« はせがわ音楽教室 第22回発表コンサート | トップページ | 終了:100年前のドイツギター~名工ハウザー1世を聴く~ »

2017年2月20日 (月)

楽器の大きさ

Dsc00828

2週間先のライブの曲をさらっています。

写真の2台を使う予定でいますが
ほぼ同時期に同じ人が作った楽器なのに
かたちはともかく弦長も弦幅も全然違います。

同じ人間(わたしっていう意味ではなく)が弾くのに、

なんでこんなに違うんだろう?

ふと、そんなことが頭に浮かぶのですね。


クラシックギターでは楽器の大きさを弦長で表すことが多く
(だいたい、ボディの大きさもそれに比例しているというのもあります)
通常サイズは650mmと言われています。

手の小さい人、身体の小さな人は
630mmとかの少し小さめの楽器がいいなんて言われていて
わたしもそう思っていましたし
今でもそういう要素はあるとは思っています。

そういう思いが強かったころに
ショートの演奏会用ギターを求めて625ミリのを見つけ
それは今でも愛奏しています。

でも、うちにあるコーノギター(655mm)でも結局同じ曲を特段問題なく弾けたり
生徒さんの660mmのギターもすごく良い感触に思えたり
建先生のところへリハに行ったときに貸してもらったラミレス(664mm)も
大きさは感じるものの、弾きにくいというのともちょっと違って割と弾けました。

厳密に言えば、大きくなれば左指が開く感じはするし
ショートでギリギリ押さえていたところは確かにきつく思うこともありますが。。。

慣れれば何とかなる部分はあるでしょうし
それでも届かなければ音符を変えちゃうっていう手もあるし。

一方、古楽器ギターに目を移せば
うちのラコートは630mmくらい。
無名のジャーマンは605mm。ジャーマンは短いのが多いようです。

でも、ドイツ人って身体も指も大きな人が多そう。
つまり、当時のドイツ界隈で
「ギター」と言えばこんな大きさっていうイメージだったのでしょう。

古いものは短いのかと思えば
現存するストラディバリの作ったバロックギターは740mmとか。
これって、合奏用のコンバスギター(750mm)に匹敵する長さなのです(^_^;)

ウクレレもそうですよねえ、ウクレレって別に小人の楽器じゃなくて
大の大人が弾く楽器なわけで。。。

さらにヴァイオリンの分数楽器のこととか
小さな子供がピアノを弾いている様子とか
そんなことも頭に浮かんだり。

だんだん話がまとまらなくなってますが(笑)

つまり、何を思ったかというと


本質的な部分で

大きな楽器は大きな人のもの、小さな楽器は小さな人のもの

 ・・・ではないなと。

プレイヤーにとって楽器は「慣れること」が大切で
自分の弾きやすい(と思い込んでいる)方向に楽器の方を引っ張り込むのは
あまりよいことではないかもしれない、ということでした。

まあ、もうちょっとこの辺は考えていきたいと思います。

|

« はせがわ音楽教室 第22回発表コンサート | トップページ | 終了:100年前のドイツギター~名工ハウザー1世を聴く~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/64915540

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器の大きさ:

« はせがわ音楽教室 第22回発表コンサート | トップページ | 終了:100年前のドイツギター~名工ハウザー1世を聴く~ »