« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月28日 (月)

弦楽セレナーデ アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク 立川市ギター倶楽部

Photo_20210628004301

2021.6.24 収録
弦楽セレナーデ K.525 より第1楽章(モーツァルト)
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
演奏:立川市ギター倶楽部
指揮):長谷川郁夫

6/24に3曲収録した立川市ギター倶楽部の演奏の3曲目はモーツァルトのアイネ・クライネ・ナハト・ムジークから第1楽章です。セレナーデ音楽は野外音楽という性格から管楽器が加わることが一般的ですが、この曲は弦5部の編成で書かれていることから「弦楽セレナーデ」と呼ばれています。音楽の仲間内では「アイネク」なんて呼ばれることも多いです。モーツァルトの・・・というよりクラシックの名曲中の名曲で冒頭のファンファーレのような序奏は「誰でも知っている」と言って過言ではないでしょう。
このような有名曲は誰もが弾いてみたくなるのでしょう、様々な楽器編成のアレンジが世に出ていますがクラシックギター合奏も例外ではありません。このアレンジはジェレミー・スパークスによるもので原曲のパート構成や音の動きをなるべく踏襲するように作られたオーソドックスなものですが、こういう曲の場合奇をてらったものや独自のアイデアでいじったものより結局こういうアプローチが一番音楽に迫りやすく、演奏を作りやすいと感じます。

今回の立川市ギター倶楽部の演奏紹介はとりあえずここまでですが、ギターサークルは毎週くらいに気の置けない仲間が集まり、ある時はモーツァルト、またある時はグレンミラーなど音楽とアンサンブルを深めて楽しんでいてそれはそれは素敵な時間を過ごしています。そして年に何度かは発表のシーンもあり、それに向けて力を結集していくのもいいものです。また機会があればこのサークルや他のサークルも演奏紹介できたらと思っています。

立川市ギター倶楽部について
東京都立川市で活動するアマチュアギターサークルです。創設は1971年と長い歴史を持っており、わたしは2006年から指導を担当しています。例年12月に定期演奏会を開いています。会員は随時募集中。仲間になって一緒にギターを弾きたいな!という方はお気軽にお問い合わせください。


立川市ギター倶楽部HP 
https://tachikawa-guitar.org/

| | | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

第33回ギター重奏コンクールに参加しました

20210627001


今日は日本ギター合奏連盟主催の日本ギター重奏フェスタ~第33回重奏コンクールに参加してきました。
メンバーは黒川雅代さんと西山英和さん、どちらもわたしの指導するギターサークルの会長さんで、それとわたしで三重奏。このトリオは始めてからだいたい1年弱になります。このご時世というのもあるのですが、そもそも少し離れたところに住んでいるということもあってヤマハのシンクルームというオンラインでアンサンブルができるアプリを使い主に指導と練習を進めてきました。だからいつもの練習場所はサイバー空間(^o^)丿カッコイイ!  なかなかすごい時代になったものです。そんなわけでトリオ名も「ギタートリオ・シンクタイム」としました。
 
今回のコンクールは参加5組。今いろいろなところで活躍している人気女性ギターカルテット「アネモネ」ちゃんからのデュオなんかも参加していたし、ガンガン弾けちゃう若い方多かったですね。まあ、そんな中我々は一番年長ユニットだったかな。それぞれ膝が痛いだの、楽譜が霞んで見えるだの、服が入らないだの言いながら(笑)アダルトな味わいを醸してがんばりましたよー(^^)
 
コンクールを受ける側なんて、わたしは学生の頃くらいからですから何十年ぶりでしょうねえ。まあ、一応先生なんでそれなりに個人的なプレッシャーも感じつつ(^^ゞでもこのピリリとした感じと(プロ同士ではなく)指導するサークルのメンバーさんとその時間を共有する感無量みたいな気持ちというのでしょうか、それらを味わいながら弾いていました。
 
結果は一般奨励賞とHARUMI賞をゲット!(^o^)丿ヤッター!
 
というわけで今日は楽しく演奏できたし、結果も伴って西山さんも黒川さんも喜んでていい一日でした。よかったよかった。
合奏連盟の先生方、今日は大変お世話になりました。ありがとうございました。あと、会場に応援に来てくれたサークルの方々嬉しかったよー!
 
