« ガット弦と巻弦のこと~ピラストロマスと銀めっき | トップページ | 聴き比べ ハウザー三世1991年とワイスガーバー1918年 「アングレース(カルッリ)」「アンダンテ(アグアド)」 »

2020年1月29日 (水)

アルペジョーネができました!

先日(1/17-18)長野は上田の石井栄さんの工房に行ってきました。

今回の目的はギタリストなら一度は弾いてみたいアノ楽器!

Dsc04076

チェロのようでチェロではない(べんべん!)

6本弦で24の金属フレット持ち、ギター調弦。

弓で弾くギター。ギターヴィオロンチェロともよばれました。

Dsc04070

石井工房のサロンにて。

これはシューベルトの「アルペジョーネソナタ」で

名が知られる楽器、アルペジョーネでした。

ギターとチェロを融合させた19世紀の発明楽器で、

ギターが弾ければ左手の運指はもうわかっているも同然。

我々にとってはなかなか面白い楽器です。

石井さんがいろいろ説明しながら弾いてくれました。

普段からヴィオラダガンバの合奏サークルに参加している石井さんは

ボウイングもとても上手で良い音を響かせていました。

ちなみにわたしはすごく下手です。。。心はあるのですが(笑)

弾き遊んでいるうちにうまくならないかなあ。

Dsc04073

これは今回のアルペジョーネと同時期に作ったという

中世フィドル(だったかな)。

石井工房は二度目の訪問でしたが

今回もいろいろな音楽談義、楽器談義が楽しいひとときでした。

Dsc04077

石井さん、ありがとうございます(^^)/大切にします。

さあ、受け取りました!
このアルペジョーネがうちにやってきます。

これで何かできるようになりたい(笑)

=================================

さて、以降はせっかくの遠出だったので観光編!

Dsc04067
今年は雪もなくスイスイ。
しかも高速道路は完全に空いていました。
浅間山(ですよね?)が綺麗に見えました。

Dsc04062
上越道と言えば横川SA。
よこかわといえば、これでしょう(^o^)丿
Dsc00423
何が入っているか
どんな味かもわかってるんですが
やっぱり買っちゃうね!
おぎのや峠の釜めし。

Dsc04065
某マジシャン風…ハイ、来てます、来てます。
佐久平も全然雪なし。
Dsc04097
信州上田と言えば真田!
上田城址を散策しました。
Dsc04101
最近あると必ずやらされる顔出しパネル。
わたしがやりたがっているわけではないですよ。

Dsc04102
真田と言えば六文銭。
上田は街中が六文銭でいっぱいです。

Dsc00435
ちなみにこれは六文銭そば。
何でも六文銭だ!
Dsc04106
雷電力士に抱かれてみました。
か、顔が近いっ。

Dsc04114
下りの横川SAではこんな休憩室がありました。
車両や椅子は本物でちょっといい感じ。
また釜めし買っちゃいましたよ~(笑)

|

« ガット弦と巻弦のこと~ピラストロマスと銀めっき | トップページ | 聴き比べ ハウザー三世1991年とワイスガーバー1918年 「アングレース(カルッリ)」「アンダンテ(アグアド)」 »

コメント

懐かしくメール拝見いたしました。アルペジョーネはどんな音なのでしょうか?チェロのような音色なのでしょうか?ギターのような音色でしょうか?また弓で三音以上の和音はどのように弾くのでしょうか?先生のあくなき音の探求には敬服です。益々のご発展を祈念しております。(私は主夫業に専念しており演奏会等への出席はできません。ご容赦ください。また時間があればギターの基本と独奏を練習しております。初級の域は出ません。難し!)

投稿: 因幡 政男 | 2020年2月26日 (水) 12時47分

因幡さん、お久しぶりですね!
コメントありがとうございます。

アルペジョーネはどちらかと言えばチェロの音ですね。
左手の運指はギターです。
三音以上の和音は基本的に出しません。
基本はメロディ楽器といえます。

いつかぜひうちの教室に遊びに来てください。
ご覧にいれます(^o^)丿
へー!と思いますよ!

投稿: はせがわ | 2020年2月26日 (水) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガット弦と巻弦のこと~ピラストロマスと銀めっき | トップページ | 聴き比べ ハウザー三世1991年とワイスガーバー1918年 「アングレース(カルッリ)」「アンダンテ(アグアド)」 »