« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

リュートとヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ハ長調 RV.82 (ビバルディ 1678-1841伊)

リュートとヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ハ長調 RV.82
(ビバルディ 1678-1841伊)

2018.6.16ライブ
「紫陽花(あじさい)に寄せて
 ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」より
会場:スタジオ・ゲルン(東京・蔵前)

ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)
ヴァイオリン:宮林陽子 Yoko Miyabayashi (Vn.)
チェンバロ:小澤章代 Akiyo Ozawa (Cem.)


ビバルディによるこの楽器編成の作品には

このハ長調とト短調のものがあります。

どちらも楽譜を見ると速い楽章ではヴァイオリンとリュートが

ほぼ同じ音(オクターブユニゾン)を弾いていることに興味を持ちました。


はじめはヴァイオリンとリュートの混合した音色を求めているのかと思いましたが

リハを進めるうちに、このように使ったほうがリュートの音が聴こえる…

つまり、音量差のある楽器のアンサンブルでは

デュエットのようなハモりを作るよりも同じ音の方が

音が聴こえて、結果的に楽しめるという作戦?ではないかと思うようになりました。

ヴァイオリンが2連、リュートが3連符を奏でるシーンも

そう思うと大変効果的に感じます。


この演奏でギターはリュートのパートを受け持っていますが

第3フレットにカポタストをすることでリュートの調弦に近づき

とても弾きやすくなりました。


楽曲は急・緩・急の全3楽章。

ビバルディらしい簡潔で爽やかな作品です。

第1・第3楽章はカラッと明るく、音楽する喜びに満ち溢れています。

第2楽章はリュートが付点音符のリズムを持つ抒情的な歌をまかされます。

これはDdurのリュートコンチェルトの第2楽章にも通じており、

ビバルディが持っているリュート演奏のイメージなのかもしれませんね。


ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/06/post-6e2a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

くじらギター重奏団 コンクール入賞!

20185

わたしはサークルの定演で行けなかったのですが、

先日行われた日本ギター合奏連盟主催の「やさぎコンクール」で、

わたしの指導する"くじらギター重奏団"が銅賞を受賞しました!happy02

今年は自主演奏会も成功させてますし、良い年ですね happy01


くじらのみなさん、おめでとうございます。

ホントによくがんばりましたー!

これからも音楽と、アンサンブルの楽しみを追求するグループとして

高みを目指していただきたいと願っています。


合奏連盟の先生方、たいへんお世話になりました。

ありがとうございます。


メンバーのブログにレポートがありました。

ずいぶん緊張もしたようで、ドキドキが伝わります(笑)

それではこちら、どうぞ!

ブログ・オカリナと釣りと畑と 「やさぎコンクール 銅賞」

上の写真は2018年5月の自主演奏会のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

終了:むさむらギターサークル 第6回定期演奏会

Img_20180624_152921

昨日になりますが

わたしの指導する「むさむらギターサークル」の

第6回定期演奏会が無事に終了しました。

毎年この頃に計画し第6回。

今回もいつもの武蔵村山市民会館(さくらホール)にて

準備や進行なども手馴れてきて、とても良い感じです happy01


演奏は合奏のほか、独奏や重奏もあるのですが

どれも、よく練習してうまく弾けていました。


独奏でアルハンブラを弾いたメンバーさんの紹介コメント

「カエルの歌から8年。ようやくこんな名曲が弾けるようになりました」

というのはちょっと面白かったです(笑)


このサークルは武蔵村山市民会館で行った

ギター初心者講座をきっかけにスタートしているのですが

最初の頃はギターの音階を覚えながら

カエルの歌なんかを輪唱スタイルで弾いたりしたものでした。


ご来場の方々から頂いたアンケートも

大変良く書いていただき、メンバー一同大感激 happy02

その後の打ち上げも大盛り上がりで、さらに結束を強めました。


そして来月からは、また来季の定演成功に向けてまいります!


とても良い一日でした。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィオラ・ダモーレとリュートのための協奏曲 ニ短調 RV540 (ビバルディ 1678-1841伊)

ヴィオラ・ダモーレとリュートのための協奏曲 ニ短調 RV540
(ビバルディ 1678-1841伊)


2018.6.16ライブ
「紫陽花(あじさい)に寄せて
 ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」より
会場:スタジオ・ゲルン(東京・蔵前)

ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)
ヴァイオリン:宮林陽子 Yoko Miyabayashi (Vn.)
チェンバロ:小澤章代 Akiyo Ozawa (Cem.)


