« 終了:珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター ~二種の弦楽器による親密な響き 2~ | トップページ | オペラ「アルジェのイタリア女」序曲 ロッシーニ~カルッリ編 »

2018年10月27日 (土)

Solveigs Sang ~ Violin & Guitar ソルヴェイグの歌

先日10月21日におこなったライブ
珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター
~二種の弦楽器による親密な響き 2~

より、いくつかアップしていきたいと思います。

ソルヴェイグの歌(エドヴァルド・グリーグ 1843-1907 ノルウェー)

もとは劇音楽として作られたものを自身で再構成した
組曲「ペール・ギュント」からの1曲。
ソルヴェイグは主人公ペール・ギュントの若き日の恋人で、
放浪生活を続けるペール・ギュントを待ちわびて歌う曲です。
北方を感じるメロディとグリーグの和声による
哀しみと多幸感が交錯する音楽が心を打ちます。
ギターパートはわたしがアレンジしました。

ヴァイオリン:宮林陽子 Yoko Miyabayashi (Vn.)
ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)


ライブのレポートはこちら(クリック)

|

« 終了:珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター ~二種の弦楽器による親密な響き 2~ | トップページ | オペラ「アルジェのイタリア女」序曲 ロッシーニ~カルッリ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/67319153

この記事へのトラックバック一覧です: Solveigs Sang ~ Violin & Guitar ソルヴェイグの歌:

« 終了:珈琲とともに楽しむヴァイオリンとギター ~二種の弦楽器による親密な響き 2~ | トップページ | オペラ「アルジェのイタリア女」序曲 ロッシーニ~カルッリ編 »