« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月20日 (土)

聴き比べ フィガロ弦 アルミ巻と純銅巻 練習曲op.51-1(ジュリアーニ)

フィガロの19世紀ギター用低音弦試作品をテストしています。

《これまでのはなし》
ナイロンが開発され、一般化する以前のギター低音弦は
絹糸(ナイロンではなく)を芯線に使用し、細い金属線を巻いたものでした。
19世紀ギターにはもちろん絹芯がデフォルト仕様で
その音色こそが本来の19世紀ギターの音色と言えます。

そこで、2018年の11月半ば、国内の弦メーカーフィガロの藪社長にお会いした際に

「国産で19世紀ギターが喜ぶ絹芯の低音弦があったら嬉しい」

と話したところ、興味を持っていただき試作品を送っていただき
インプレッションを返すということが続いています。

先回の様子
ブログ
聴き比べ 低音弦ナイロン芯のハナバッハと絹芯のフィガロ

===============================

先回の試作品では第6・5弦が銀メッキをした銅線を巻いたもので
第4弦がアルミ線を巻いたものでした。
アルミは軽い金属なので弦が太くなります。
およそ6弦と同じくらいの太さでした。

弦が太くなると音色も太くなります。
4弦のみを弾いている分にはそれもよい感じなのですが
やはり、6・5弦からの繋がりは音色的にも感触的にも違いを感じるので、
第5・6弦と同じ仕様の第4弦を試したいとリクエストしたところ
メッキ線では重くなってしまう→線を細くしないといけない→耐久性下がる
ということで、純銅を巻線にした第4弦が送られてきました。

冒頭の写真はアルミ巻と純銅巻の第4弦を並べてみました。
太さの違いがお分かりになると思います。

今回の動画は4弦のみが違います。
(高音弦はガット、第5・6弦はフィガロ絹芯銀メッキ銅線巻)

 

さて、お聴きになってどのようにお感じになるでしょうか。

わたしのファーストインプレッションは・・・

アルミ巻きは時間が経過することで先回より
メッキ銅(第5・6弦)との音色の違いが出たように感じました。

銅巻4弦はそれに比べれば6-5弦からのつながりは良いと思います。
張力については鳴りも確保できてますのでこれでも大丈夫ですが、
もう少し強くしても良いかもしれないとも感じました。

銅巻は柔らかさがあり、シルク芯と相まってとても豊かな音色を出します。

わたしは(ナイロン芯で)銅巻とメッキ銅巻の違いを経験していますので、
この柔らかな響きは銅巻の音だなと感じます。

メッキ銅の方が比べれば響きにも感触にも硬質な感じるとお伝えしたところ
藪社長から
「前回の銀メッキ銅線の弦は純銅ではなく銅合金なんです⭐️
 フレットの洋白の硬さを考えて合金のものにしていました。
 メッキ巻線は黄色のグループの弦と同一です。」
とお返事をいただきました。

私個人の見解を言えば銅巻の音は好みなので、いっそのこと第5第6弦も銅巻にして
フィガロの19世紀ギター用低音弦は銅巻ということでも良いような気がします。
・・・とお伝えしました。

純銅は金属も柔らかいため、より硬い洋白のフレットに負けて
巻線が磨滅し耐久性が落ちるという事でしたが
逆に言えば、フレットは減りにくく、軽く柔らかな左手を要求される
という点ではいいかもしれないとも思いました。

弦が減ったら換えればいいのですから!(^^)

耐久性については今後の様子を見ていきたいと思っています。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

対話風二重奏曲 作品34-6(カルッリ)中島晴美さんと

昨日中島晴美さんのレッスンスタジオで遊んだ19世紀ギターデュオのセッション

ちょっとだけ公開します

曲はカルッリの作品では最も有名と言える

ト長調の序奏とロンドが入っている作品34

6つの対話風二重奏曲から第6番。

あまり弾かれないけど、いい曲でしょう!

 

お手合わせいただいたのはこの日が初めてですが、

音がうまく合ったらもう友達!?

「音楽=音を楽しむ」をリアルに感じるひと時でした。

| | コメント (0)

ギタリスト 中島晴美さん

Dsc_0071

昨日は祐天寺にある中島晴美さんのレッスンスタジオまで遊びに行ってきました。

中島晴美さん。優しく気さくに話してくださいますが、いつも品格を感じます。

ギター界では重要でとても大切な働きをされている重鎮ですからねえ!

