« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月19日 (火)

クラシックギターにガット弦を張るはなし

先日、いつもガット弦でお世話になっている
ムシカアンティカ湘南のHPを眺めていたら
掲示板に新規の話題として
「ギターで弾くリアルガット弦」
というコーナーが新設されていました。

で、さっそく記事を書いてみました。
上記タイトルをクリックで掲示板に飛べるようにしましたが
わたしの書いた記事はこのブログの「弦のはなし」「指頭奏法」ともリンクするので
こちらにも転記しておきます。(少し編集しました)

==============================
普通のクラシックギターにガット弦を張るというのは
わたし自身も過去に何度か試し、
現在も一部のギターでそのようにしています。

考えてみれば
戦前のギターはガット弦の時代にあたりますし
あるいはオーセンティックなトーレスモデルやハウザー1世モデルなどでしたら
当然オリジナルの楽器はガット弦だったわけですから
(結果的に気にいるかどうかはともかくとして)
それらの製作された頃に想定されていた音色を体験してみるのは
とても面白いことだと思います。

事実、わたしもやってみてとても興味深く感じました。
ちなみにわたしはいくつかの楽器に試したのち
現在いわゆるクラシック(モダン)ギターはとしては
トルナボスの入ったトーレスモデル(2004年アメリカ)に
ガットを張っていますが、渋く深い音色がして気に入っています。

閑話休題。。。

ガット弦を試すに当たっては痛い経験をした先人として??
一つアドバイスを書いておきます。

大概のクラシックギターでは初めてガットを張ると
ナットのエッジによって弦が切れたり削れてしまったりします。

・・・文章で書きにくいですが頑張ります。。。(^_^;)

ナットの溝の中はだいたい大丈夫なのですが
溝の入り口と出口の部分は鋭角になっている場合が多いので
そこにガット弦が当たると
スクレイパーで削られるように弦が傷んでしまうのです。
軽くでよいので、紙やすりなどで面取りをするとよいです。

ガット弦は単価が高いので
張ってすぐに傷んだり切れたりすると
心も痛んだり切れたりしますからねえ(笑)

切れるといえばガット弦はテンションをあげると切れやすくなります。
逆に低めのテンションでも結構音になりますし、
思いのほかそれで良い音がしたりしますから
初めは1音下げ(A=392、つまり440でいうところの1弦D)くらいで試し
調子を見ながらもう少し上げてみるとか
そんな風に進むとよいと思います。

ナイロン弦に慣れた我々は
弦は強いものと思っていて意外と雑な扱いをしています。
ですが弦はもともと痛んだり切れたりするもので
昔の人は様子を見ながら丁寧に扱っていたと想像します。

爪もナイロン弦を扱う時のように鋭いエッジを押しあてるようにタッチすれば
たちどころに繊維が切れ、ささくれがおこり
音の劣化を促進し、弾きにくくなります。

とは言え、そういうことも含めて試行錯誤というか経験ですから
興味を持たれた方はあまり怖がらずに?
鷹揚に構えていろいろ試してみるのが面白いですよ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

サヨナラ40代、コンニチハ50代

2016

先日のギターサークル響指導日に

皆さんに誕生日をお祝いしていただき感激しました。


この世に生を受けてとうとう半世紀。

自分がそんな歳になるなんて

想像もできなかったけれど

時間が経つとそういう自分もいるという事実(笑)


これからもお付き合いのほど

よろしくお願いいたします。


レッスンも演奏も誠実さをもって

頑張っていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

ライブ告知:2月12日(金)祖師ヶ谷大蔵

160212_2


シードルズのドクトクなセカイ
~よみがえる古の音色~

日時:2月12日(金) 19:00開演 
Café ムリウイ(小田急線祖師谷大蔵駅から北口商店街を徒歩5分、
          こどもおとな歯科3F/世田谷区祖師谷4-1-22-3F)
料金:テーブルチャージ500円+オーダー+演奏者へカンパ
    …チケット等ありません。ブラリとどうぞ。
問い合わせ:muriwui@gmail.com 
カフェ・ムリウイHP

シードルズはフルートの朝倉未来良とのコンビで
主におよそ100年~250年ほど昔の(当時の)楽器を駆使し
古の音色と音楽、そしてその愉しみにアプローチしています。

今回の使用楽器は
《フルート》
T.モンツァーニ(1821年・ロンドン)
G.A.ロッテンブルク(1750年頃・ブリュッセル)
《ギター》 R.F.ラコート(1828年・パリ)
《ラウテ》 H.ハウザー1世(1914年・ミュンヘン)

これらの楽器たちが朗々と音楽を語ってゆきます。
どうぞお楽しみに!
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

プログラム
涙のパヴァーヌ (ダウランド)
デュエット (テレマン)
小さな風車 (クープラン)
トルコ行進曲 (モーツァルト)
ロマンス (ソル)
協奏風ソナタ (ジュリアーニ) ほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

おぼえがき:リュートと6コースギターの弦ゲージ

自分のためのデータを書き留めています。

リュート 415 E

1:042
2:046
3:058
4:073
5:098 055
6:112 065
7:130 070
8:148 080


6コースギター 415

1:046
2:056
3:067
4:090w 047
5:122w 058
6:155w 078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »