« センチョルディ・エルマノス 弦交換 | トップページ | パヴァーヌ第1番(L.ミラン) アラビア風綺想曲(タレガ) »

2016年5月 9日 (月)

ルネサンスギター 弦交換

5月22日の逗子ライブのためにルネサンスギターの弦交換。
Dsc00495
ルネサンスギター うさぎ楽器(菅原大輔)1994年 弦長505ミリ 

張力はA=415Hzで算出(キルシュナーの計算尺による)

1コース カーボン0.45 (ピラミッド・リュート用弦) (5.1k)×1
2コース ガット0.53 (サバレス・オイル仕上げ) (2.7k)×2
3コース ガット0.63 (サバレス・オイル仕上げ) (2.5k)×2
4コース ガット0.89 (サバレス・オイル仕上げ) (2.7k)
      カーボン0.45 (ピラミッド・リュート用弦)(4.0k)

《おぼえがき》
オイル仕上げのガットはニス仕上げとまた風合いが異なり
スムースで指あたりが良い。

このルネサンスギターは逗子のうさぎ楽器より
ライブのために貸し出しいただいたもの。
Dsc00494

ロゼッタの意匠がカワイイ。

|

« センチョルディ・エルマノス 弦交換 | トップページ | パヴァーヌ第1番(L.ミラン) アラビア風綺想曲(タレガ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/63606305

この記事へのトラックバック一覧です: ルネサンスギター 弦交換:

« センチョルディ・エルマノス 弦交換 | トップページ | パヴァーヌ第1番(L.ミラン) アラビア風綺想曲(タレガ) »