« ライブ告知:4月29日(月・祝)銀座 | トップページ | 対話風二重奏曲 作品34-6(カルッリ)中島晴美さんと »

2019年4月18日 (木)

ギタリスト 中島晴美さん

Dsc_0071

昨日は祐天寺にある中島晴美さんのレッスンスタジオまで遊びに行ってきました。

中島晴美さん。優しく気さくに話してくださいますが、いつも品格を感じます。

ギター界では重要でとても大切な働きをされている重鎮ですからねえ!

お持ちの楽器、ガダニーニ(1829)や薔薇の装飾ギターなどを拝見し、

デュオもたくさん弾いて、いろいろな話にも花が咲き、本当に楽しい時間を過ごしました。

ギター(特に19世紀ギター!)をやっていると、こういういいことがありますね。

19世紀ギターのレパートリーには

こうして出会った時にパッと(初見で)弾いて楽しむような作品がたくさんあります。

 

晴美さん、ありがとうございました(^_^)/

中島晴美公式HP
http://www.asa-inter.com/

=================================

Dsc_0064

晴美さんの愛器、ガダニーニの1829年(伊)。
ヴァイオリンで名が通っていますが、
弦楽器製作の一族でこうしたギターもあります。

質実剛健、バスからトレブルまでパワフルに良く響きます
基本的に明るく開放的な鳴りかたですが、
指先のコントロールで、陰影もよく付く弾きやすい楽器でした。
白いフレットは骨ですね。
ブリッジ近辺の変色は小指を置いた跡か
小指を置くためのパーツが張られていたのかも。

 

Dsc_0063

もう一台の愛器は薔薇の装飾ギター(仏)。
ノーラベルですが19世紀中ごろでしょうか。
この貝の装飾は全部薔薇でまずはそこに目を奪われます。
カッコイー、痺れます!
ガダニーニを弾いたあとだと音量が小さく感じましたが、
フレンチらしいふっくらした音色が楽しめます。
音量よりも音色の豊かさを楽しむ感じでしょうか。

しかもこの楽器はガット仕様でした。
やっぱり、ガット弦はいい音するなあ。

この楽器を観て聴いて楽しむライブなんかあったら
ぜひ行きたくなるでしょう!!なんて話もしました。

Dsc_0068

装飾ギターがよくお似合いの晴美さん。
パールの首飾りとバラの装飾がマッチして素敵です。
立奏の話題もたくさん出て、意見交換をしました。
この日のデュオは全部立奏で弾きましたョ!

Zoom01391

曲はカルッリ6つの対話風二重奏曲作品34から後半の3曲4.5.6番と、
同じくカルッリの12のロマンスは全曲やってみました。
ソルの第一歩も弾きました。

 

Zoom01392

晴美さん、会心の出来。
わたしやや緊張?(笑)

立奏はそれだけで結構楽しいものですが
晴美さんの立奏は曲想に合わせて身体がよく揺れて
合わせていてイメージや思いがよく伝わってきました。
そこでアンサンブルがいっそう深まり・・・

そういうのがまた楽しいのです!

 

Dsc_0065

晴美さんお手製のスパゲッティ!
トリュフが練り込まれているとかで、香りが良く、
大変おいしくいただきました。ごちそうさまです(^^)

 

Dsc_0072

晴美さんのCD、ご本人から購入できました(^^)
演奏はもちろんのこと、音がすごくきれいに収録されて
聴いていて疲れることがありません。
フレタ1世の深い音色が素敵な演奏でたっぷり聴けます。

|

« ライブ告知:4月29日(月・祝)銀座 | トップページ | 対話風二重奏曲 作品34-6(カルッリ)中島晴美さんと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブ告知:4月29日(月・祝)銀座 | トップページ | 対話風二重奏曲 作品34-6(カルッリ)中島晴美さんと »