弦の交換記録ノートをつけることです。
小さなノートをケースの中に入れておき
弦を変えた時に日付と銘柄
余裕があれば感想を書いておくと
どのくらい使ったのかとか
次回選ぶ時の参考にもなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

秋川ギターサークル発表会

Photo
あきる野市で活動する秋川ギターサークルの演奏会が
11月6日(土)秋川ふれあいセンターにて行われ
無事終了しました!

この日はみごとな秋晴れ
101106_003

午前中の演奏会なので
9時前に集合、10時開場と、かなりタイトなスケジュールです。
合奏の方はわたしと合わせたのが一週間前。
当日の合奏リハは25分くらいでしたからざざっと確認程度。
この日はメンバーの独奏&重奏もありましたから
そちらの時間もほしいですもんねえ。

開演前はギリギリまで練習!happy02
こういう時のドキドキしつつもなんかこう、晴れやかな気分は
どこのサークルも同じですねー。
101106_006
テンションが高まってきます!

101106_007
こちらは弾き語り。
「あ”~、あ”~、あ”~」
ちょっと風邪気味でのどが痛いとか。
歌いすぎ?龍角散がステージそでにありました。

本番はこんな感じ。
101106_017
合奏全8曲。皆さん一生懸命頑張りました!
ふれあいセンターのホールは
240名くらいのキャパです。
きれいで結構使いやすい施設。
響のメンバーが「うらやましいなあ」と言っていました。
わたしも以前、ここで演奏会を企画してもらったことがありました。
ちょっと懐かしかったです。


重奏も楽しく弾いていましたよ。
ちなみにこちら
トライアスロンを走破する頼もしい会計さん(左)と
どんな球でもオヤジギャグで返せる??愉快な会長さん(右)のデュオ。
101106_010
すごく緊張して
「手から汗とも違う変な汁が出ていた」
と申しておりました(笑)。
こちらから見ると割と落ち着いて見えましたが。

わたしは重奏のお手伝いもしました。
101106_012
なかなかパーフェクトな演奏でした!

あと、講師演奏。
101106_014

秋川のサークルは
この9月から行くようになりましたので
ようやく2ヵ月です。

就任して2ヵ月で発表ですからねー。
この間、この日のために
メンバーさんもわたしも
ホントに一生懸命頑張りましたぁ~!

これだけの曲数を仕上げるには
全然時間が足りなかったとは思いましたが
逆に、時間が無いなかで力を合わせることで
互いの距離っていうんでしょうか
気持ちがぐっと一つになった感じがしました。

またここから新たに年間計画を立てましょう!
そして今度はたっぷり時間をかけて
丁寧に仕上げた演奏を発表できるように
がんばりましょうhappy01

この日は
昭島のギターサークル響、
立川市ギター倶楽部からも
観客として応援に来てくれました。
ありがとうございます!!

講師つながりの縁、
兄弟サークルということで
これからも仲良くお願いいたします。


さて、打ち上げは
車でちょっと行ったところの地区会館で
かんぱ~い!
101106_018

みなさんホッとしていい顔してました。
来期は・・・
「演奏の機会を増やそう!」
「リハの時間を作ろう!」
「ホームページを作ろう!」
などなど
活気あふれる意見がたくさん出ていました。

あ、あと
「サークル名を新規に作ろうか」
というのも出てましたねー。

とにかく
秋川ギターサークルは
これからこうご期待ですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

幻の・・・

夜コンビニに行きました。

101106_019

ん?

はい、ここから
「世にも奇妙な物語」のテーマが脳裏に流れます。
タラタラタンup
タラタラタンdown
タラタラタンタンupwardrightupwardright
タラタラタ~downwardrightdownwardright

ばん!
101106_0201

なんか、ホラ!
何かを予感させる感じの字体じゃないですかぁ。
「ぷりん」ひらがなだし。

で、期待しながら入店。
プリンのコーナーに行ってみると
幻のぷりんは値札だけがあって本体がありませんでした。

「あ~、だから幻っていうこと?」
幻のぷりんは幻だから幻のぷりんなのかな???
見える人には見える、
見えない人には見えない
幻のぷりん。

その時に!!
ポンポンと肩をたたかれ
「あなた、幻のぷりんが欲しいんですか?」
と・・・

あはは、ナイナイ(笑)!

こういうのは売り切れともいいますね。

奇妙な物語は発生しませんでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

イベント告知:12月5日 立川

Photo

第53回 立川市民文化祭
立川市ギター倶楽部 ギター演奏会
アミュー立川(立川市民会館) 小ホールにて
14:00開演 入場無料
問い合わせ先はチラシを参照してください。≪クリックで大きくなります≫

プログラム
アルハンブラ宮殿の思い出
アイリッシュフォークメドレー
パッヘルベルのカノン
碧空
ブルータンゴ ほか
独奏・重奏もあります。

立川市ギター倶楽部は
来年で40周年を迎える、
大変歴史のあるギターサークルです。

わたしは何代目の講師になるのでしょうねえ。
2006年から指揮と指導をして
これで5回目の定期演奏会になります。

今年はいつもの通り前半クラシックで
間に独奏&重奏をはさみ
後半はタンゴを集めてプログラミングしました。

メンバーは10人をちょっと超える程度の少数ですが
目標に向かって絶対にへこたれない強さを感じます。
仕上げの練習も楽しく、頑張ってますよ!

是非お越しくださいますよう、
メンバー一同お待ち申し上げております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

イベント告知:11月23日 池袋

Photo

第9回 ギターサークル・カノン定期演奏会
2010年11月23日(火・祝) 13:30開演
コアいけぶくろ(豊島区民センター)
 豊島区東池袋1-20-10
 会場tel. 03-3984-7601
 池袋駅東口下車 徒歩5分
6Fイーストステージいけぶくろ にて
入場無料
問い合わせ先はチラシを参照してください。≪クリックで大きくなります≫
後援:豊島区

プログラム
ヴォラーレ
ベートーヴェンの悲愴第2楽章
手紙~拝啓15の君へ~
ラヴァーズ・コンチェルト ほか

わたしが講師を務めるギターサークルが少しずつ増え
今では4団体になりましたが
このギターサークルカノンが一番初めでした。

ギター合奏育ちのわたしは
サークル指導をすることが一つの夢でもありましたが
それが初めて叶ったのが
今からもう13年も前のことになるのですねえ。
いまでも金曜日はワクワクしながらレッスンに向かっています。

今回も皆さん張り切って取り組んでいます。
合奏のほかにも独奏重奏などあります。
よろしかったら足をお運びください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川特訓!

昨日は立川市ギター倶楽部の特訓に行ってきました。
定期演奏会まであと1ヶ月。
もうそこまで近づいてきています。

というわけで朝から夕方いっぱいまで
いわゆる9時~5時というやつです。

午後抜ける人もいたので
初めに合奏練習で
午後に重奏を見ました。

今年の立川は安定度が高いです。
少数精鋭ながら
なかなか良いまとまりを見せていて
音も力強い感じ。

まあ、かといって
今の段階で安心してはいけませんので
さらに気を引き締めてまいりましょう!

ところで
この日の練習は小学校でした。
2部屋お借りして
重奏などは練習部屋とレッスン部屋を分けたりしていました。

レッスン部屋に向かって
トントンと階段を上がって行くと
ドラゴンフェア開催中??
猛々しくもかわいい龍の絵が
棚や階段にいっぱい展示してありました。

10113_001

「先生!
 ○○君の龍が
 毒飲んじゃいました!」

「あら、大変!だれか救急車を・・・」

「ゲホッ、ゲホッ・・・」
10113_002

わははは。それは冗談。
どうやら火を吹いているようです。
すごい迫力でしたーhappy01

どれもよく画けてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

たかだかテレビを見るだけの話

みなさんのお宅はもう地デジ対策は済んでいますか?

うちはリビングに大きな液晶テレビを買ったのが
去年?おととし?
まあ、かなり前の話で
そこでずっと止まっていたのです。

はい、そう。
つまりその大型テレビでずっとアナログ放送を見ていたわけです。

最近はアナログ放送を見ていると
「早く地デジにしなさい」的なテロップがたくさん流れ
黒い枠で画面を小さくされたりなど
まあ、わたしは気にしないのですが
母からだいぶ苦情があがっていたので
ようやく重い腰を上げました。

