« クラシックギターにガット弦を張るはなし | トップページ | 演奏時、突然弦(音程)が下がる!? »

2016年2月17日 (水)

おぼえがき:19世紀ギターを調弦するとき

自分のための覚え書きです。

オリジナル楽器のフレッチングは
現代の楽器やチューナーの指示とちょっと違うところにあるので
調弦はいつも迷います。

これはその当時、技術がなかったとかいうことではなく
なにか意図的にやっているような気もするのです。
オリジナル楽器はこれまでいろいろ見てきましたが
とくに第3フレットが高めになることが多いように思います。

狂っている!と言い放ってしまうのも一つではありますが
まあ、なんとかコレと仲良くできないものだろうか。
昔の人はどうしていたんだろうか。

下に書いてみたのは
今日弾いていて思いついたやり方。
これまでこういうことをいくつも思いついては試していますが
それの最新版です。
我ながら、割といい感じに出来たんで
忘れないようにウエブ(ブログ)に取っておこうかなと(^^ゞ

もしオリジナル楽器のチューニングでモヤモヤしている方は
よかったら試してみてください。

【ラコート1828の場合】
一応順番もこの通りで。

6弦と5弦はチューナー通り。

3弦は6弦3Fソと開放弦を合わせるが、耳で許せる範囲で低めに。

2弦は5弦3Fドと1Fのドを合わせるが、耳で許せる範囲で低めに。

1弦は3弦開放弦と3Fのソを合わせるが、耳で許せる範囲で高めに。

4弦は1弦の開放弦と2Fのミと
開放弦と2弦3Fのレのゆがみ具合が同じくらいになるように調整。
ゆがみが大きいときは1弦を高めることでバランスを取るようにする。


【確認】

3弦2Fラと5弦開放弦は3弦が高くなるが許せる範囲にあるか。

19世紀のギター曲でよく出てきそうな和音(おもにローポジション)を弾いてみる。


【注意】
このやり方は5弦や6弦を合わせたときのピッチ(開放)より
高めに響く傾向があるので、アンサンブルでは注意が必要と思う。

|

« クラシックギターにガット弦を張るはなし | トップページ | 演奏時、突然弦(音程)が下がる!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/63225505

この記事へのトラックバック一覧です: おぼえがき:19世紀ギターを調弦するとき:

« クラシックギターにガット弦を張るはなし | トップページ | 演奏時、突然弦(音程)が下がる!? »