« パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番 | トップページ | モンティ作曲 チャールダーシュ »

2017年11月 7日 (火)

カルッリ作曲 モーツァルトのクインテット 作品156

2017.9.10 ライブ
珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター
~二種の弦楽器による親密な響き~ より
会場:永田珈琲店こもれび(東京・小平)

ヴァイオリン : 宮林 陽子 Yoko Miyabayashi (Vn.)
ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)

原曲はモーツァルトの ピアノカルテット k.478 によるもので

ピアノと弦楽トリオの編成ですが、

カルッリは旋律楽器とギターのために一から楽譜を再構成して作っており、

渾身の力作と言えるアレンジ。本当によくできています。


アンサンブルの醍醐味も感じながら、

こんな風にモーツァルトを弾けるのは本当に楽しいものです。

このライブで初めて取り組んだ作品ですが、

すぐに大・大・大好き!なレパートリーになりました。 happy01

19世紀の人たちもたいそう楽しんだことと思います。


1点、残念なのはカルッリ(あるいは当時の出版社?)が

勘違いして「クインテット」というタイトルをつけてしまったこと。 

それが表紙に堂々と書かれているのです。

プログラムやチラシに載せる際、どう書いたものかといつも頭を悩ませます(笑)

Carulli : Quintetto de Mozart op 156 ( k.478) violin & guitar

|

« パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番 | トップページ | モンティ作曲 チャールダーシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/66016027

この記事へのトラックバック一覧です: カルッリ作曲 モーツァルトのクインテット 作品156:

« パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番 | トップページ | モンティ作曲 チャールダーシュ »