« 「タランテラ(テルツ&プライムギター二重奏)」J.K.メルツ作曲 | トップページ | ワルツ ト長調~カルカッシギター教本 第1部より Valz G-dur Méthode Première partie/Carcassi【19世紀ギター】 »

2022年1月13日 (木)

アンダンティーノ モッソ ト長調(カルカッシ)~ギター教本 第1部より【19世紀ギター】

1_20220113121301
https://youtu.be/zDKBjIR0epg

アンダンティーノ モッソ ト長調
カルカッシギター教本op.59第1部より(マッテオ カルカッシ 1792-1853)
Andantino mosso G-dur
Méthode complete pour la guitare op.59 Première partie (Matteo Carcassi 1792-1853)

使用ギター:ルネ・フランソワ・ラコート(1828年パリ)
キルシュナー社リアルガット(羊腸)弦とフィガロ社絹芯の低音弦を使用しています。指頭奏法
Guitar: Rene Francois Lacote (Paris, 1828)
Kürschner real gut strings and Figaro silk core bass strings are used.
And play the guitar without fingernails.

演奏:長谷川郁夫 Ikuo HASEGAWA

ギターにとってト長調は主和音を構成するレ・ソ・シが
第4~第2弦の開放で得られるので押さえが楽な曲を作りやすい反面、
開放故に要らない領域まで音が残ってしまうという歯がゆい点があります。
というわけで、ここは意を決して⁉消音を練習してみると良いと思います。
第1小節目で言えば2拍裏の8分音符G音が鳴るときに
他の音が残っていなくてG音だけが鳴る状態にすればよいのですが、
この演奏ではG音を弾く直前に右指が弦に触れるようにして
前の響きを消しています。

消音はメンドクサイ技術と言えばそうなんですが(^_^;)、
やっぱりやると聴いた印象が違ってきますから、
「おお、やっぱり違う!」とその効果を感じながら実践していくと良いと思います。

楽譜は
ペトルッチ楽譜ライブラリーでいくつかの版を閲覧・ダウンロードできます、
https://imslp.org/wiki/Category:Carcassi%2C_Matteo
が、現代ギター臨時増刊号の
「原典版 カルカッシ完全ギター教則本op.59」
https://www.gendaiguitar.com/index.php?main_page=product_info&products_id=142686
がよく検証されていて信頼性が高く特に19世紀ギターを使ってのアプローチではこちらを強くお勧めします。
今回の演奏ではその原典版を使っています。

| |

« 「タランテラ(テルツ&プライムギター二重奏)」J.K.メルツ作曲 | トップページ | ワルツ ト長調~カルカッシギター教本 第1部より Valz G-dur Méthode Première partie/Carcassi【19世紀ギター】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「タランテラ(テルツ&プライムギター二重奏)」J.K.メルツ作曲 | トップページ | ワルツ ト長調~カルカッシギター教本 第1部より Valz G-dur Méthode Première partie/Carcassi【19世紀ギター】 »