04.弦の話

ナイロン弦もガット弦も~クラシックギター弦のインプレッションなど。

2021年12月 4日 (土)

ライブのご案内

これからのライブ・イベントのご案内です。

2021年

イベント=====================
2021年
12/  5(日) 立川市ギター倶楽部定期演奏会(立川)
2022年
4/17(日)     はせがわ音楽教室 第26回発表コンサート

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年8月13日 (金)

テルツギターのための弦データ

完全に個人的な覚え書きです。

弦長560mmのテルツギター(G)に
440Hz調弦で5キロのテンションをかける場合の高音弦の太さ(計算値)

ナイロン
①0.558
②0.745
③0.939

カーボン
①0.425
②0.568
③0.715

ガット
①0.499
②0.666
③0.840

ハナバッハアルト弦の直径(実測値)ナイロン
①0.59
②0.72
③0.90
④0.64
⑤0.77
⑥0.96

| | | コメント (0)

2021年5月29日 (土)

ふつうのギターをテルツギターに魔改造⁉ おしゃべりと聴きくらべ

イタリアのアクイラ社から発売されている
ふつうのギターをテルツギターにする弦を試してみました。
Aquila 128c high-G

はじめ30分くらい弦交換しながら弦や楽器について
いろいろおしゃべりしてから最後に演奏を収録しています。

弾きくらべは
「アレグレット(ヨーゼフ・キュフナー 1776-1856)」
溝渕浩五郎カルカッシ教則本でテルツギターの紹介とともに
掲載されている二重奏曲です。
野辺邦治1986年640mmに今回の弦
野辺正二2003年テルツギター
の二台をくらべています。
リバーブなど無しでそのままアップしています。
(楽器提供&演奏協力:黒川雅代さん)

今回の弦を張った野辺邦治に比べテルツギターの野辺正二は
弦長が短く、その分弦が太いので
音色にそういう違いが出ているのが
おわかりいただけると思います。

テルツギターについて
動画中ではアンサンブル使用のことだけ語っていますが
独奏でも曲によってはにテルツ調弦が似合うものもありますから
明るく可愛らしい響き、あるいはカラカラと良く鳴ることが
効果的と思われる際はこれで弾いてみるのも面白いでしょう。
わたしも以前ジュリアーニの「大序曲」をテルツギターで弾いたことがあります。
また、リュート曲を2~3カポで弾くアプローチを巷で時々見ますが、
テルツギターで弾けば同じ音程で開放弦が効果的です。

弦のデータは以下の通り
左から順にアクイラ128c ハナバッハ・アルト プロアルテライト
第1弦 0.61 0.60 0.698
第2弦 0.71 0.70 0.805
第3弦 0.87 0.90 1.008
第4弦 0.64 0.63 0.711
第5弦 0.71 0.75 0.838
第6弦 0.91 0.93 1.066

アルトギター弦は比較的近い太さを持っているのがわかります。
通常のギター弦も1本ずらすことで近い太さが得られそうです。
(その場合は第1弦を他の弦や釣り糸から探します)

Photo_20210529100901

| | | コメント (0)

2021年5月10日 (月)

クラシックギターの弦交換(動画編)

初めての方にもわかるようにと
出来るだけていねいに解説しながら
6本すべてを交換していきます。

弦交換はいろいろな流派?がありますので
ここで紹介するやり方はあくまでも
その中の一つと思ってくださいね。

イラストと文字による解説はこちらにあります。
http://has.tea-nifty.com/blog/2021/05/post-9757.html

それでは、がんばって (^o^)丿

| | | コメント (0)

2021年5月 9日 (日)

クラシックギターの弦交換(イラストと解説編)

クラシックギターの弦交換の方法。ずいぶん前に生徒さんのために作った資料ですが
「あれが見たい」と時々言われるので、いつでも見られるように公開しました。
手書きイラストが味わい深い?当時、結構力作でした。

ちなみにYouTubeの動画も作っています。
クラシックギターの弦交換(動画編)

