« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月23日 (木)

教室のピアノ~「月の光」 ドビュッシー作曲 演奏:秋田有貴子先生

ピアノ講師の秋田有貴子先生が教室のピアノで弾いてくれました。

20年ほど続けてきたピアノ科ですが

残念ながらこの夏でお開きにします。


このピアノはわたしの学生時代に購入したもので

ずいぶん長い付き合いですが、

あの頃は試験の課題を直前に青くなってさらったくらいで

ピアノ的にはあまりいいオーナーではなかったな(笑)。


その後、教室にピアノ科を設けた時には

毎年調律や点検、手入れも受け

生徒さんや先生に適度に弾かれて、

楽器も喜んでいるだろうなんて思ったものです。


さすがにこれからはちゃんと弾くこともありませんから、

近々手放すことにしました。


最後に、先生に素敵な演奏を録画させていただき

いい記念になりました。


ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

「夜も昼も」 「いつか王子様が」 「リベルタンゴ」 西山さんとギターデュオ

ギターサークル・カノン 第16回定期演奏会より
2017年11月23日 南大塚ホールにて
西山英和さんと重奏
「夜も昼も」 「いつか王子様が」 「リベルタンゴ」


先日、昨年11月の定演DVDを戴きました。

ちょっと懐かしい気分で見てみると

会長さんとのデュオのシーンがなかなか楽しいじゃないですか!

…というわけで、YouTubeにアップしました。

よろしかったらご覧ください。


ギターサークル・カノンはわたしの指導するサークルで

もう20年以上の付き合いになります。


サークルは活動も発表も合奏がメインですが

定期演奏会の時にはこうした重奏も交えて

プログラムに変化をつけています。


西山さんはこのサークルの会長さんで

アレンジもたくさん提供し、優しく、あるときは情熱的に

メンタル的にも音楽的にもメンバーさんを支えています。


ちなみに、この演奏の前2曲も西山さんのアレンジでした。

サークルのメンバーさんや生徒さんとのアンサンブルは

重奏、合奏問わず本当に楽しいものです。


ギターサークル・カノン、次回の定演は

2019年1月20日(日) に予定しています。

またこのブログでお知らせしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

第19回ギターをもっと楽しむ会

P8194147

昨日8月19日ははわたしの教室(個人レッスン)と指導するサークルの方たちを対象に

おこなっている「ギターをもっと楽しむ会」の第19回でした。


お客さんを呼ばない内輪の発表で、

互いに弾きあい聴きあって、

わたしと田村先生、二人の講師から講評と講師演奏があるような催しですが、

参加する皆さんにはたいへん好評でいつも楽しく盛り上がります。


年に2回のイベントなので、これでなんと10年目に突入!happy01

今回は過去最高の32名参加でより賑やかな会となりました。


内容もクラシックやポピュラーのギターソロはもちろん、

弾き語りやフルートとのデュエット、19世紀ギター、オカリナ、

それからサークルによるギター合奏などもあって、プログラムは盛りだくさんです。


懇親会(打ち上げ)も過去最高の25名参加。

講師陣は場を片付けてから向かったので、20分ほど遅れて到着しましたが、

すでに大変盛り上がっていました(笑)

やっぱり、演奏あとの打ち上げは、心が開くというか、はじけますよねー!


とってもいい一日でした。


次回は12月にできたらいいかなあと思っています。

======================

P8194148

トップの写真と反対側からも撮ってみました。

こっち側の人たちの方がリラックスしてるかな(笑)


191
192

さあさあ、これがこの日のプログラム。

順番は当日のあみだくじで決めるのがこの会の掟。

阿弥陀様は時に絶妙な采配を見せます。


演目は全部で43ありました。

参加の皆さんが和気あいあいと

そして一生懸命に弾く演奏を聴くのは

本当に幸せなひとときです!


講師演奏は

田村先生のソロで「タンゴ・アン・スカイ」

わたしと田村先生のデュオで

「テレマンのカノン」

「ティコティコ」を弾きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

2018 ふれあいセンターフェスティバル (武蔵村山)

20180818172320

2018 ふれあいセンター フェスティバル
9月29日(土) 30日(日) 10:00-16:00
場所:武蔵村山市立緑が丘ふれあいセンター

主催・問い合わせ
042-590-0755(ふれあいセンター)

武蔵村山市の施設ふれあいセンターは

わたしの指導する「むさむらギターサークル」の主な練習会場ですが

例年、この時期にここを利用するサークルの発表があります。

…というわけで、今年も出演決定!!

むさむらギターサークルの出演は
9月29日(土) 15:20から30分間です

入場はもちろん無料で、前の時間にはそのほかのサークルの演目が並びますし

展示や体験会、映画の上映などもあります happy01

お近くの方、お誘いあわせの上ぜひご来場ください。


むさむらギターサークルの演目は

・テレマンのメヌエット

・芭蕉布

・講師演奏(…何弾こうかな)

・みだれ髪

・明日があるさ

の予定です。


発表団体のプログラムはこちら。

クリックで大きくご覧いただけます。

20180818172338


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

19世紀ギターコンサートPV 長谷川郁夫&植木和輝

来る9月7日(金)GGサロンコンサートのプロモーションビデオがアップされました。

当日の演奏予定曲より

・ランクラージュマンよりカンタービレ ソル
使用楽器J.G.シュタウファー1830年頃ウィーン R.F.ラコート1828年パリ

・ドイツの歌 メルツ
使用楽器プライムギター&テルツギター ともにJ.G.シュタウファー1830年頃ウィーン

・G線上のアリア
使用楽器ハウザー1世ウインナーモデル1932年&1937年

・10の練習曲より第1番 レゴンディ (植木ソロ)
使用楽器J.G.シュタウファー1830年頃ウィーン

・春の日の花と輝く アイルランド民謡ジュリアーニ編 (長谷川ソロ)
使用楽器 リラ ラコート作1828年 パリ

コンサートのご案内はこちら。
ライブ告知:9月7日(金) 要町・池袋

チケットご予約は i.has@nifty.com はせがわまで(割引価格でご案内しています)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

関連リンク

植木フルート・クラシックギター教室HP

当ブログ記事より

2017.7.25 ギタリスト植木和輝氏

2018.6.4 動画を撮りに現代ギター社へ

YouTube動画

うえき&はせがわ 19c Guitar Duo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

ライブ告知:10月21日(日) 小平

181021ol


珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター
~二種の弦楽器による親密な響き 2~

永田珈琲店“こもれび”にて
10月21日(日) 入替制2回公演

第1回 12:30(OPEN) 13:00(START)
第2回 15:30(OPEN) 16:00(START)

どちらも料金3000円(おいしい珈琲or紅茶付き) 
席数僅少のためご予約をお願いいたします。

10/7追記
【満員御礼】
13時からの回、16時からの回ともに満席となりました。
ありがとうございます。

ご予約:i.has@nifty.com はせがわ

後援:サロンアロー

会場:永田珈琲『こもれび』
(小平市美園町1-6-1-2F)
西武新宿線小平駅南口ロータリー右手
グリーンプラザ2階

=========================

小平の名店、永田珈琲をお借りしてのライブはこれで7回目となりました。


ヴァイオリンの宮林さんとは今年6月に浅草橋にて

ギター・ヴァイオリン・チェンバロによるコンサートを行いましたが

はじめてのお手合わせいただいたのは昨年9月の永田珈琲でした。

その際は古典派~ロマン派時代にかけて作られた

ヴァイオリンとギターのための作品を中心にしたプログラムでお送りしましたが

今回もキープコンセプトでまいります。


ちなみに、このコンサートで使用するギターはモダン。

1963年のハウザー二世を予定しています。

なかなかどっしりとした、いかにもクラシック然とした音を奏でてくれる楽器です。

主なプログラム

ギターとヴァイオリンのためのソナタ第1番(シャイトラー)

協奏風二重奏曲(パガニーニ)

モーツァルトの四重奏曲(k.478)op.156 (モーツァルト~カルッリ)

オペラ「アルジェのイタリア女」序曲(ロッシーニ~カルッリ)

愛の挨拶(エルガー)

ソルベーグの歌(グリーグ)

ロザリオソナタよりパッサカリア(ビーバー)~ヴァイオリン無伴奏

タンゴ(タレガ)~ギターソロ …ほか


カルッリ編のロッシーニは最近出版されたもので、こんな逸話があります。

(現代ギター社HPより)
行方不明となっていた、

カルッリによる「ヴァイオリンとギターのためのロッシーニの10の序曲」が

幻の作品群でしたが、スペイン北部、ガルシア地方のラ・コルーニャで発見されました。

「カルフォルニア組曲」の作曲家としても知られる

ホセ・マリア・ガジャルド・デル・レイ(G)が、

その妻であるアナベル・ガルシア・デル・カスティージョ(Vn)と共に校訂し、

彼らが立ち上げたレーベルから出版となりました。」


もちろん、全冊買いましたよ~ happy01

今回はその中から1曲選びました。

弾きやすく効果的な、カルッリらしいアレンジです。

それと、前回は早い時期に満席になってしまい

お席がご用意できなかったお客様もいらしたので今回は2回公演としてみました。

スペース的にもゆとりをもってお聴きいただけるかなと思っています。

秋のひととき、ヴァイオリンとギターとおいしい珈琲でお過ごし下さい happy01

ご予約お待ちしております!


《関連リンク》
昨年(2017年)の永田珈琲ライブのレポート
終了:珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター ~二種の弦楽器による親密な響き~


動画(2017年の時のもの)
パガニーニ作曲 チェントーネ ディ ソナタ 第1番

カルッリ作曲 モーツァルトのクインテット 作品156

モンティ作曲 チャールダーシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »