« 弦の取り付け順を変えてみた!リュートギター | トップページ | NETDUETTOβ2 かなり快適に二重奏ができた例 ロマンス(キュフナー) »

2020年5月 2日 (土)

NETDUETTOβ2試用のつづき(ちょっとまとめ)

先回「音質劣化と遅延の例」としてアップしたYさんとのセッションですが、
今回Yさんがオーディオインターフェイスと外部マイクを装備しリベンジです!

これで互いがほぼヤマハの推奨環境になりました。
まあ、ちょっと聴いてみてください。

前回に比べ音質も良好、遅延は全く気にならなくなり、
これならアンサンブルする充実感や楽しみも感じられます。
「すごいなー、すごいなー」と双方でしきりに感心しました(^o^)丿

ちなみに、独奏の月光を弾いているのがYさんでメロディを弾いているのがわたしです。
逆もやってみましたが(↓)、
意図的にタイミングを計るようなこともなく全く問題なしでした(^o^)丿

これらはわたしのヘッドホンに聞こえる音(と同じもの)を
レコーダーに流して録音していますが、
ヘッドホンで聞いた音の方がもう少しよかったように思います。
たぶんレコーダーにつなげているケーブルが良くないのではないかと想像中です。
このアップにあたっての調整はノーマライズのみで他はそのままです。

===========================

以下先回掲載の「音質劣化と遅延の例」
Yさんの環境がASIO不使用・内臓マイクでした。
会話では特に問題ありませんでしたが
アンサンブルは難しいくらいの遅延でした。

この下はもうそのもう一つ前、生徒さんとやったものですが
先方は「光回線・Wi-Fi接続・asio4allからのASIOドライバ・内臓マイク」
という環境で、少し遅延が発生しています。

実はYさんとのセッションの前にこの生徒さんと
NETDUETTOβ2でのレッスンをしましたが、
今回は先方が有線LAN接続し、IPv6回線に変更、
あとASIOドライバの設定もいろいろ詰めたようです。
録音はしていませんが、遅延はかなり少なくなり重奏も快適でした。

|

« 弦の取り付け順を変えてみた!リュートギター | トップページ | NETDUETTOβ2 かなり快適に二重奏ができた例 ロマンス(キュフナー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弦の取り付け順を変えてみた!リュートギター | トップページ | NETDUETTOβ2 かなり快適に二重奏ができた例 ロマンス(キュフナー) »