« ナイロン弦とガット弦の聴き比べ A E パスカル1922年 | トップページ | パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番 »

2017年11月 4日 (土)

カルカッシ 作品60-13 リラ演奏

2017年10月22日、篠山のカフェ・日葉(にちよう)さんでのライブより。

リラをポロロンと鳴らしたときに、ふとこの曲が頭に浮かびました。

リラで弾くととても気持ちの良い曲です。


後世の人がエチュードや無名の曲に親しみを持ってタイトルを付ける

ということが時々行われていますが、

わたしもこの曲は親しみを持って

「巻雲」

とプログラムに載せたりしています。


この曲の楽譜を眺めていると、

秋の良く晴れた日に、クッキリと白く、

クルリクルリと線を描く巻雲のように見えました。


広がりを感じる爽やかな曲調も、これを習っていた10代の頃から大好きでした。

|

« ナイロン弦とガット弦の聴き比べ A E パスカル1922年 | トップページ | パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/66003505

この記事へのトラックバック一覧です: カルカッシ 作品60-13 リラ演奏:

« ナイロン弦とガット弦の聴き比べ A E パスカル1922年 | トップページ | パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番 »