« オペラ「カイロの隊商」序曲 グレトリ~カルッリ編 | トップページ | ライブのご案内 »

2018年11月 8日 (木)

オペラ「セビリアの理髪師」序曲 ロッシーニ~ジュリアーニ編曲 19世紀ギターデュオ

2018.10.13コンサート
「長谷川郁夫&植木和輝 19世紀ギターデュオの世界」より
(新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ スタジオAにて)

オペラ「セビリアの理髪師序曲」序曲(ロッシーニ1792-1861)
ジュリアーニ(1781-1829)の編曲によるギターデュオ

植木和輝(Stauffer c.1830 シュタウファー作 レニャーニモデル 1830年頃)
長谷川郁夫(Panormo 1844 パノルモ作 1844年)

19世紀オリジナル(当時の)ギターによる演奏。
共にガット弦使用、指頭奏法、立奏でアプローチしています。


この曲の元来はオペラ『パルミーラのアウレリアーノ』(1813年作曲)

の序曲として書かれたもので、

ロッシーニはこれを『イングランドの女王エリザベッタ』(1815年)に手を加えて用い

さらに『セビリアの理髪師』でも再び同じ曲を用いているということです。

ジュリアーニの楽譜には「エリザベッタ」のタイトルが書かれていますが、

日本で通りの良い「セビリアの理髪師」の曲名で演奏しました。


ワクワクするようなロッシーニの名曲をギターデュオという

こんなコンパクトな形で聴くことができたら、

それは当時の人たちも大層喜んだことでしょう。

加えて、弾く方にもギター同士の対話を楽しみつつ盛り上がり、

弾き切った後の爽快感・充実感を感じさせるあたり、

ロッシーニに大きなリスペクトを持つジュリアーニの

筆さばきが見事な名編曲と言えます。


コンサートのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/10/19-bc96.html

同コンサートの東京公演
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/09/gg19-c640.html

|

« オペラ「カイロの隊商」序曲 グレトリ~カルッリ編 | トップページ | ライブのご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/67361009

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ「セビリアの理髪師」序曲 ロッシーニ~ジュリアーニ編曲 19世紀ギターデュオ:

« オペラ「カイロの隊商」序曲 グレトリ~カルッリ編 | トップページ | ライブのご案内 »