« アクイラの弦「ガット&シルク」と「セタ」 | トップページ | テルツギター G.シュタウファー 1830ca. 弦交換 »

2020年3月 7日 (土)

フィガロ絹芯低音弦のゲージを測ってみました

フィガロの19世紀ギター用純銅巻絹芯低音弦
ゲージ(太さ)を実測してみました。

RE 0.77
LA 0.91
MI 1.02

数値を見て思ったより太いなと感じました。
その割にはあまり張りが強く感じません(個人的感想)。

|

« アクイラの弦「ガット&シルク」と「セタ」 | トップページ | テルツギター G.シュタウファー 1830ca. 弦交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アクイラの弦「ガット&シルク」と「セタ」 | トップページ | テルツギター G.シュタウファー 1830ca. 弦交換 »