お持ちの楽器、ガダニーニ(1829)や薔薇の装飾ギターなどを拝見し、

デュオもたくさん弾いて、いろいろな話にも花が咲き、本当に楽しい時間を過ごしました。

ギター(特に19世紀ギター!)をやっていると、こういういいことがありますね。

19世紀ギターのレパートリーには

こうして出会った時にパッと(初見で)弾いて楽しむような作品がたくさんあります。

 

晴美さん、ありがとうございました(^_^)/

中島晴美公式HP
http://www.asa-inter.com/

=================================

Dsc_0064

晴美さんの愛器、ガダニーニの1829年(伊)。
ヴァイオリンで名が通っていますが、
弦楽器製作の一族でこうしたギターもあります。

質実剛健、バスからトレブルまでパワフルに良く響きます
基本的に明るく開放的な鳴りかたですが、
指先のコントロールで、陰影もよく付く弾きやすい楽器でした。
白いフレットは骨ですね。
ブリッジ近辺の変色は小指を置いた跡か
小指を置くためのパーツが張られていたのかも。

 

Dsc_0063

もう一台の愛器は薔薇の装飾ギター(仏)。
ノーラベルですが19世紀中ごろでしょうか。
この貝の装飾は全部薔薇でまずはそこに目を奪われます。
カッコイー、痺れます!
ガダニーニを弾いたあとだと音量が小さく感じましたが、
フレンチらしいふっくらした音色が楽しめます。
音量よりも音色の豊かさを楽しむ感じでしょうか。

しかもこの楽器はガット仕様でした。
やっぱり、ガット弦はいい音するなあ。

この楽器を観て聴いて楽しむライブなんかあったら
ぜひ行きたくなるでしょう!!なんて話もしました。

Dsc_0068

装飾ギターがよくお似合いの晴美さん。
パールの首飾りとバラの装飾がマッチして素敵です。
立奏の話題もたくさん出て、意見交換をしました。
この日のデュオは全部立奏で弾きましたョ!

Zoom01391

曲はカルッリ6つの対話風二重奏曲作品34から後半の3曲4.5.6番と、
同じくカルッリの12のロマンスは全曲やってみました。
ソルの第一歩も弾きました。

 

Zoom01392

晴美さん、会心の出来。
わたしやや緊張?(笑)

立奏はそれだけで結構楽しいものですが
晴美さんの立奏は曲想に合わせて身体がよく揺れて
合わせていてイメージや思いがよく伝わってきました。
そこでアンサンブルがいっそう深まり・・・

そういうのがまた楽しいのです!

 

Dsc_0065

晴美さんお手製のスパゲッティ!
トリュフが練り込まれているとかで、香りが良く、
大変おいしくいただきました。ごちそうさまです(^^)

 

Dsc_0072

晴美さんのCD、ご本人から購入できました(^^)
演奏はもちろんのこと、音がすごくきれいに収録されて
聴いていて疲れることがありません。
フレタ1世の深い音色が素敵な演奏でたっぷり聴けます。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

ライブ告知:4月29日(月・祝)銀座

2019041600001

古代ギター・リラの調べ 長谷川郁夫コンサート
@銀座8丁目・ギャラリーART FOR THOUGHT

珍しい古代ギター・リラの調べを
長谷川郁夫演奏でお楽しみください。

会場は、井爪利惠子(フランス刺繍)と井爪利香(絵)の
母娘二人展開催中!
細部まで心配りが感じられる作品たちに囲まれて、
独特なリラの音を楽しまれていただきたいコンサートです。

ダイニングで供されるお食事やドリンクも美味!
ゴールデンウィークをアカデミックに始めてみませんか?

日時:4月29日(月・祝)18:30演奏開始〜20:00

会場:銀座8丁目のギャラリーカフェ&ダイニング
ART FOR THOUGHT
中央区銀座8丁目10-4 和孝銀座8丁目ビル1階

料金:おひとり3000円+2オーダー以上

ご予約・お問い合わせは
gallerycafe.pupu@gmail.com (あこう)

=============================

わたしの平成最後のライブはリラギターでした。

リラギターは18-19世紀の楽器なので

「古代」というほど古くはないのですが

大元のイメージはギリシャ時代の竪琴です。

 

この日は先日3/3に行ったライブに準じた内容の予定です。

レポートはこちらをクリック!

| | コメント (0)

終了:第24回発表コンサート

P4140303

2019年4月14日(日)たましんRISURUホールにて

第24回の発表コンサートが無事に終了しました。

今回の出演は29名。

小学生から70代まで、29名の生徒さんが元気に楽しく、

そして一生懸命に演奏を披露してくれました。

みなさん、おつかれさま。

応援に会場に集まってくれたみなさま、ありがとうございました。

本当にいい一日でした。

 

わたしの教室ではこれからGWをはさんで、また新しい1年がはじまります。

これからも楽しくギターを弾きましょう(^^)

================================

P4140559

今回は田村先生のウクレレの生徒さん、フォークの生徒さんも参加がありました。

というわけで、講師演奏もウクレレとギターにて

「天使のセレナーデ」(A.ポップ)

 

そして参加賞は今年も

2019_1

はせがわ音楽教室オフィシャル菓子!

の超限定品は

まずうちの生徒になって、

さらに発表コンサートに出ないと味わえないのですぞ!

2019

特製の似顔絵シールもつけて

 Photo

今年は丸いハニーカステラでした。

発表ステージのドキドキを甘いカステラが癒してくれます(^^)

 

24

来年も楽しくまいりましょう。

ちなみに次回第25回は4月25日(土)

同じく、たましんRISURUホールにておこないます。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

第7回むさむらギターサークル定期演奏会

1906237
 

第7回 むさむらギターサークル定期演奏会
2019年6月23日(日) 13:30開演
武蔵村山市民会館 さくらホール(小) 入場無料

わたしの指導する「むさむらギターサークル」(武蔵村山市)の

定期演奏会が近づいてきました。

メンバー一同、頑張って練習しています(^o^)丿

皆様のお越しをお待ちしております。

むさむらギターはいま少し人数が少ないので

もう少しメンバーが増えたらいいなと思っています。

お近くの我こそは!という方、次年度からでもぜひ一緒に演奏しませんか?

 

《プログラム》

トロイメライ

パッヘルベルのカノン

コーヒールンバ

みだれ髪

芭蕉布

サウンド オブ サイレンス

明日があるさ ほか

講師演奏もあります(^^)/

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

ライブ告知:6月2日(日)東中神(東京)

190602

初夏を彩るフルートとギターのハーモニー
フルートデュオ&ギター トリオコンサート
6月2日(日) 13:30オープン 14:00スタート
料金 前売3000円 当日3500円

ご予約・お問い合わせ:河野音楽事務所 042-545-0461
わたし宛のメール・メッセージでも承ります

満員御礼・チケット完売しました。
ありがとうございます。

会場:さくらオーディトリアム
JR青梅線 東中神駅下車5分
地図は上記チラシクリックにて。

 

久しぶりにフルートとの共演となりました。

フルートはあるときは優しく柔らかく

またあるときは煌びやかに響く風の音色です。

古い時代から、我々撥弦楽器とはよい相性でたくさんのレパートリーがあります。

今回の演目ではオリジナル曲でテデスコ「フルートとギターのためのソナチネ」

アレンジ曲ではシューマン「3つのロマンス」どちらも超名曲!

トリオではシューベルトがチェロパートを加えて

カルテットにアレンジ・出版したことで知られる

マティーカのノットゥルノ作品21を演奏します。

楽譜がフルート・ヴィオラ・ギターの編成のところ、

ヴィオラパートをアルトフルートにてアプローチしています。

その他トリオではアラカルト的な楽しいレパートリーも用意しています。

ギターソロも演奏の予定です。

 

会場のさくらオーディトリアムは

素晴らしい音響と素敵な内装を持った個人所有の小ホール。

わたしは初めてなのですが、大変評判の良いところで今から楽しみにしています。

 

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

《プログラム》

フルートとギターのためのソナチネ(テデスコ)

3つのロマンス(シューマン)

ノットゥルノ作品21(マティーカ)

トリオソナタ(テレマン)

トリオソナタ(サンマルティーニ)

4つのアメリカンダンス(デュアート)

スペイン舞曲集より(グラナドス)

ほか

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

終了:第22回ギターサークル響 ぽこぽこ音楽会

22

4月7日はわたしの指導するギターサークル響(昭島市)の定期演奏会でした。

22名のメンバーさんが一年間の集大成として

力を合わせて演奏会を作り上げる様子は感動的です。

お客様から頂くアンケートも良いところをたくさん書いてもらえて

それを読む打ち上げも大変盛り上がりました!

ギターサークル響はここからまた新しい一年の始まりです。

楽しくまいりましょう。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »