« ハワイごよみ365日~季節ごとに楽しむ、島々の素顔 近藤純夫 著【本紹介】 | トップページ | パエリア作りました。 »

2020年5月18日 (月)

ひとりギター四重奏で「グリーンスリーブスの旋律によるプレリュード」長谷川郁夫作曲 多重録画やってみた!の3

「グリーンスリーブスの旋律によるプレリュード」
長谷川郁夫作曲
Prelude on the melody of Greensleeves
Comp. Ikuo HASEGAWA
録画機材 zoomQ2n https://amzn.to/2WCtdFW

このセットは欲しいものが初めから揃っていてお得感アリ。

多重録画チャレンジの3回目はギター四重奏をやってみました。・・・とは言え、3人でも弾けるような楽譜ではあります。パートが増えると編集の手間は増えますがシンプルなものよりアラも目立ちにくいような気がしますね(^^ゞ

やり方は前回同様、まず指揮しながら歌っているビデオを撮り、そこにパートを重ねていきました。全部自分なんで、気持ちが通じるところがあったりして(笑)そんなに弾きにくさは感じません。だんだん楽しくなってきました(^^)

曲はグリーンスリーブスの旋律を内声に置き3パート足してバロック時代のプレリュード的なイメージで作りました。

昔、中学のギター部で合奏をやっていたときに早川正明氏作曲の「わらべうたの主題によるプレリュードとフーガ」という曲があって、テーマは“どじょっこふなっこ”でした。曲解説にはプレリュードもフーガも“どじょっこ~”のメロディとありましたが、プレリュードにこのメロディが含まれていることが当初よく理解できませんでした。
それからしばらく経ったある日、ようやく 内声部にものすごくゆっくりの同メロディが置いてあることに気が付いたときは「こんなことができるのか!」「こんな作り方があるのか!」といたく感動したものです。
この曲を書いたのはその中学生の時の感動の思い出がきっかけです。

この作品、パッと聴きは全然グリーンスリーブスに聴こえませんが、左の大きなわたしがゆっくりグリーンスリーブスのメロディを奏でています。

楽譜は現代ギター社の出版、日本ギター合奏連盟編の「ギターアンサンブルレパートリー7」に収録されましたが、もうかれこれ20年くらい前の本です。

|

« ハワイごよみ365日~季節ごとに楽しむ、島々の素顔 近藤純夫 著【本紹介】 | トップページ | パエリア作りました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハワイごよみ365日~季節ごとに楽しむ、島々の素顔 近藤純夫 著【本紹介】 | トップページ | パエリア作りました。 »