ギタートリオ・シンクタイムはこの後も目標を作ってさらに楽しくアンサンブルを深めていこうと思っています。
Photo_20210627230201
現代曲のトリオあるいはそれ以上の編成で佳演したグループに戴けるHARUMI賞。
ご提供くださった中島晴美さんと喜びのメンバー。
20210627002
戴いた賞状と賞品、そして金二封!!

| | | コメント (0)

2021年6月26日 (土)

ムーンライト・セレナーデ 立川市ギター倶楽部

Photo_20210626095401

2021.6.24 収録
ムーンライト・セレナーデ(G.ミラー)
演奏:立川市ギター倶楽部
指揮:長谷川郁夫

先回のイン・ザ・ムードに続いて今度はスウィングに乗ってとろけるような甘いメロディが魅惑のグレンミラー名作ムーンライト・セレナーデ。メンバーさんも「ウットリ」を味わいながら弾いていました。アレンジは平倉信行さんでピッチカートのベース音が安定した心地よさを醸していますね。平倉さんはアンサンブルのレパートリーをたくさん提供され、そのアレンジも大変効果的で優れておりギターサークルや重奏グループにはとても貴重な存在と言えます。

※気に入っていただけましたらチャンネル登録と「いいね!」ボタンお願いいたします(^^)

立川市ギター倶楽部について
東京都立川市で活動するアマチュアギターサークルです。創設は1971年と長い歴史を持っており、わたしは2006年から指導を担当しています。例年12月に定期演奏会を開いています。会員は随時募集中。仲間になって一緒にギターを弾きたいな!という方はお気軽にお問い合わせください。

立川市ギター倶楽部HP https://tachikawa-guitar.org/

| | | コメント (0)

2021年6月25日 (金)

イン・ザ・ムード 立川市ギター倶楽部

Photo_20210625175601

2021.6.24 収録
イン・ザ・ムード(J.ガーランド)
演奏:立川市ギター倶楽部
指揮(コンバスギター):長谷川郁夫

昨日はわたしの指導する立川市ギター倶楽部で動画を収録しました。・・・というのも、実は去る5月9日に府中でギターサークルのフェスティバルに参加する予定だったのですがコロナの緊急事態で催しが中止になり、かわりに出場団体それぞれの録画を集めてweb上でフェスティバルをやろうということになり、それを昨日収録したということなんです。せっかく練習して仕上げた演奏、こういう形でも発表できてよかったですね。

イン・ザ・ムードはグレンミラー楽団の演奏で知られる名曲。江部賢一さんによる響きの良いアレンジです。立ギのみなさんがあまりにも楽しそうなのでコンバスギターを持参するからとわたしも一緒に混ぜてもらいました。いつもわたしはだいたい前で指揮をしているのですが、時々こうして一緒に演奏に加わるシーンがあります。とても楽しいひとときであります。今回は3曲収録したので追々アップしていきたいと思います。

※気に入っていただけましたらチャンネル登録と「いいね!」ボタンお願いいたします(^^)

立川市ギター倶楽部について
東京都立川市で活動するアマチュアギターサークルです。創設は1971年と長い歴史を持っており、わたしは2006年から指導を担当しています。例年12月に定期演奏会を開いています。会員は随時募集中。仲間になって一緒にギターを弾きたいな!という方はお気軽にお問い合わせください。

立川市ギター倶楽部HP https://tachikawa-guitar.org/

| | | コメント (0)

2021年6月23日 (水)

2台のギターのための24の漸進的なレッスン~第16曲(カルッリ)

2台のギターのための24の漸進的なレッスン~
ギターのための総合的教則本Op.27より(カルッリ)

演奏
小川和隆(パノルモ1847年)
長谷川郁夫(ラコート1828年)

第16曲:アンダンティーノ ト長調 6/8拍子
この曲はA-B-Aの3部構成になっています。Aの部分はカルッリらしい爽やかな音運びで実に平和な世界を描いていますが転調しBに進むと様子が少しずつ変わってきます。いや、はじめの方こそ穏やかな日差しの中歩いているのですが、第34小節(
01:29)あたりで二人はどこへ続くかわからない不思議な入口に出会います。「行ってみようか?」「うん、行ってみよう」…そこは階段になっていて二人は吸い込まれるように奥へ奥へと進んでいきます。気がつくと外の音はもう何も聞こえない深い深い地下へ…第52小節(02:07)。「もう戻ろうよ、そうしないと曲が終わらないよ、、、」「そうだね、僕もちょっと怖くなってきた」「大丈夫かな?」「…うん、来た道を間違えずに戻ればきっと」二人はゆっくり出口に向かいます…第61小節(02:31)。そして…「やった~!出てこれた」「よかったねー!」とうとう無事に地上に出ることができたのでした、めでたしめでたし…第70小節(02:57)。

