« 原善伸先生を訪問しました | トップページ | 第22回ギターをもっと楽しむ会 »

2019年12月31日 (火)

2020年年賀動画 ロング ロング アゴー イングリッシュ フラジオレットとギター

これで3回目になる年賀動画をアップしました(^^)

謹賀新年
2020年 令和二年
みなさま、2019年は大変お世話になりました。
2020年もみなさまのご多幸をお祈りしております、
我々もますますがんばってまいります。
2020年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

=====================

今回の楽器はイングリッシュ フラジオレットという19世紀の笛で
演奏の楽器は当時のオリジナルです。
形を見るとリードのように見えますが、実はリコーダータイプです。
いくつかのキーもついていますが指孔は前面のみの6穴で
ティンホイッスルの先祖とも聞きます。
ごく軽い息圧で鳴り、柔らかく上品な音色を持っています。
運指もごく簡単で、気楽に音楽に親しむことができる感じかな。

ロング ロング アゴーはイギリスのバラッドで
久しぶりに会った昔の恋人と過ぎ去った日の思い出を語り合う
といった内容の歌でした。
日本でもいくつかの歌詞に翻訳され歌われています。

ワッペン型ギターはラベルがありませんが
ドイツ・オーストリア系でおよそ100年から向こうのものです。
シールド(盾)型などとも言われ、
ハウザー1世やワイスガーバーなども作っていました。

この個体はヘッドもスクロールしていて、指板もスカロップ加工と
当時のイカしたギターって感じでしょうね。

|

« 原善伸先生を訪問しました | トップページ | 第22回ギターをもっと楽しむ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原善伸先生を訪問しました | トップページ | 第22回ギターをもっと楽しむ会 »