まずノジマという量販店で
アンテナ工事を見積もってもらったんですが
13万もするんですか??
たかだかテレビを見るだけですごいなあ。

そんなのは頼めないということで。

うちは結局昨日ケーブルテレビと契約しました。
費用は
工事のほうでいろんな部屋にアンテナ通して3万円くらい。
利用料がインターネットと電話基本料と地デジ受信を合わせて月に6000円くらい。
いままでインターネットと電話基本料で
月に8000円くらい払っていたことを考えると
なんだ、むしろ安くなるなあと思ったり。

そんなこんなで
係りの人が来てくれたんですが
配線の打ち合わせや
契約の説明や工事日の予定などなど
お話が全部終わるまでに
昨日は3時間くらいかかっちゃいました。
来週来るという工事は半日くらいかかるとか。

やっぱり
たかだかテレビを見るだけですごいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

イベント告知:11月11日 武蔵村山

Photo

アコースティック ピュアライブ
2010年11月11日(木)
武蔵村山市民会館にて 11:00開演
入場無料
問い合わせ:042-565-0226 武蔵村山市民会館

今年5月からスタートの
武蔵村山市民会館主催、各種カルチャースクールより
ギターと口笛、2講座ジョイントのミニ発表会です。

わたしが担当するギター講座の生徒さんたちは
基本的に5月に初めてギターに触ったような方々で

つまり、ギター歴半年!!

8月は夏休みだったので
およそ10回くらいの講習を受けたところです。

でもですねー、
半年といってもばかにできないですよ。

ローポジションの音階も覚え
コード弾きもこなし、
けっこう楽しく進んでおります。

ちなみにこの講座は1年間のものなので
ここがほぼ真ん中あたり。
中間発表的な意味合いも持たせています。

さて、
この日のプログラムは
・ポルカ
・聖者の行進
・茶色の小瓶
・ユーアーマイサンシャイン
・パーセルのカノン
以上がギター合奏

そして口笛さんとの合同で
・いとしのクレメンタイン
・駅馬車

全7曲も弾いてしまうのはすごいと思いませんかsign02

口笛さんは何を演奏するのか
ちょっと把握できていないのですが(^_^;)
それぞれ講師演奏もあります。

ギターの方(わたし)は田村君のお手伝いももらって
「ティコティコ」と
わたしの最近のアレンジで「あかとんぼ」をデュオで
ソロでは「アルハンブラの思い出」を演奏します。

平日の午前ですから
来られる方も少ないかと思いますが
よろしかったらどうぞ。

この講座では
3月にまた発表を企画していますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

昭島市民文化祭

20101028082329

平成22年度 昭島市民文化祭
~音楽祭~
平成22年10月31日(日)
昭島市公民館 小ホールにて

昭島市内で活動する
オカリナサークル・ピリカ
二胡(にこ)の会
フルートアンサンブル・アコール

ギターサークル響
の計4団体による発表コンサート

無事に終わりました。

響の雄姿はこちら
101031_014

去年に比べてメンバーがほぼ倍増で
聴きごたえ50%up(当社比)!!happy02
むかしは広く感じたこともあったステージが
この日はキツキツ!

響は曲ごとにパート移動が起こるので
リハーサルもこんな感じでした。
101031_006
ほら、楽しくもてんやわんや(笑)。

演奏曲は。。。
エーデルワイス
遠くへ行きたい
江戸子守唄~ずいずいずっころばし
オジェ・コモ・バ
カルのアンダンテ
アルハンブラの思い出
の6曲

みなさんよく頑張っていました。
打ち上げのファミレスで個人の感想を聞けば
多少のミスや緊張はあったみたいですが
(…それは毎度のことね、笑)
ま、それらは個人的に克服していただくとして…

全体のまとまり感が
とても素晴らしかったです。
きっと聴いていただいた方にも
気持ちが通じたんじゃないかな。

わたし関連のところからは
立川市ギター倶楽部や
個人レッスンの生徒さん
それと、
9月から指導に行っている
秋川ギターサークルの方々が聴きに来てくれました。
秋川の方々はメンバー9人中、6人来てくれるという熱心さで
響メンバーも感激していました。
ちなみに今週土曜は秋川が発表の番です!

4団体の演奏の最後は
合同演奏!

101031_016

「ゆうやけこやけ」を
わたしのアレンジで弾いてもらいました。

さて、
昭島のギターサークル響の今後は
今月(11月)に初心者講習会。
12月22日がクリスマスコンサート
という予定です。

年内残り少なくなってきましたが
楽しくまいりましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »