« ひとりギター四重奏で「グリーンスリーブスの旋律によるプレリュード」長谷川郁夫作曲 多重録画やってみた!の3 | トップページ | ひとり三重奏で「北の国から」長谷川郁夫編曲 多重録画やってみた!の4 »

2020年5月20日 (水)

パエリア作りました。

202005190001

今月は時々夕飯を作らせてもらっています(^^)

今日は パエリア♪

去年の3月はパエリアの故郷バレンシアに行ったなー・・・
なんて思い出しながら。

さてさて、どうやって作ったかというと

市販のシーフードミックス はごく軽い塩コショウで炒めます。
臭みを取るのに白ワインも入れたかったのですが、無かったので米焼酎を少し。
冷凍ものですから、炒めるというよりは火を通すくらいの感じです。
水分が出ますが、これも出汁として使おうと適当なところ終了でとり置きます。

続いてはみじん切りの玉ねぎとニンジン、あとニンニクを炒めて
これも適当なところで生米を投入。
そのまま炒めて米が透明になってきたら炊きダレスープを入れます。

炊きダレは今回試してみたかったアイデアですが
近所のディスカウントスーパー「ジェーソン」にて叩き売り価格で入手した
レトルトの「じっくりコトコト煮込んだスープ“海老のビスク”」と
伊藤園の「トマトのスパイシースープ」缶飲料タイプを混ぜ、
水を適当に加えて塩分を調整しました。
米2合に対して加える水分量は440ccくらいかな。

グツグツしてきたらさっきのシーフードミックスも混ぜ合わせ
色どりに緑の黄色のピーマン、それから常備菜のブロッコリーも乗せて
蓋して弱火でだいたい15分くらいかなー。

あとはコメの硬さを確かめながら
水分が無くて硬かったら水を少し加えます。
火を止めてからは少し蒸らすといいみたい。
お焦げも上手にできました。

食べ終えて感想としては
海老のスープのおかげでうまみ成分はまあまあ満足だったんですが
サフランが入っていないのであの味とはちょっと違うんだよなー(^_^;)

というわけで、「鉄は熱いうちに打て」とも言いますし、
ついポチったのはこちら(^^ゞ


マスコット サフラン 1g

次回はサフランを使って作ってみましょう(^o^)丿

サフランて高級品でしょう、
だいたいどのくらいの量を使うのかなと思って調べてみましたが
ほとんどの表記は

ひとつまみ

って書いてあるんですよね(^_^;)ワカラン

さらに調べていったら0.2グラムくらいかなって感じでした。(2合で)
そうすると、5回分かぁなんて思ったり。
あ、このサフランの商品ページには
サフランライスにはコメ3合に対してサフラン4~5本とありました。

面白かったのは何かサフランって物忘れに効くんですか?
どこかのレビューに

「お酒を飲むと記憶が無くなるようになったので
 飲む前にサフラン茶を飲むようにしたら
 どうやって帰ったかはわかるくらいまで改善しました」

ってのがあって思わず吹きました(笑)

それから、ついでと言ってはアレですが


【スペインを代表する品種アイレンを100% 使用】
 ガルシア・カリオン アイレン 3000ml

これも一緒にポチしたことをここに告白いたします(^^ゞ
料理用か、飲用かは・・・あなた、いや、わたし次第です!(笑)

|

« ひとりギター四重奏で「グリーンスリーブスの旋律によるプレリュード」長谷川郁夫作曲 多重録画やってみた!の3 | トップページ | ひとり三重奏で「北の国から」長谷川郁夫編曲 多重録画やってみた!の4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりギター四重奏で「グリーンスリーブスの旋律によるプレリュード」長谷川郁夫作曲 多重録画やってみた!の3 | トップページ | ひとり三重奏で「北の国から」長谷川郁夫編曲 多重録画やってみた!の4 »