« プリンク、プレンク、プランク!(アンダーソン~江部賢一編) | トップページ | 発表DVDができました! »

2020年7月18日 (土)

A.E.パスカル1922年 弦交換

Dsc_01591

10月にチェンバロとのファリャ「はかなき人生」の共演を予定しています。

楽譜は基本的にプジョール編のギターデュオ版を使います。

相手がチェンバロでピッチも415Hzということで

ギターはガット弦にしようと思って今回弦交換しました。

 

弦はサバレス社が出しているギター用ガット弦のセット。

第1弦から第3弦はリアルガットで()内実測値

第1弦 0.66mm(0.67)
第2弦 0.74mm(0.75)
第3弦 0.97mm(0.97)

第4弦から第6弦はナイロン芯の銅巻き線で

実測
第4弦 0.73mm
第5弦 0.87mm
第6弦 0.97mm

でした。

感触としては415Hz調弦で第1~3弦は丁度良いくらい。
低音側は第4弦がちょうどよく、第5弦は少し緩く、
第6弦はさらにもう少し緩く感じましたが、
弾きにくいほどでもありません。
メッキ無し銅線らしい、やわらかな音色が心地よいです。

 

|

« プリンク、プレンク、プランク!(アンダーソン~江部賢一編) | トップページ | 発表DVDができました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリンク、プレンク、プランク!(アンダーソン~江部賢一編) | トップページ | 発表DVDができました! »