« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

2019年1月23日 (水)

ギター弦アタッチメント

丹波篠山のルシアー、田中清人さんから

ちょっと面白いものを教えてもらいました。

これ。

Dsc01902

名称は「ギター弦アタッチメント」で

そもそもは鉄弦用のグッズです。

よく見るとこんな感じのものです。

Dsc01899
クリックで写真が大きくなります。


説明書きによると

弦に通してボールエンドを球体にするパーツです。
球体エンドにすることで,
・リング型エンドでの向きの不揃いを解消し弦のねじれを防止!
・球体がピン溝にしっかり押し当たりピンがしっかり固定!
・球体のため接触面が均一になり,弦振動が表板にしっかり伝わりバランス向上!

ということなんですが、

19世紀ギターにも便利かなと思って試しています。

結び玉を頑張らなくても抜ける心配のない弦のエンドを手軽に作ることができますし

なんか音にも良さそうな気がします(勘)

ただし、細い弦を通すときはやっぱり少し大きな結び玉を作った方が良いですね。

たぶん、0.7以下くらいの弦はひと結びだと抜ける可能性があります。


そしてさらに応用編でこんなことも試しています。


Dsc01905

そう!スーパーチップ的な。

クラシックギター用のスーパーチップ的な製品は

そのパーツに弦を括り付けるので、固く締まっちゃうんですよね。

そうすると、弦交換の時にすんなりいかないでしょう。

この金属玉ならよりシンプルで交換の際も簡単かなと。


まだ使い始めですが、様子はなかなか良いですよ!

1弦だけは穴から抜けることがありますから、結び玉を大きく作ります。


気になる方はこちらのサイトへどうぞ。

大きさが4ミリ玉と4.5ミリ玉があって、材料はアルミと真鍮があるので計4種類。

それによって音の変化もあるとかないとか。

ワンセット6個入りで840円でした。


ブリッジに結びつける(普通のやり方)が苦手な方にもいいかな(笑)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡野聡子さんとリハーサル

Dsc01891

昨日は岡野聡子さんとデュオのリハでした。

9月6日のGGサロコンに向けて月1回ペースで合わせていますが

リハを重ねるたびに音も気持ちも一層ハモってくるようです。


岡野さんは細部までピントが合ったような

クッキリとした音色と表現が魅力ですね。

初めての19世紀オリジナルギターもそしてガット弦も

すでにずいぶんうまく使いこなしていました😉
(19世紀ギター自体はたくさん弾いていらっしゃいます)


