« ジムノペティ第1番(サティ) | トップページ | どっそそらーそ しど »

2017年6月21日 (水)

現代ギター17年8月号こぼれ話

今年5月から現代ギターの連載の原稿を書いています。
それは、パイジェッロのオペラ「モリナーラ」のアリア、
Nel cor più non mi sento(うつろな心、わが心はや)を主題にした
19世紀ギターの作品を追っていくというテーマで
なかなかこれが調べていても、書いても楽しいものです。

どうも、ベートーヴェンのピアノ変奏曲が最初のようなのですが
ギター変奏曲は作曲年が後になれば後になるほど、競うように凝っていくのです。

いま発売している7月号ではマティーカの変奏曲について書きましたが
テーマと8つの変奏からなる、結構長大な曲で
(本文にも書きましたが)
主題と変奏~ダンス(ポロネーズ)~終曲を全部「ネル・コール」から作ったぞ!
というような構成でした。

で、今は来月発売される8月号の原稿が終わったところです。

Dsc00910

ふ~っ (・。・;

8月号ではカルッリの変奏曲をあたったのですが
これがまた、すごかった!
下のファクシミリ譜を見てください。

Gg85

こんな指定が入っているのですよ。
実に、フレットで言って29フレット(相当)!

まあ、他にもスライドによる変奏などもパフォーマンス重視で面白いのです。

流石!カルッリ先生!!

2017062100001


それで一つ、心に浮かんだのがパガニーニの影響。

実はパガニーニもネル・コールの変奏曲を書いていて
それはそれは超絶技巧で、カプリスのテクニックを存分に使ったような作品なのです。
これを、自身の演奏会のアンコールなどで演奏したということなんですね。

もちろん、カルッリの作品はパガニーニほどの超絶技巧ではないのですが
スライドを使った変奏といい、上記のスケールといい、
なにかこう、ネル・コールの変奏曲でパフォーマンスを見せる
という点で共通を感じるんですよねー。

当時のギター界で最も有名だったカルッリ先生が
「・・・なるほど、パガニーニさんがそう来たか、ならば!」
という気持ちもあったのではないか・・・とか。

というわけで、楽曲の成立年を調べてみました。
まあ、なかなか踏み込んで調べることもできないのですが

パガニーニのネル・コールは1821年が初演で出版が1829年とか。

一方カルッリのネル・コールは参考にしたファクシミリでは
プレートナンバーからだと1826年頃かなという感じだったので
「おお、やはり!」なんて思ったのですが
オフィーの解説だと1817年頃とあるんですよね(^_^;)
すると、参考にしたファクシミリは再販かな。
でも、確かに作品番号100近辺は1820年かそれより前みたいなんですよねー。

うーん、4年か。何とかならないかな(笑)

たとえばパガニーニはもっと早くからこの曲を弾いていた
なんてことはないでしょうかねえ。。。

どうも、関連があるような気がしてならないのですが
ま、ここからはナカナカどうにもならないかぁ coldsweats01

というのが今回のこぼれ話でした。

マティーカもカルッリも大変素敵な作品でしたので
ぜひ、現代ギター7月号と8月号でご覧いただけたらと思います。

|

« ジムノペティ第1番(サティ) | トップページ | どっそそらーそ しど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/65439380

この記事へのトラックバック一覧です: 現代ギター17年8月号こぼれ話:

« ジムノペティ第1番(サティ) | トップページ | どっそそらーそ しど »