原曲はタイトルのようにヴィオラ・ダモーレとリュートの二重奏(ソロ)と

弦楽合奏および、通奏低音で奏されます。


この演奏では試みとして弦楽合奏部分をチェンバロにお願いし、

ヴィオラ・ダモーレパートをヴァイオリンで

リュートパートはギターで弾くように構成しています。


ヴィオラ・ダモーレは共鳴弦の付いたヴァイオリンで

頻繁に和音をかき鳴らすような弾き方が出てくるのはその特性を生かすためでしょう。


リュートのパートは結構テクニカルで、

わたしはクラシックギターのテクニックで演奏していますが

これをリュートのテクニックで奏していたとおもうと、

当時の奏者のレベルの高さは相当なものだったと想像します。


楽曲は急・緩・急の全3楽章。


第1・第3楽章ではソロパートが対話風に進み、

テュッテイ(斉奏)と交互に出てくるリトルネッロの形式。

第2楽章は四季の「冬」などにも通じる歌謡調で

ヴァイオリンが美しい旋律を奏でます。


ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/06/post-6e2a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

対話風二重奏曲よりロンド(カルッリ) チェンバロとギター

6つの対話風小二重奏曲 作品34より、
第2番のロンド(フェルディナンド・カルッリ 1770-1841伊)

2018.6.16ライブ
「紫陽花(あじさい)に寄せて
 ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」より
会場:スタジオ・ゲルン(東京・蔵前)

ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)
チェンバロ:小澤章代 Akiyo Ozawa


原曲は19世紀のギターデュオで

ギター演奏会ではよく聴かれるレパートリーですが

この時はチェンバロとギターでアプローチしてみました。


時代的には交わるところのなかったチェンバロと6弦ギターですが

こうしてコラボレーションしてみると

同じ撥弦楽器としての相性の良さを感じます。happy01


この楽曲は特にコロコロと流れるような旋律が

こういう音色のイメージを持っているようにも思い、選曲しました。

ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/06/post-6e2a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

序奏とファンダンゴ(ボッケリーニ~ブリーム編)

先日のギター・ヴァイオリン・チェンバロのコンサートから

いくつか動画をアップしていこうと思います。


まずはギターとチェンバロによる、ボッケリーニの序奏とファンダンゴ

原曲はギター五重奏曲(弦楽カルテット+ギター)ですが

イギリスの名手、ジュリアン・ブリームによるアレンジで

ギターとチェンバロの編成になっています。


さすがブリーム! 原曲よりもさらにエキゾチックさが増し

情熱的なスパニッシュサウンドが際立っています happy01


こういう曲はいわゆるコラボレーションで

チェンバロの方と知り合い、意気投合し、

「さあ、やろう!」とならないと出来ないので大変貴重な機会です。

小澤さん、ありがとうございました happy02


2018.6.16ライブ
「紫陽花(あじさい)に寄せて
 ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」より
会場:スタジオ・ゲルン(東京・蔵前)

ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)
チェンバロ:小澤章代 Akiyo Ozawa

ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/06/post-6e2a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

終了:紫陽花(あじさい)に寄せて ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き

Dscn4602


昨日は浅草橋のスタジオゲルンにて

「紫陽花(あじさい)に寄せて
ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」

コンサートをおこなってきました。

雨の中いらしていただいたみなさま、誠にありがとうございました。

この日はまさにコラボレーションといった楽器編成で

プログラム的にもアラカルト的な幅を楽しんでいただくような構成にしました。

==============================
Dscn4566
今回の公演タイトルは「紫陽花に寄せて」。

それにちなんで入口にあじさいが飾られていました。

主催者の方のお心遣いが嬉しいです。


Dscn4581
これはリハの様子。

「よしっ!」

準備万端で本番に臨みます happy01

Dscn4606
トリオ演奏。

今回のトリオ演奏はすべてバロック音楽。

ヘンデルの2つのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ

ビバルディのリュート、ヴァイオリンと通奏低音のためのトリオ

もう一つヴィオラ・ダモーレとリュートのための協奏曲としました。

ビバルディのトリオはリュートとヴァイオリンがほぼユニゾンという

ユニークというか斬新な作り方でできています。

思うに、音量差のあるヴァイオリンとリュートは

ハモらせるよりこのようにした方がちゃんと聴こえると

ビバルディが考えたかな、と思いました。

コンチェルトの方はそれぞれが交互に出てくるシーンが多かったです。

つまり、やはりあまり重ねない書き方をしていました。

Dscn4631
バッハのヴァイオリンソナタBWV1017演奏中。

さすがの超名曲!全楽章通して聴くと聴きごたえありますね。

ヴァイオリンは宮林陽子さん。


Dscn4607
チェンバロは小澤章代さん。

チェンバロがあるおかげで、

ギターがメロディパートを弾くようなアレンジも可能になります。

Dscn4592
ギターとチェンバロのアンサンブル。

時代的にも重ならないチェンバロと6弦ギターですが

曲によって同じ撥弦楽器どうしというのを感じられる

かなり親密なアンサンブルができます。

この日の演目

名手、ブリームがギターとチェンバロのために編曲した

「序奏とファンダンゴ(ボッケリーニ)」は互いの音色が際立ち

キレよく、かっこいい曲。さすがブリーム!


シュヴェルトベルガーの「4つの小品」

ギターとピアノのための作品ですが、対話風な構成で

チェンバロに替わってもむしろそちらがオリジナルなのでは?

