« 聴き比べ 低音弦ナイロン芯のハナバッハと絹芯のフィガロ | トップページ | 終了:リラギターの愉しみ ~ラコート作1828年を聴く~ »

2019年2月22日 (金)

ラコート作 リラギター 弦交換

Photo

来る3/3のライブに向けてリラギターの弦を交換しました。

今まで張っていた弦は

高音弦はプレーンガットで
第1弦 060
第2弦 076
第3弦 091

低音弦はハナバッハ・アルト用のもので外径
第4弦 064
第5弦 077
第6弦 094

今回は第2弦、第3弦はまだ使えそうなのでそのまま残し

第1弦を ガット 058 (キルシュナー・オイル仕上げ)

低音弦をキルシュナーのKN弦(メッキしない銅線巻)で
ガット換算値とこちらで計測した外径を書きますと
第4弦 1.28(外径068)
第5弦 1.65(外径084)
第6弦 2.20(外径113)

メッキをしない銅線の巻弦はふっくらとした柔らかい響きが特徴です。
外径で計測する限り、今回の低音弦の方が太くなり、
多分張力も若干上がったと思いますが、感触としては気になりません。
ただし、第6弦はやや重い鳴りだったので、
もう少し細くても良かったかなとも思います。

第1弦に張ったキルシュナー058はとてもきれいな音でよく歌います。
ニスコーティングの弦は耐久性が上がり長持ちしますが
このオイル仕上げ(ノーマル)は指馴染みの良さと自然な鳴りが良いです。
指頭で弾いてキュッキュ言わないのも良い点です。

来週、こちらのライブで演奏します。
190303ol

詳細はこちら(クリック)

|

« 聴き比べ 低音弦ナイロン芯のハナバッハと絹芯のフィガロ | トップページ | 終了:リラギターの愉しみ ~ラコート作1828年を聴く~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラコート作 リラギター 弦交換:

« 聴き比べ 低音弦ナイロン芯のハナバッハと絹芯のフィガロ | トップページ | 終了:リラギターの愉しみ ~ラコート作1828年を聴く~ »