« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月28日 (月)

サラマンカの学生 op.31(J.フェレール) L’Étudiant de Salamanque op.31 (José Ferrer)

Photo_20220328021801
https://youtu.be/vlKQ9j0eP0Q

サラマンカの学生 op.31(J.フェレール) 
L’Étudiant de Salamanque op.31 (José Ferrer)

ギター演奏:長谷川 郁夫
指頭奏法
Guitar:Ikuo HASEGAWA
playing the guitar without using nails.

サラマンカの学生 op.31(ホセ フェレール 1835-1916)
L’Étudiant de Salamanque op.31 (José Ferrer 1835-1916)
フェレールのタンゴは以前op.50-3を収録し、ついこの前op.19-1も収録しました。次は俗に1番といわれているものに目を付けて調べていったところ、これはop.31で「サラマンカの学生」というタイトルがついており、よく知られたタンゴにも続きがありました。これには「へぇ~、オリジナルはこんな曲だったのか」と少なからず驚きがありました。

楽譜はペトルッチ楽譜ライブラリーより入手できます。
https://s9.imslp.org/files/imglnks/usimg/0/0e/IMSLP43260-PMLP93355-salamanque-op31.pdf

まず楽譜を眺めてみると冒頭にはこうあります。
[献呈者] à mon élève Madams Valentine SARRUT
(わたしの生徒、ヴァレンディン・サルー夫人)
[タイトル] L’Étudiant de Salamanque
(サラマンカの学生)
[サブタイトル[ Pièces caractéristiques espagnoles
(スペイン風小品)

構成はまずよく知られたAmのタンゴ。よく見るタンゴのみの演奏譜では転調のあとまた最初に戻って終わるのですが、オリジナルのこちらは最初に戻ることなく続いてワルツに進みます。さすらうようなイメージがあり、途中p指を滑らせて弾くように指示される和音や装飾を伴った単旋律の動きにもスペイン風を感じます。そして、最後はAメジャーに転じ「バスクの太鼓の模倣(タンバリン)」と書かれたセクションを弾きラスゲアードを決めて曲を閉じます。

不思議なタイトル「サラマンカの学生」、サラマンカはスペインの街の名前なのですが調べていくとスペインの詩人エスプロンセーダ(1808-1842)による同名の長編物語詩作品があり、どうもこれを本曲のタイトルに持ってきたと思われます。この文学作品の方は日本語訳され岩波から出版されていましたので一つ読んでみようと思って注文してみましたが、スペイン在住の頼れる兄と慕う渡邊さんにも何かヒントはあるでしょうかと尋ねたところざっくりとしたあらすじを教えてくれました(感謝!)

読んでみたい方、↓こちらどうぞ。

サラマンカの学生 他六篇 (岩波文庫) 

著者によれば「第二のドン ホアン」とのことで、女垂らし、不信心、ペテン師、高慢、威圧的で疑い深い人間(主人公) Don Félix de Montemarの物語で、彼の振った女が絶望に暮れて死んでしまい、復習に燃えるその兄と決闘するような話でした。

また、「バスクの太鼓」というのはこの文学とは別でスペインバスク地方でおこなわれる伝統的なお祭り「サン・セバスディアンの太鼓祭り(Tamborrada)」のことではないかと思われます。
こちらは様子を簡潔にまとめたこんな記事がありました。
https://evenear.com/event/detail/11326

以上を勘案するとどうも、タイトルにした文学がこの楽曲の内容に反映しているかは不明・・・というかあまり関係ないんじゃないかという気がしてきました(笑)。

ここからははわたしの想像・妄想ですがフェレールはこのたび「愛弟子へ」という曲を書くときにお得意のタンゴやワルツに加えて例えばレッスンの時の雑談で話題になったバスクの太鼓祭りも盛り込んで、さらにその生徒が感銘を受けたとか言っていたな、と物語詩のタイトルもつけて小さくても盛りだくさんなスペイン音楽のパフェを作ったんじゃないでしょうか。

岩波の日本語訳を読んで何か発見があったらまたご紹介しますね。

作曲者ホセ・フェレールは
スペイン、カタルーニャの生まれ。同じくカタルーニャのギタリスト、ホセ・ブロカ(1805-1882)に師事しています。ブロカはD.アグアド(1784-1849)のギター指導を受け、弟子にはアグアドメソッドで教えたと言いますからフェレールはアグアドの直系?孫弟子と言えるかもしれません。1882年(47歳)~1898年(63歳)パリへ居を移し音楽学校で教鞭をとり、また歴史ある劇場で公式のギタリストとなりました。その後はバルセロナの音楽学校でも教えるようになりパリとバルセロナを行き来していましたが1905年(70歳)にはバルセロナに定住しそこで1916年、81歳で没しました。

ペトルッチ楽譜ライブラリー、ホセ・フェレールの項目はこちら
https://imslp.org/wiki/Category:Ferrer,_Jos%C3%A9

| | | コメント (0)

2022年3月27日 (日)

YouTube番組「ギターはおしゃべり」に出演しました ②

【トークと演奏】359
まるで竪琴?古の憧れが詰まった19世紀ギターの魅力
                 ~テルツギター&リラギター
| 長谷川郁夫 | セレナーデ | 春の日の花と輝く | クラシックギター

「ギターはおしゃべり」出演の2週目、パート2が公開されました(^^)
今回はテルツギターとリラギターのご紹介。
演奏とともにトークも楽しくはずんでおります。
15分ほどの番組です。よろしければぜひご覧ください!

| | | コメント (0)

2022年3月21日 (月)

ラグリマ(F.タレガ)100年前のギター・ガット&シルク弦の音色 A.E.パスカル1922年

Photo_20220321101901
https://youtu.be/7ISpy7HkwL0

ギター演奏:長谷川郁夫
Guitar:Ikuo HASEGAWA

使用ギター:アントニオ・エミリオ・パスカル 1922年
使用弦:アクイラ社 ガット&シルクセット
A=392Hz調弦にて / 指頭奏法

Guitar:Antonio Emilio Pascual 1922
Aquira gut and silk strings
tuning;A=392Hz
playing the guitar without using nails.