と思うほど相性もピッタリです。


アンコールではカルッリの対話風二重奏曲から有名なロンドを弾きました。

これはファーストをほぼそのままチェンバロで弾いてもらったのですが

対話が楽しく、効果的に響きました。


Dscn4587
わたしはソロでアルハンブラの思い出を。

この日はめずらしく?(笑) モダンギターのプレイであります。

Dscn4596
ヴァイオリンとギター。

カルッリ編のモーツァルト

大好きなモーツァルトを楽しむ19世紀ギター黄金期の人々の様子がうかがえる佳作。

チャールダーシュはギター伴奏がよりジプシー的な気分を盛り上げます。

もともとの曲がギター的な伴奏音型ですよね。


Dscn4567


Dscn4570
この日の会場には渡辺悦子さんが描いた日本画から

季節とライブにちなんだものを選んでたくさん飾られていて

ご来場のみなさんは目でも楽しんでいらっしゃいました。

Dscn4571
渡辺悦子さんのプロフィールです。


Dscn4563
これは当日のプログラム。

会場にいらしたお客様より

「とても素敵なアンサンブル❣️
 紫陽花に寄せてとあるように、
 水色のチェンバロ、青のヴァイオリン、ピンクのギター、
 どの花も日本画のように一輪一輪がくっきり、たっぷりと咲いて、
 梅雨のひと時を豊かに過ごすことができました。
 とてもハイレベルな演奏会でした。」

と嬉しい御感想をいただきました。

ありがとうございます happy01

演奏した我々としてもまた機会があったらぜひやりたいコラボレーションでした!

180616

180616_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

動画を撮りに現代ギター社へ!

Dsc01483

今日は9月7日GGサロンコンサートの宣伝動画を撮ってもらいに

要町は現代ギター社まで行ってきました。


現代ギター社の櫛引さん、高久さん、大変お世話になりました。

GGサロコンの宣伝動画を撮っていただくのは2年ぶり2回目なのですが、

その間の撮影スキルのアップにびっくり!

カメラ3台で撮っています!

メインカメラは一眼レフというのも時代ですネ。


前の時はいわゆるビデオカメラ1台でした。

ちなみに前のやつと言うのはこれ。
https://youtu.be/kOpZkelDAH4


なにはともあれ、

共演の植木さんは昨日新潟からやって来て、うちで6時間のリハをこなし

180603
(昨日のリハの様子)

今日は動画撮影のあとその足で帰るとのこと。大変おつかれさま!


9月7日のGGサロコンは19世紀ギターのデュオを中心にしたプログラムでお送りします。

皆さんのご来場をお待ちしております!

=============================
Dsc01490

今回も立奏でまいります!


数種類の楽器を使っていくつかの組み合わせで演奏するので、

動画の方は一つ一つの組み合わせを1分ずつくらいコラージュする感じの予定です。


Dsc01491

現代ギター社GGサロンはギターの殿堂ですから、スタッフの方々も皆ギターに詳しく、

今回のような楽器があるとすぐに楽器談義がはじまったりと、

非常に楽しく撮影が続きました。


Dsc01502

わたしのソロはオリジナルのリラで行うことにしました。

これは1828年、ラコート作のリラです。

当時の人たちのギリシャへの憧れが結晶化した楽器。


Dsc01498

もちろん、植木さんの独奏もあります happy01


Dsc01513

9月7日のGGサロコンはこの楽器たちも見どころ、聴きどころの一つです!

Dsc01515

ええと、これは何の話をしていた時かなあ。

植木さんとする音楽の話し、楽器の話し、いろいろな話しはとても楽しいですね。

オリジナルギターやガット弦、指頭奏法など共通する部分が多く、

正直こんな人と出会えるとは思っていませんでした。

わたしは孤独ではなかった(笑)!


Dsc01518

これはトーク部分の撮影。

「演奏より緊張するね」なんて言い合いながら撮ってます。


Dsc01521

当日演奏予定の楽器たち、

左から

H.ハウザー1世ウィンナーモデル1932年

J.G.シュタウファー レニャーニモデル 1830年頃

R.F.ラコート リラ 1828年

J.G.シュタウファー テルツギターレニャーニモデル 1830年頃

R.F.ラコート 1828年

H.ハウザー1世ウィンナーモデル1937年

どれも希少で貴重な楽器。そしてどれもいい音がしています。

どうぞこれらの音色を聴きにいらしてください happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

第22回ギターアンサンブル サマーコンサート

2018

第22回ギターアンサンブル サマーコンサート
2018年6月30日(土)
松戸市民会館ホールにて 13:00開演
(松戸駅東口より徒歩7分) 入場無料
お問い合わせ:047-342-3825 (松戸ギタークラブ・永松)

伝統あるギターアンサンブルの発表ステージに
わたしの指導するギターサークル・カノン(池袋)が初出演! happy01
わたしも指揮で参加します。

我孫子ギターサークル
ギターアンサンブル・アルモニコス
松戸ギタークラブ
と、わがギターサークルカノンの計4団体が
それぞれ30分ずつくらいの演目を披露します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »