« 19世紀に「チェンバロ」 その1 | トップページ | 第22回発表コンサート »

2017年4月18日 (火)

19世紀に「チェンバロ」 その2 脱線編

さっき書いた記事をFBに上げたところ
チェンバロを勉強している知人からコメントいただき
楽譜のことやら、モダンチェンバロのことやら
少し盛り上がりました happy01

そこで、また少し調べてみると
・・・ああ、一つわかると、わからないことが2~3個出てきちゃうアレだ。
もうキリがないので見えたことだけ、自分のために書いておこうと思います。

まず、先回出した「ギターとチェンバロ」とある楽譜のほかに
「ギターとピアノフォルテ」という版がありました。

チェンバロ版はテクラのジュリアーニ全集に収録されているもので
リコルディ社のもの。
出版年は楽譜に記載されたプレートナンバーで見るのですが1823年。
テクラの楽譜の解説文にもそう書いてありました。

もう一つ見つけたピアノフォルテ版がフレデリック・ホフマイスター社のもの。
出版年は1826-1828年なのでリコルディ社よりはあとになっています。
ちなみにこちらには作品113と書かれていて、一つピン!ときたことがありました。

それは・・・

参考資料に聴いていたCD「ウィーンのパイジェッロ」
2017041800001

これに収録されている、ジュリアーニの同曲が作品113となっていて
テクラでも他で調べても作品113はフゲッタという小品になるので
不思議だなーと思っていたところでしたが
なるほど、この楽譜を使ったんだなと。

さらに内容を比べてみると・・・
曲は一緒なんですが、ピアノフォルテの方が演奏上の指示が格段に多いです。

では、ちょっと見てみてください。

まずは1823年リコルディ・チェンバロとあるもの
20170418130046

楽譜がこれ。

Photo

ちょっとツルーンとしてます(笑)

続いて、ピアノフォルテとあるホフマイスター版

Photo_2

作品113となってます。

そして、楽譜がこちら。

Photo_3

どうでしょうか。
だいたい似た感じの曲想に感じることはできますが
ホフマイスター版の方がニュアンスが細かいですね。

リコルディ版では曲の始まり部分に指示がない(ホフマイスター版でピアノ)。
実はこのイントロでは最後の部分にも指示がないのです。
ちなみにホフマイスター版ではフォルテでした。

そうすると、気になってくるのは
鍵盤用よりも前にできていたというギター五重奏版でしょう?

はたしてどうなってるかな・・・。

Photo_5


あ~っ!はじめフォルテで終わりピアノ!?

うわー、逆だなー、どうしましょう(笑)。

っていうか、何があったんだろう。


結論はまあ、この曲を弾くことがあったらその時に
あらためて考えればいいかなと思いますが(笑)

まず、この曲はもともとギターと弦楽カルテットの組み合わせて作ってますから
がっぷり四つに組むとギターがうっちゃられちゃうと思ったんだと想像しますが
ギターが弾いている時はバックがおとなしく、
バックが目立つシーンではギターが休んでいたりします。

こういう構成が、音量的ダイナミクスが苦手なチェンバロと組むときも
いいんじゃないかなーと思った、なんてことはあるでしょうか。
・・・あるかなあ、ホントにチェンバロ説。ちょっと考えすぎかもしれませんね。

ホフマイスターのピアノフォルテ版は
そっけないリコルディに比べて
かなりロマン派的というかピアノっぽい楽譜の感じがします。
ジュリアーニは1781-1829年ですから
出版の頃はナポリにいたと思いますがまだ存命中でした。

作品番号はややこしいので65ということにしていただきたい!

そして・・・もう、これ以上考えるの大変なんで

この話はここまでっ! happy01


《後日談》
チェンバロって、19世紀のオペラでも使っていたんだろうか、
もしそうだとしたら、ピアノに押されていたチェンバロの
最後の活躍の場はオペラだったのかな、とか。
逆にそういうことで、チェンバロが19世紀でも身近だったなんてことはあるのかな。

なんて思いながら、また検索を続けていると。。。

根本卓也(指揮・チェンバロ・作曲)さんのブログにまつわる記事を見つけました。

「昔から、なんで19世紀のオペラでチェンバロ使うんだろ?と
 実は不思議に思っていたのです。少なくともフォルテピアノなんじゃないか・・・?」

あとはこちらで。
http://nemototakuya.info/secco-recitativo-in-19th-century/

根本さんはわたしの友人の友人でした happy01


|

« 19世紀に「チェンバロ」 その1 | トップページ | 第22回発表コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/65166951

この記事へのトラックバック一覧です: 19世紀に「チェンバロ」 その2 脱線編:

« 19世紀に「チェンバロ」 その1 | トップページ | 第22回発表コンサート »