« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月10日 (日)

祝!原典版完訳カルカッシギター完全教則本op.59

Dsc00009

先日現代ギター社より「原典版カルカッシギター教則本」が

満を持しての出版となりました。

監修の原善伸先生、翻訳の上谷直子先生、GGスタッフのみなさん

素晴らしい仕事をありがとうございます。

ギタリスト・作曲家・教育者としてのカルカッシのギターへの想いが

まっすぐ伝わる良書です。

19世紀ギターを知り、本来の姿を学ぶ上でも大変役立つでしょう。


というわけで3月9日はGGサロンへ出版記念のコンサートを聴きに行ってきました。

Dsc00008

監修の原先生によるこの出版について中身の紹介と演奏。

翻訳を担当された上谷先生がお話をされるシーンもあり大変興味深く拝聴しました。


わたしはペトルッチで手に入る英語版のファクシミリや

マインツショット版をよく見ていたのですが、

フランス語で書かれたより古い版の方が

信頼性が高いという事実を聞いて反省しました。


終演後は上谷先生からお話を伺う機会もあり、

カルカッシが指頭奏法を勧めていたという記述がある話などは

前段の構え方弾き方の項も含めて19世紀ギターに親しんでいる身には

なるほどとうなずけるところが多くありました。

何にしても、大変収穫の多かったコンサートでした。


=======================

14
席はもちろん最前列確保!
今回は最前列から埋まっていきましたね。
聴衆のみなさんのこのコンサートへの興味が熱いことを物語っていました。


Dsc00005
今回の使用ギターはサントスと黒田ラコートでした。


Dsc00006
これは原先生が集めた資料の一部。
この付箋は先生の研究の証し!
一番上の楽譜は初版のファクシミリ(仏語)ということでした。
これがカルカッシ先生の意志として一番信頼できるもののようです。
欲しいなー。


9
以下、様々なカルカッシ教本。
1960年代ごろのギターブームの影響からかいろいろな先生が監修された
たくさんのカルカッシ教本(日本語訳)が出版されたようです。
わたしはこの手のものは溝カル、阿部カルくらいしか知らなかったので、
このたくさんの本には圧倒されました。


2
1853年版のこれは英語があり割と見やすかったので
よく参考にしていましたが、これすらもミス、改変、削除などがあったのですね。

3
FBで呼びかけて集めた教本たち。
今時のSNSの繋がりの凄さも実感しました。


4
フォントやデザインからして古っぽい!


5
ギタリストのための50選、70選で(我々には)おなじみの近藤先生著。

6
これはペトルッチでダウンロード可能ですね。


10
1934年、戦前に出版されたもの。
もう、ページをめくるごとに壊れていくような(笑)!
歴史を感じますねー。


Dsc00010
この出版は実に快挙!とても素晴らしいです!(^^)
わたしも巻末の広告で応援しましたが
実物を見たら原先生の広告の隣で恐縮しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

終了:リラギターの愉しみ ~ラコート作1828年を聴く~

P3030212

3月3日は小平の名店永田珈琲こもれびにて8回目になるライブを行いました。

この日のテーマはラコートが製作した

1828年のリラギターを聴いていただくというものです。


当日は少し雨模様。

足元のお悪い中、小さな会場ですが一杯のお客様がいらしていただき感激しました。

お集まりいただいたみなさま本当にありがとうございます。


18世紀の成立といわれるリラギター。

当時の人たちのギリシャへの憧れが結晶化した

大変優雅なフォルムとギターとはまた違う典雅な音色。


ギターに慣れていると弾きにくさや不自由さを感じることもありますが

ちゃんと向き合うと実に魅力的な楽器なのです。


しかも、これはかのラコート作!

ホントによくぞ、わが手元に来てくれたものだと思います。


このリラは3年ほど前にやって来て

修理や調整を行い、研究というか慣れというか

いろいろ探りながら弾いていましたが、

ようやく昨年のGGサロンコンサートとその新潟公演で

初めてライブで使いました。


今回はこの楽器のみで演目を組み、

お客様に(わたしも)たっぷりとこの楽器の持つ世界を楽しんで戴く

ということを目指しました。


ライブは楽器のこと楽曲のこと、時代背景や

これらに対するわたしの想いなど、

いろいろおしゃべりを交えながら進めました。

Sn00013

《プログラム》

3つの華麗なるソナタより第2番 作品96-2 (ジュリアーニ 1781-1829伊)
 Ⅰ.グラツィオーソ Ⅱ.アレグレット

「ギターのためのレクリエイション」
レディースルームのアポロより (ティアベッリ 1781-1858墺)
  ベートーヴェンのメヌエット 神よ国王を護りたまえ(イギリス国歌)
ギタリストのための黄金の本より (コスト 1805-1883仏)
  アダム・ビロウのシャンソン(17世紀) モーツァルトのアダージョ
音楽のパノラマ~136の楽しいギター小品集「かっこう」より (メルツ1806-1856洪)
  夏の名残の薔薇/庭の千草(アイルランド民謡) 赤いサラファン(ロシア民謡)
  ロマネスカ(16世紀のイタリア舞曲) 小鳥ならば/夜汽車(ドイツ民謡)

6つのスコットランド民謡より 作品番号無し (ジュリアーニ)
 ライ麦畑を通って
 オールド・カントリー・バンプキン


「楽しいギターの練習」
練習曲集より (ソル 1778-1839西)
  作品6-8 アンダンティーノ 「門」
  作品35-17 モデラート  「夢」
  作品35-22 アレグレット 「月光」

25の練習曲 作品60より (カルカッシ 1792-1853伊)
  第3番 アンダンティーノ 「陽春」
  第6番 モデラート 「道」
  第12番 アンダンテ モッソ 「うつろい」
  第13番 アンダンテ グラツィオーソ 「西からの風」
  第24番 アンダンテ コン エスプレッシオーネ 「春の訪れ」

6つのアイルランド民謡より 作品125 (ジュリアーニ)
 春の日の花と輝く
 ギャリーオウエン 

リラギターはやさしく穏やかな曲がよく合います。

また、こもれびのような小さなスペースにもぴったり。


後半のソル・カルカッシのエチュードは

「夢」と「月光」以外わたしがタイトルを付けてみるという遊びをしました。

タイトルをつけるだけで

弾く方も聴くほうもその曲にぐっと親しみがわくでしょう?

ジュリアーニのスコットランド・アイルランド民謡集は

表紙に「リラのために」という記述がある作品です。

こうした民謡を竪琴型の楽器で演奏する

というイメージがあったのかなと思わせます。

=============================

P3030229
木のぬくもりを感じる空間にリラギターの典雅な音色が広がります。
この楽器は弦長58㎝。ギターとしては結構小型な部類です。
絵画などを参考に、(ギターよりも)立てて弾いています。

P3030239
これは休憩時間の様子。熱心なお客様からいろいろな質問を受けました。
このスペースは控室がないので開演前や休憩中も
ずっとお客様と顔を合わせているのですが
こうしておしゃべりなどで過ごすのも結構楽しいものです。


P3030271
終演。たくさんの拍手をいただき感謝感激!
こもれびギターコンサートのシリーズはわたしにとっても大変楽しいひと時です。


P3030207
3月3日はひなまつり。会場の中にもこんなひなかざりが出ていました。


190303ol
この日のチラシです。

次回は10月20日(日) 宮林陽子さんのヴァイオリンとデュオを予定しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »