« おぼえがき:19世紀ギター5キロのテンション | トップページ | ライブのご案内 »

2018年12月28日 (金)

ライブ告知:3月3日(日) 小平

190303ol

こもれびコンサートシリーズ- 8 -

珈琲とともに楽しむアンティークギターの響き
リラギターの愉しみ
~ラコート作1828年を聴く~
2019年3月3日(日) 
13:30(OPEN) 14:00(START)
料金2500円(おいしい珈琲or紅茶付き) 

※席数僅少につき、ご予約をお願いいたします。

ご予約:i.has@nifty.com はせがわ

後援:サロンアロー

会場:永田珈琲『こもれび』にて
(小平市美園町1-6-1-2F)
西武新宿線小平駅南口ロータリー右手
グリーンプラザ2階

チラシはクリックで拡大されます。

==========================

年に二度ほどおこなっている永田珈琲でのライブはこれで8回目となりました。

3月3日はリラをフィーチャーします。

今回はやさしく弾けて楽しい曲というイメージで

当時のアレンジ集などから演目を集めました。

国歌や民謡やオペラ、モーツァルトやハイドン、ベートーヴェンなど

人気作曲家のメロディなどを集めた曲集というと

メルツ編のカッコウはGGからも出版されて知られるようになりましたが、

ディアベッリも「レディースルームのアポロ」

なんていうタイトルで曲集を出しています。

コストの「ギタリストのための黄金の本」もちょっと硬派ですが

そういった類のもの。 しかし、曲集の命名はどれも個性的ですね。


~カンタンに弾けてカッコイイ! 

 あなたの弾きたいアノ名曲がギターで弾ける! 

 名アレンジャーによって今ここに!・・・そんな感じでしょうか。


いわゆる音楽(楽器)のレクリエーションですが、

それらが好まれるのは今も昔も変わらないかもしれませんね。


歩いているとどこかから聞こえてくる弦の響き、馴染みのメロディ。

くるりとあたりを見回して

「あの窓の奥のご婦人が弾いているのかな」

なんて言う気分でチラシを作ってみましたが、

実際の演奏はボウズでメガネでヒゲのおじさんですからね(笑)。

以下はラコートのリラでの演奏(YouTube)

どちらの曲も当日演奏いたします。


皆様のお越しをお待ちしております。

どうぞ、よろしくお願いいたします(^o^)丿


|

« おぼえがき:19世紀ギター5キロのテンション | トップページ | ライブのご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165138/67531546

この記事へのトラックバック一覧です: ライブ告知:3月3日(日) 小平:

« おぼえがき:19世紀ギター5キロのテンション | トップページ | ライブのご案内 »