« ロビン アディアとギャリー オウエン アイルランド民謡~ジュリアーニ編 リラギター | トップページ | ライブ告知:3月3日(日) 小平 »

2018年12月26日 (水)

おぼえがき:19世紀ギター5キロのテンション

https://www.cs.helsinki.fi/u/wikla/mus/Calcs/mc.html

上記サイトでの計算。

弦長630mmのギターを415Hzのピッチで調弦した場合
テンションが5キロになるガット弦の太さ。
第4弦以降は巻線になるが、プレーンガットに換算した太さで表示。
単位はmm。

第1弦 0.56
第2弦 0.74
第3弦 0.94
第4弦 1.25
第5弦 1.67
第6弦 2.23

==========================

最近ガット弦の太さについて選び方を聞かれることがあり

ここにおぼえがきとして書いておくことにしました。


楽器によっても違いはありますが目安として

19世紀ギターに張る弦はおおよそ一本5キロ、

全体で30キロ以下になるように選ぶのが良いと思っています。

第1弦と第4弦は少し強めに張ると響がしゃきっとすることがあります。

その他の弦は少し弱めでも

例えばオリジナル楽器だったりすると充分鳴ったりすることを経験します。

いずれにしても試してみるしかないのですが

はじめの弦はこのあたりから試して

相性や好みを見てみると良いと思います。

|

« ロビン アディアとギャリー オウエン アイルランド民謡~ジュリアーニ編 リラギター | トップページ | ライブ告知:3月3日(日) 小平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おぼえがき:19世紀ギター5キロのテンション:

« ロビン アディアとギャリー オウエン アイルランド民謡~ジュリアーニ編 リラギター | トップページ | ライブ告知:3月3日(日) 小平 »