« 現代ギター17年8月号こぼれ話 | トップページ | むさむらギターサークル 第5回定期演奏家 »

2017年6月22日 (木)

どっそそらーそ しど

今日は午前から昼にかけて重奏グループ(ギタートリオ)のレッスンをしました。

ハイドンの曲とデュアートの曲を持って来ていました。

デュアートの曲は「ダンスリーズ、第4番 op.41b」という曲なのですが
これは元々ソプラノ&アルトリコーダーとギター(あるいはピアノ)の編成で書かれた
「4つのアメリカンダンス」という曲の焼き直しで
わたしも昔、リコーダーとのアンサンブルをよくやっていた頃、
何度も弾いた懐かしい曲です。

ビギン ・ タンゴ ・ ブルース ・ バーンダンス
の4曲からなっていて、それぞれの性格が際立つ楽しい作品です。

で、ここからが本題なのですが
バーンダンスに出てくるこれ。
Dsc00911

ああ、これってよく聞くやつですね。
こんな形で。

2017062200001

野球でアウトになったときに聞こえてくるやつとか。

だから、なんとなく

「残念でした~、またどうぞ~」 みたいなイメージがありましたが
改めてレッスン曲で出てくると「いったいこれなに?」と思ったりして。

生徒さんが帰った後、
「はて?こういうのはどうやって探すのかな」と思いつつ、
いろいろ検索してみたり。

結局ですね、うまくヒットした検索ワードは
「どっそそらーそ しど」でした coldsweats01
分からないメロディ、こうやって尋ねる人多いんですね(笑)
上の文字にリンクつけときますので、興味のある方はどうぞ。

そして、そこからたどってわかったこと。

この曲(というか、フレーズ?)は
「ひげ剃りとカット25セント」
(原題 Shave and a Haircut, Two Bits)

と呼ばれているようです。

ウィキペディアでこのメロディの歴史という項目を見ても
音が先にあってひげ剃りの歌詞が後で付いたのか
はじめから「ひげ剃りとカット」の歌としてできたのか、いまいちよくわかりませんが
20世紀初頭からずいぶん楽しまれたフレーズのようでした。

それならと、このタイトルで動画をあたってみると・・・
なんと、出てくるのは「ネコふんじゃった」だったりします。
「ネコ~」をひとしきり弾いた最後に「どっ、そそらーそー」とくるわけです。

へー、これ「ネコふんじゃった」って言わないんですね。
・・・と思って確認のために、I have stepped on the cat.で動画検索してみる
あ、出てくる(笑)
でも、日本からの投稿が多いから、やっぱり「ネコ」は邦題なのかな。
「ネコふんじゃった♪」って歌もあったような気がしますし。

ところで、「バーンダンス」というのもあまり耳馴染みがなかったので
調べてみると
「1930年代から1940年代にかけてアメリカ合衆国で流行したフォークダンスの一種」
というのが出てきました。バーンダンスは「納屋の踊り」。
B u r n =燃える、B a r n =納屋。 燃えないのね(笑)

さらにディズニーが1929年にその名も「バーンダンス」という
7分のアニメ映画を作っているということで見てみると
その最後の音楽は
「あ~、なるほどなるほど、デュアートの曲の元イメージはこれだ」という感じがありました。


バーンダンス


例の「どっ、そそらーそー」も出てきます。
(どっ、そらーそー・・・でしたが、デュアートもどっ、そらーそーでしたし)


さらに少し手繰ってみると、アイルランド音楽にも「バーンダンス」はあるようで
聴いてみると、アメリカのバーンダンスとは少し違う感じがしましたが
たぶん、こういうものが元で、それがアメリカにわたって変化したのかなと思います。

|

« 現代ギター17年8月号こぼれ話 | トップページ | むさむらギターサークル 第5回定期演奏家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/65443984

この記事へのトラックバック一覧です: どっそそらーそ しど:

« 現代ギター17年8月号こぼれ話 | トップページ | むさむらギターサークル 第5回定期演奏家 »