この写真で岡野さんが持っているのは

スクロールヘッドのシュタウファー派ジャーマンギターで1830年頃のもの(ノーラベル)。

バックのメイプルも美しい、瀟洒な楽器で透明感のある明るい音色でよく鳴ります。

わたしの持っているのはGシュタウファーのテルツギター。


この組み合わせでは

ジュリアーニのグランポプリを弾きます。


この曲、ドラマチックで弾いていて楽しい超名曲ですが

わたしはまだ指が上手く決まりません😅

以前、プライムギターパートはやったことがあるので

曲の気分はよくわかるのですが、

テルツギターパートを初めてさらって難しがってます。

むむむー、思ったように弾けない~

もうちょっと慣れて弾きこなさねば。


テルツでの演奏は音や運指はともかくとして

この楽器の小ささ(56㎝)で難所はポジションが迷うんだよなー

・・・って誰かが言ってたな。

今その気持ちがわかります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

終了:ギターサークル・カノン第17回定期演奏会

Dsc01867

わたしの指導するギターサークルカノン(池袋)の第17回定期演奏会が

1月20日、満席のお客様で無事に終了いたしました。

足をお運びくださったみなさま、ありがとうございます。


いつも楽しく華やかな定期演奏会を催すこのサークルですが、

今回も西山会長のもと、がっちり結束して素敵な演奏会を作っていました。


また、今回のサプライズ企画として

ここ10年、定演の司会をお願いしお世話になっている黒田公子さんと

わたしが二重奏を披露するというシーンがありました。


曲はファリャのはかなき人生。結構難しい曲ですが、

黒田さんはたいへん見事に弾き切っていました。さすがアマチュア日本一 happy01


打ち上げも賑やかで、大変良い一日でした。

個性豊かなカノンメンバー。

一人一人がキラキラと輝いていました。

充実のひととき。おつかれさまでした。

これからも楽しくギターを奏でましょう。

==========================

Dsc01852
リハーサル開始!
朝9時前に集まり、準備~リハ~本番と進みますが
まあこの日はスタートしたらあっという間の出来事って感じです。


Photo
この日はリハから調子も上々でしたよ!


Dsc01859
重奏のメンバーさんたち。
これは「小象の行進」のエンディングで
象が居眠りする様子の小芝居の確認(笑)

こういうことも手を抜かない
カノンメンバーなのでした。


Photo_2
黒田さんと「はかなき人生」。
丁々発止と弾き合うのが楽しい曲です。


Photo_3
黒田さんがカノン定演の司会を引き受けてくださるようになって、
これで10回目。10年だそうです。いつもありがとうございます。

というわけで、嬉しいツーショット!heart04


Dsc01876
打ち上げは大塚駅から徒歩3分の「ロマーノ」にて。beer
定演の打ち上げでまだギターを弾くっていうのがカノンの定番。

この時のために仕込んでくるところが凄いと毎回思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブのご案内

これからのライブ・イベントのご案内です。

2019年
3月3日(日) 珈琲とともに楽しむアンティークギターの響き
~リラギターの愉しみ ラコート作1828年を聴く~
永田珈琲(小平駅)にて 14時開演

5月5日(日) 深代朋子&長谷川郁夫19cギターライブ(仮題)
トポス(宿河原駅)にて 14:30開演

6月2日(日) 二つのフルートとギターのコンサート(仮題)
さくらホール(昭島・東中神駅)にて 出演:河野洋子・野原千代・長谷川郁夫

7月7日(日) ウクレレ&ギター サマーコンサート -7-
ホームギャラリー・ステッチ(立川・玉川上水駅)にて 出演:小山葉子・長谷川郁夫

9月5日(金) GGサロンコンサート 19cギターデュオの夕べ(仮題)
GGサロン(池袋・要町駅)にて 出演:岡野聡子・長谷川郁夫


10月20日(日) 珈琲とともに楽しむ ヴァイオリンとギターの響き -3-
永田珈琲(小平駅)にて 2回公演

イベント=====================

4月7日(日) ギターサークル・響 第22回ぽこぽこ音楽会(定演)
昭島市公民館(昭島駅)小ホールにて

4月14日(日) はせがわ音楽教室 第24回発表コンサート
たましんリスル小ホール(立川)にて

6月23日(日) むさむらギターサークル 第7回定期演奏会
武蔵村山市民会館さくらホール(小)にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

2019年 (平成31年) 謹賀新年

明けましておめでとうございます。
旧年中は皆さまに大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年も年末にカミさんと

年賀状代わりのアルペジョーネ演奏を撮りました。

どうぞ、ご笑納ください。


少し前にブログ冒頭のコンサート・イベント案内の

今年分を決まっている分、書き出してみましたが

今年は例年よりアンサンブルがさらに多い年になりそうです。

様々な方と音楽による交流、今から楽しみにしています。


先日発売されたGG2019年1月号の巻末には例年カレンダーが付いているのですが

190906gg

9月の項には6日にGGサロコン予定が入っています happy01

昨年は新潟の若手19世紀ギター弾き、植木和輝氏とのデュオでしたが

今年は麗しき19世紀ギター弾き、岡野聡子さんとのデュオを計画しています。


ほかにも、チラシ等が出来上がりましたら

随時ご案内いたしますのでご期待ください。


本年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

長谷川郁夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