« たいちゃんのワイスガーバー 1950年ごろ | トップページ | リハーサル…立川の場合 »

2010年11月18日 (木)

絶対テンポと変わった調弦法

サークルを教えているときに時々
「ええと、この曲はテンポどのくらいで弾いていますか?」
とわたしが尋ねることがあります。

わたしとしては
「このくらいです…♪♪♪」
と、歌ってくれるなり、弾いてもらうなり
そういうことを望んでいるのですが

「68です」

というように数値で言われることが多々ありますcoldsweats01

そう来られても
絶対音感も絶対テンポもないわたしには
よくわかりません。。。

「68ってどのくらいなのか弾いてください」
と言っても
歌ったり弾いたりするのが
恥ずかしいのか自信がないのか
なかなか提示してくれないんですよねー。


まあ、それはそれとして

だいたい120のテンポを知る方法として
学生のころかなあ、
あるフルート奏者に教えてもらったのが

「軍艦マーチ法」

軍艦マーチを口ずさむと
だいたい120のテンポになるということ。

これが意外とその通りで笑っちゃいます。

それで120を採って
少し遅くすると100くらいかなとか
半分で60、それの3連符で180とか
そんな感じで見当をつけることができるというわけです。

最近はパチンコ屋さんが
威勢よく軍艦マーチを鳴らすなんてことがなくなりましたから
この曲をイメージできるのは
わたしあたりが最後の代になるのかなとも思うのですが

「えーと、この曲は108かぁ、
 チャー、チャー、チャンチャカチャンチャン
 チャ、チャ、チャ、チャン!
 …が、120だからぁ…」

とわかるように言うと
周囲に笑われるという副作用はあります。

そういえば調弦の仕方でも
なんとなくこの軍艦マーチに似た
面白いやり方で

「蛍の光法」

というのを
雑誌の記事で見たことがあります。

蛍の光が
「れーそーそそー、しーらーそら、
 しーそーそーしーれーみー」
と、ギターの開放弦の音ばかり
(ただし、オクターブは無視ですけど)
というところから

適当に4弦のレを決めたら
蛍の光をうたいながら
その音に合わせて
ペグをグリグリやるというもの。

まあ、なかなかピタッとはいかないのですが
斬新で面白いですsmile

ハイ、いつか役に立つかもしれない
(立たないかもしれない?)
知識でした~。

|

« たいちゃんのワイスガーバー 1950年ごろ | トップページ | リハーサル…立川の場合 »

コメント

ブログ再開して良かったです~

なるほどね。
心臓マッサージは1分間に100回のテンボで30回そして2回の人工呼吸、が1サイクルです。
ドラえもんの歌に合わせろ!と習いました。
緊迫した場面で「あんなこっといいなっ♪」
できるんだろうか……。 

投稿: ぴあにか♪えつこ | 2010年11月18日 (木) 21時50分

えっちゃん、どうも♪
ご心配おかけしましたが
無事復活しております。

えっちゃんは今年はいい年でしたか?
来年は是非またライブをやりましょう。

投稿: はせがわ | 2010年11月18日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/50066177

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対テンポと変わった調弦法:

« たいちゃんのワイスガーバー 1950年ごろ | トップページ | リハーサル…立川の場合 »