実は楽譜には曲想に関する指示はほとんどありませんでした。それで「はて、どうしたものか」と思っていたところ、小川さんから「どんどん沈んでいく感じで・・・ここから浮き上がってくる感じで」というサジェスチョンがあり、こんなイメージをもってアプローチしました。こういう作品はついつい平板に弾くと「なんだ、繰り返しばかりでつまらない曲だな!」で終わりがちですが、こんな風に“本を読むように”感じることも大切と思いその一例として解説に書いてみました。ヘンゼルとグレーテルが森に迷い込むシーン、はたまた息を止めて潜水泳したときのことなどが脳裏をよぎりました。

カルッリ先生、あの途方もない応答の連続には意表を突かれましたが、われわれのこんなイメージはいかがでしょうか。

もちろん、解説に描いたのは一般的なものというよりは個人の感想的なものですから、この演奏を聴いてわたしだったらこう感じるとか、楽譜を見て自分ならこう弾いてみたいなんていうのをいろいろ巡らせてみるのも楽しいと思います。

Sn00001

| | | コメント (0)

ライブ告知:7月25日(日) 立川・玉川上水駅

210725

ウクレレ&ギター サマーコンサート 8
2021年7月25日(日)2回公演
13:30開演の部(満席) & 15:30開演の部
各回20名様まで それぞれ30分前開場です。

出演:i-leaf 小山葉子(ウクレレ・ボーカル) 長谷川郁夫
会場 ホーム ギャラリー ステッチ
場所 西武拝島線・多摩モノレール 玉川上水駅より徒歩10分
料金 前売 2500円 要予約
13:30からの回は満席となりました。
問い合わせ&ご予約 i.has@nifty.com (はせがわ)

ハワイアンとポップスを集めたウクレレとギターのライブ、
昨年はできませんでしたが、今年はやります!1
19世紀ギターによる二重奏も少し入れています。

みなさまのお越しをお待ちしております。

以下は、2016年の同ライブより。

i-leaf HP

| | | コメント (0)

2021年6月17日 (木)

2台のギターのための24の漸進的なレッスン~第15曲(カルッリ)

2台のギターのための24の漸進的なレッスン~
ギターのための総合的教則本Op.27より(カルッリ)

演奏
小川和隆(パノルモ1847年)
長谷川郁夫(ラコート1828年)

第15曲:アレグレット コン ポコ モート ハ長調 2/4拍子
第13曲ト短調~第14曲ハ短調とフラット系の短調が続いてこの二重奏レッスンも少しシリアスな感じになってきたから、ここらで天衣無縫なハ長調の響きに戻しカラリとした冒頭のテーマで「味変」をしてみたって感じでしょうかねえ(笑)?と話しながら収録を進めました。
ただし同じハ長調でも最初の頃のシンプルな構成と違って中間部では転調を伴って執拗に同じ音型のやり取りが繰り返されます。こういうシチュエーションで演奏者の気分も実際の演奏の表情もいかに単色にならないようにするかがカルッリ先生からのお題かなと思われます。
話しと言えばこんなことも…。割とシンプルな速度指示ばかりだったこのシリーズですが、この曲は「Allegretto con poco moto」と少し踏み込んだ言葉が加えられています。con motoはいろいろな曲でよく見かけますが意味としては「動きを持って」で活力のあるイメージから少し速めのテンポを設定したりもします。ですがここではそれを少々抑制するような感じでしょうか、poco(少し)という単語が入っていますがそれについて。楽譜を見るとセカンド先生パートの最後がオクターブで重なっていて、その効果はイメージできるものの結構演奏が大変なところでもあります。逆に言うとここがイイ感じで弾ける程度のcon motoということでどうでしょう…などなど。そんな意見交換をしながらのギターアンサンブルは本当に楽しい時間です。

Sn00001

| | | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

2台のギターのための24の漸進的なレッスン~第14曲(カルッリ)

2台のギターのための24の漸進的なレッスン~
ギターのための総合的教則本Op.27より(カルッリ)