ラグリマ(フランシスコ タレガ 1852-1909)
Lágrima (Francisco Tárrega 1852-1909)
近代ギターの父と言われるフランシスコ タレガの珠玉の小品。
ラグリマはスペイン語で「涙」を意味しますが
タレガの娘の詩に寄せて作られたという説があるようです。
曲中随所にみられる下降の音型に涙が零れ落ちる様子やその心情を感じます。

クラシックギターの定番曲!「ラグリマ」の演奏をアップしました。
ただしアプローチは定番を少々(大そう?)外れて昨年末オールドギターに設定した、太めのガット&シルク弦で392Hz調弦というものなんですが、これがハマるんです(笑)
なんだかんだでわたしのYouTube動画は深夜に収録することがほとんどなのですが、真夜中+こういうギター、こういう設定、さらにこういう曲を繰り返し弾いていると興行的な意味の演奏からもどんどん離れて、ただただ滋味深い音色と音楽に陶然とする自分がある感じ。それが本当に気持ちイイんです。いつまでもそこに居たい、でもそれでは収録が終わらないし(爆)
・・・と、そんな演奏が撮れました。とてもゆっくり弾いています。
よろしければお聴きください。

| | | コメント (0)

2022年3月20日 (日)

YouTube番組「ギターはおしゃべり」に出演しました①

【トークと演奏】358
立奏にも最適!? 19世紀ギターの出会いと魅力を語る!
| 長谷川郁夫 | きらきら星 | 第一歩 | クラシックギター

ギタリストの篠原正志さんと高橋由希(声優)さんのMCで

いつも楽しいギターの話題を発信しているYouTube番組「ギターはおしゃべり」に

このたびギタ友ゲストとして出演させていただきました(^o^)丿

今日と来週日曜日の2回に分けて配信されますが

第1回の今回、演奏は篠原さんとの二重奏で

カルッリの「きらきら星」とソルの「第一歩」!

カルッリの方はともに立奏で弾いています。

 

トークの方ではギターを始めたきっかけや

19世紀ギターに惹かれたところなどインタビューを受けました。

20分程度の動画です。

是非ご覧ください(^^)

| | | コメント (0)

2022年3月14日 (月)

【クラシックギター】トレモロ奏法のはなし トレモロ練習曲「噴水へつづく道(長谷川郁夫作曲)」

Photo_20220314052801
https://youtu.be/8SFHKcMgpvU

みんな大好き!トレモロ奏法(^o^)丿
最近トレモロの練習曲を作曲したことにちなんで、YouTubeでトレモロの話をしました。
動画が面白かったらチャンネル登録といいね!ボタンをよろしくお願いします。
曲の方はたわいもないものですが、ご自由に弾いていただいて結構ですのでよろしければ練習の友にしてください。

「噴水へつづく道~トレモロ練習曲(長谷川郁夫 作曲)」
楽譜リンクは下記に

ダウンロード - e599b4e6b0b4e381b8e381a4e381a5e3818fe98193efbc88e995b7e8b0b7e5b79de98381e5a4abefbc89.pdf

| | | コメント (0)

2022年3月 3日 (木)

タンゴ op.19-1(J.フェレール)

Op191
https://youtu.be/5-tSqN0e3RY

タンゴ(ホセ フェレール 1835-1916)
2つのタンゴ 作品19より第1番
Tango (José Ferrer 1835-1916)
from 2Tangos Op.19-1

演奏:長谷川郁夫 Ikuo HASEGAWA
指頭奏法

タンゴop.19-1
フェレールのタンゴで(日本において)よく知られるものは「二つのタンゴop.19」の2曲と「サラマンカの学生op.31」のタンゴ部分、「4つのやさしい小品op.50」の第3曲の4つでしょうか。
今回はその中のop.19-1を演奏しました。
楽譜はペトルッチ楽譜ライブラリーのものを参照しましたが、こちらには2種の版があり、それは割とよく見る譜面が一つ、もう一つは繰り返しの指示や音も少し多いようなものでした。
どちらも当時のファクシミリではなく、誰かが浄書したもので説明などもありませんでしたのでどうしようかと思いましたが、せっかくなので後者の少し珍しいほうを採りました。

構成は哀愁漂う第1部(Am)、伸びやかな第2部(C)、明るく華やかな第3部(A)と進み第1部に返って曲を閉じます。弾きやすい音符でスペイン気分を楽しめる佳曲といえるでしょう。

作曲者ホセ・フェレールは
スペイン、カタルーニャの生まれ。同じくカタルーニャのギタリスト、ホセ・ブロカ(1805-1882)に師事しています。ブロカはD.アグアド(1784-1849)のギター指導を受け、弟子にはアグアドメソッドで教えたと言いますからフェレールはアグアドの直系?孫弟子と言えるかもしれません。1882年(47歳)~1898年(63歳)パリへ居を移し音楽学校で教鞭をとり、また歴史ある劇場で公式のギタリストとなりました。その後はバルセロナの音楽学校でも教えるようになりパリとバルセロナを行き来していましたが1905年(70歳)にはバルセロナに定住しそこで1916年、81歳で没しました。

ペトルッチ楽譜ライブラリー、ホセ・フェレールの項目はこちら
https://imslp.org/wiki/Category:Ferrer,_Jos%C3%A9

| | | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »