« 指頭奏法・実践編(3)追伸 | トップページ

2021年1月 1日 (金)

年賀動画 ドンジョバンニのセレナーデ(モーツァルト)アルペジョーネとワッペンギター

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
2020年は大変お世話になりました。
コロナ禍に見舞われた一年でしたが無事にお過ごしでしょうか。
2021年は世の中が日常が取り戻せるよう願いつつ
みなさまのご多幸をお祈りしております、
我々も明るくがんばってまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

===========================
今年の演奏はモーツァルトを選びました。
オペラ「ドン・ジョバンニ」からセレナーデ「窓辺においで」
アレンジは19世紀のギターリスト・ディアベッリのギターデュオ編や
(現代の)ギター合奏譜を参考に自分たちで作りました。
アルペジョーネとウィーンスタイルのギターで弾くには
最もふさわしい曲かなと思います(^^)

わたしの弓さばきは相変わらずつたないのですが
楽しくやっています。

アルペジョーネ(arpeggione)は19世紀初頭に発明された
ギターとチェロのハイブリッド楽器で
ヴィオロンチェロ・ギターなどともよばれていました。
この楽器は長野の名工、石井栄氏による2019年作レプリカです。

ワッペン型ギターはラベルがありませんが
ドイツ・オーストリア系でおよそ100年から向こうのものです。
シールド(盾)型などとも言われ、
ハウザー1世やワイスガーバーなども作っていました。

この個体はヘッドもスクロールしていて、指板もスカロップ加工と
当時のイカしたギターって感じでしょうね。

|

« 指頭奏法・実践編(3)追伸 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 指頭奏法・実践編(3)追伸 | トップページ