演奏
小川和隆(パノルモ1847年)
長谷川郁夫(ラコート1828年)

第14曲:アンダンティーノ ハ短調 2/4拍子
前曲のモーツァルトの調といわれるト短調に続いて今度はハ短調。こちらは交響曲「運命」やピアノソナタ「悲愴」などベートーヴェンの思い入れが深かった調などと言われていますが、この二重奏練習曲も後半に入りその辺りを意識して作っているでしょうか。エチュードというくくりであっても人を楽しませることを忘れないカルッリ先生のサービス精神が存分に発揮されていると感じます。ちなみにカルッリ先生はベートーヴェンと同い年。ベートーヴェンをリスペクトした作品もあります。
ハ短調はシ・ミ・ラがフラット。フラット系の調はギターにとってどんどん開放弦が封じられていきますから、どちらかと言えば不得意な部類ですがこの曲ではそれほど弾きにくいこともなく渋い響きを楽しめるように作られています。
冒頭のメロディはわたしが厳しさをイメージしてやや速めでがっちりした弾き方をしていたところ、小川さんから「悲しみを湛えたイメージではどう?」との提案を受け「なるほど!」とこの演奏になりました。

Sn00001

| | | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

2台のギターのための24の漸進的なレッスン~第13曲(カルッリ)

2台のギターのための24の漸進的なレッスン~
ギターのための総合的教則本Op.27より(カルッリ)

演奏
小川和隆(パノルモ1847年)
長谷川郁夫(ラコート1828年)

第13曲:アンダンテ ト短調 3/4拍子
ト短調については当時の音楽界にモーツァルトの二つの交響曲の影響などもあるのかもしれませんが、カルッリのエチュード、それも30小節にも満たないこの小品中にも胸が詰まるような独特の気分があるように思います。そう言えば、ジュリアーニの書くト短調の音楽でもそんな曲がありました。曲は旋律と伴奏を交互に繰り返す対話、付点音符と三連符セクションの対比で進んでいきます。特に付点音符セクションでは転調によって色合いが変わる様子を音量や音色だけではなく、付点音符そのものの弾き方も鋭くしたり緩くしたりという表情を付けて演奏するようにしています。

Sn00001

| | | コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

カブで日帰りツーリング!

Dsc01030-2

昨日は一日雨も降らないということだったんで
日帰りツーリングに行ってきました。
実はわたし、カブ主なんです。
*****
青梅街道を奥多摩方面へ~奥多摩湖過ぎて~一ノ瀬高原へ
 ~戻って丹波山村“のめこい湯”でひとっ風呂~帰宅。
久しぶりのツーリング、楽しかったなー(^^)
わたしのような仕事だとそんなに日頃のストレスもたまらないのですが、
それでもやっぱり行って帰ってくるとなんか気分もリフレッシュします。
きっと日頃の生活で自分の中の自然がちょっと不足するんでしょうね。
草木の緑や山の形を見たり土のにおいをかいだり、
虫の声やせせらぎの音を聴いたりすると
心安らぎ、穏やかで優しい気持ちになるような感覚があります。
*****
しかし、カブ君。日中グルグル走り回って遊ばせてもらって
帰って給油したらガソリン3リッター足らず。
なんてお利口さんなんでしょう(^o^)丿
月一くらいはこんなことができるといいなぁ。
========================
Dsc01031
昼食はおにぎりでしたがこいつにまたがってパクつきました。
ベンチ無かったし。。
*****
Dsc01032
うちのカブ君は2007年の90㏄。
新聞屋さん仕様のフロントに交換して
イエローペイントしてもらってます(^o^)丿
もともと玉川上水駅の教室に通うために購入したんですけどね、
今年その教室は閉鎖になっちゃいました(^-^;
*****
Dsc01033
奥多摩湖畔のパーキング。カブ君はいつ見てもカワイイなぁ❤
*****
Dsc01035-2
カメラ君、ごめん。今日は走ってばかりで写真が少なかったね。
*****
Dsc01041-2
ありゃりゃ、せっかくのメモリアルショットが・・・(笑)
*****

一ノ瀬高原の展望台にて。ちょっと寒かったです。
このバックの音がすごいでしょう!
鳥の声も聞こえますがメインはムシの音でしょうか。
青梅街道から一ノ瀬の方に入るとすっとこの音が聞こえます。
この音量で!

| | | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »