« バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番より アルマンド サラバンド (ラウテ演奏) | トップページ | オヤジのための演歌アレンジ!~津軽海峡・冬景色 »

2017年9月11日 (月)

終了:珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター ~二種の弦楽器による親密な響き~

Dscn4224

2017年9月10日(日) 永田珈琲店「こもれび」にて
ヴァイオリン:宮林陽子さん

ご来場のみなさまありがとうございました。

今回のライブは一か月くらい前に満席となってしまい
何人かの方にはお申し込みを受けられず、
申し訳ありませんでした。

さて、今回のプログラムはヴァイオリンとギター。

共に弦楽器としてポピュラーな存在ですが
意外と一緒に演奏することが少ないような気もします。
でも、曲は結構あるのです。

今回はヴァイオリンとギターのための曲を中心に選曲しました。
Dscn4188

シャイトラーのデュオは1番ばかりがよく弾かれますが
2番もなかなか爽やかで良い曲です。
まあ、1番と雰囲気は似ていて調も一緒ですが coldsweats01

パガニーニはさすがにヴァイオリンとギターを熟知した人物。
チェントーネ・ディ・ソナタの1番はよく弾かれる曲ですが
大変効果的なフレーズと構成でできています。

続くギターソロはアルハンブラとバリオスのワルツ。

Dscn4195

バリオスはそのうち何曲かまとめて弾けたらなあと思っています
20世紀初頭の楽器で happy01

後半は無伴奏ヴァイオリンソナタ

Dscn4198

ヴァイオリンはギターと違って
ソロっていうのは伴奏つきのものなので
ホントに一人で弾く曲は「無伴奏」とことわりが付きます。

たった4本の弦で奏でるポリフォニー。
本来、大変な制約の中で作られているはずですが
無限の広がりを感じます。

ヴァイオリンの宮林さん、素晴らしい集中で素敵な演奏でした。
無伴奏のこういった曲を間近で聴くのは感激です。
楽譜もバッハの自筆譜を見ながら演奏していました。

後半はアレンジもの。
・・・と言っても、
シューベルトのセレナーデの伴奏譜はコスト編だったり
モーツァルトはカルッリ編だったりと
ロマン派時代のギターアレンジにしました。

なかでもこのカルッリのモーツァルトは
2つの楽器の対話という室内楽的な楽しみも保ちつつ
モーツァルトを弾く(聴く)楽しみも満足させるような楽譜で
カルッリ先生のさすがの腕前を感じながら取り組みました。

アリオーソはG線上のアリアと並んで
ヴァイオリンで聴きたいバッハの名旋律の一つですが
宮林さんの滋味あふれる深い響きを堪能しました。

ラストはチャールダーシュ。
この曲だけ、これまでと若干毛色が変わりますが
ラストにふさわしい、盛り上がる曲ですね。
わたしが30年くらい前にアレンジした伴奏譜で演奏しました。
懐かしかったなー!


Dscn4211

お客さんがこんなに近いライブ!
でも、永田珈琲では毎回こんななんで慣れてきました~ happy01

宮林さんとのアンサンブルは音楽の対話に溢れていて
実に音楽をやったという充実感があって、とっても楽しかったです

宮林さんとはまたどこかでこういうライブをやりましょう!と話をしてお別れしました。

ヴァイオリン 宮林 陽子プロフィール
山形大学特設音楽科卒業。東京フィルハーモニー交響楽団に在団後、渡独。
ダルムシュタット国立歌劇劇場管弦楽団、北ドイツ放送管弦楽団などで演奏活動、
フランクフルト音楽大学で研鑽を積む。
帰国後はロザムンデ弦楽四重奏団、薔薇のデュオを結成、
2006年音楽の友ホールでリサイタル。
2015年ヤルヴィホールでコンサート。
2013年と2017年に神野優子と松代文化ホールでデュオコンサート。
現在はソロ、アンサンブルの分野で活動を展開している。

170910

後日お客様よりレポートの投稿がありました。
ニアフィールドで聴く 「生バイオリン&ギター」 の迫力!!(クリック)

この日の演奏をYouTubeにアップしています。
パガニーニ チェントーネ・ディ・ソナタ

カルッリ モーツァルトのクインテット 作品156

モンティ チャールダーシュ

|

« バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番より アルマンド サラバンド (ラウテ演奏) | トップページ | オヤジのための演歌アレンジ!~津軽海峡・冬景色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/65777463

この記事へのトラックバック一覧です: 終了:珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター ~二種の弦楽器による親密な響き~:

« バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番より アルマンド サラバンド (ラウテ演奏) | トップページ | オヤジのための演歌アレンジ!~津軽海峡・冬景色 »