それでは、はじまり はじまり~ 

「弦を交換しよう!」

弦の交換はいろいろ流派がありますから、自分が覚えているやり方と違ったり、手持ちのギターに今張ってあるやり方と違うからと言って、心配する必要はありません。私自身、数種類の結び方で弦を張っています。以下に紹介するのは、その中の一つのやり方です。ポイントは《張ったとき抜けず、外すときに楽な方法》であればいいわけです。

 初めは1時間か、それ以上かかるかもしれません。慣れれば20分もあれば全弦交換できるようになります。わたしは10分かかりません。何事も経験です。まずは時間をたっぷりとって、慌てず、落ち着いて、ゆっくり取り掛かって下さい。

 弦の選択は好き好きで良いのですが、プロアルテ(ダダリオ社)のものなどは手に入りやすく品質が安定していて初心者の方にはお奨めです。


00

まず、ギターを眺めてみましょう。弦を張るにはまず、弦を外さないといけませんね。張ってある弦をニッパなどでバチッと豪快に切ったりせず、静々と糸巻きを回して緩めましょう。下の方は弦を表面板と直角の方向に軽く引っ張れば外れます。それと、全弦を外すのは、掃除がしたいとか、特別なときだけです。ちなみに、全弦外すとナットやサドルが落っこちてきますから、だいたい初めての人は相当驚きます。でも、これらの骨棒は接着されていないことがほとんどなのです。落ちてしまったら、また嵌めるのですが、向きがありますから逆にならないように気をつけてくださいネ。

とりあえず今回は1本外しては1本取り付け・・・で行きましょう。

そして、取り付けは、まず下の方(ブリッジ側)に結びつけてから、上の方(ヘッド側)にかかります。

 


01

弦を一本、袋から出しましょう。ビニールで包装された弦は、ラベルを見て下の方から開けると開けやすいです。どうにも開けにくい時ははさみを使って袋をあけますが、その際は中の弦を切らないように気を付けてください。全弦を袋から出してしまうと、わからなくなってしまいますよ。弦は6弦から替えても、1弦から替えても構いません。弦はパッケージの中に丸めて収められていますが、優しく丁寧にほどいてください。折れたり、結ばったりしないようにやさしく、やさしく。

低音弦の多くは、両端の処理の仕方が違うことがあります。その場合は「巻きが密なほう」を下(ブリッジ側)にします。その方が巻きが安定している部分を使えるということです。

高音弦もものによって、片方の端が着色されていたりします。これはどちらを下にしてもいいでしょう。色のついているほうを下にすると、なんの弦を張っていたのか、忘れないという効果があります。

 


02

さあ、取り付けてみます。上の図がわかるでしょうか。サウンドホールのあるほうから、弦を穴に通します。上の糸巻きに巻き付ける余裕を見つつ、少し多めに弦を通しておくと結びやすいですね。余った弦はあとでカットしますから、たくさん余る分には困りません。

 


03

サウンドホール側から来た弦に穴を通したほうの弦を引っかけます。このあたりは文字で書くとなんのことやら・・・という感じですが、図を見てもらえればわかりますよね。


04

次に、こんな感じによじります。図では狭いところを通すように見えますが、3.で書いた通り、少し多めに弦を通していれば、この作業は比較的簡単に出来るはずです。よじる方向はこの図と反対でも全く問題はありません。でき上がったときの弦の出る向きが変わるだけです。よじる方向を6本全て合わせると、仕上がりがエレガントですよ。よじる回数は弦によって違います。1弦は3回、2.3弦は2回くらい、低音弦は1~2回くらいよじって下さい。


05

ここのところは、案外重要です。弦の端を表面板の方へ軽く抑えて、長いほうを引っ張ります。締める感じと言えば、わかりやすいでしょうか。一度キュッと締めれば手を放しても緩んでくることはありません。「弦の端を表面板の方へ軽く抑えて」と言う表現もわかりにくいかもしれませんが、あとの7.を参考にして下さい。

 


06

6.で「 弦の端を表面板の方へ軽く抑えて」と書いたのは、この図のように留めたいからです。弦を結ぶブリッジの上面で留まっているようでは、いつか抜けてしまう危険があります。張ってある弦が抜けると、弦の端が鞭のように表面板をたたき、小さいけれど非常に深いキズを作ります。穴が開いてしまうこともあるようですよ。
1弦などでは細い弦が絶対に抜けないようにするために、弦の端にあらかじめ結び目を作っておく人もいますね。心配な人はそうして下さい。

さあ、下が結べたら、上の取り付けに行きましょう。当たり前のことですが、弦は1本ずつ交換して下さいね。下を6本分結びつけてから、上に取りかかるのはとてもやりにくいです。

 


001

さあ、続いて上の方に移りましょう。


002

下から持ってきた弦を、糸巻きの穴に通します。通したら、上から前へ持ってきましょう。上からですよ。

 

10
003

次に前に持ってきたほうの弦を元の弦に巻き付けます。こちらもよじるわけですね。2~3回も巻き付ければいいでしょう。1弦は抜けやすいので多めに3回くらいでしょうか。
糸巻きの軸にあまり多くの弦を巻くのは音にもよくありませんから、巻き付けたら、弦の端を持ってグッと引っ張り、弛みを取りましょう。ズルッと弦が動く感触があるはずです。

 

11
004

弛みを取ったら、その手を離さないで、今度は上に引っ張りましょう。よじった部分がキュッと詰まります。この状態で(緩まないよう、引っ張りながら)弦を巻き上げます。よじった部分が糸巻きの上に全部乗っかったらお疲れさま。手を放して結構です。あとは糸巻きで巻き上げて、調弦します。
巻き上げるときの注意としては、ヘッドを正面から見てナットを通った弦がなるべくまっすぐに近く巻き取られるほうが、弦に負担がかからず音にとって良いようです。

すなわち大概のギターの場合、1,6弦は外側に巻き取られるように、他の弦は内側に巻いて行くようにします。

 

12
006

 

あと、案外逆に巻き付ける人が多いんですよね。初めて交換する人は必ず巻き始めるときのつまみの回転方向に気をつけること。

13
005 07

さて、ちゃんと張ることが出来たでしょうか。この説明通り交換すると、最後に留めたあとのあまりが出るはずです。
余った弦は雑音の原因にもなりますから、カットしましょう。
弦きりには専用のものもありますが、つめ切りも使いやすいです。ただし、爪切りは低音弦を切ると歯がダメになってきますから、ダメになってもいいやつを一つ、弦切り専用にしておくのがいいでしょう。ニッパなどでも切れますが、ごついものだと、ギターに触ってキズを作る原因になります。ペンチやはさみは弦切りには向いていません。

当然のことですが、切るときはギターにキズがつかないように注意すること。あと、間違っても張った弦を切らないように。過去にそういう生徒さんがいました。これでは、せっかく張っても元の木阿弥です。

下の写真はこのやり方で弦を張ったギターのブリッジ部分です。
写真クリックで大きく見られます。
4-6弦は捩り1回、1-3弦は捩り2回で、1弦には結び玉を作っています。
1弦は3回捩ることができれば、結び玉なしでも良いように思いますが
このギターは結び付ける部分が少々小さく、3回捩ると綺麗にいかなかったので
結び玉を作って2回捩りで取り付けました。そのあたりは臨機応変で。

Dsc00909


「クラシックギターの弦交換」で検索すると
いろいろな方の説明を見ることができますよ!(クリック)

 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2021年5月 1日 (土)

弦交換:アクイーラ“セタ” ハウザーウィンナーモデル1937年

2021050100001

ハウザーのウィンナーギター、低音弦交換しました。

今回の弦はアクイーラ社の「セタ」という製品。

七夕(たなばた)じゃないですよ(笑)

セタは絹芯に銀メッキ銅線を巻いていて

アンティークギターの音色を追求した製品です。

同社では高音ガット弦と組み合わせた

「ガット&シルク」という製品も出していますが

その低音弦セットがこの「セタ」になるようです。

ちなみに、「ガット&シルク」は型番800と900があり

太さ的に800<900となっています。

アクイーラのHPを見ると

セタ800とセタ900がありますが

それとただのセタっていうのがあるんですよね(^_^;)

製品管理コードを見ると

セタ800が74c

セタ900が65c

なんですが、

ただのセタは126c

まあ、アクイーラの製品管理で

疑問点がたくさん浮かぶのは毎度のことなのですが

どうやらたぶん65c=126cのようですね。

アクイーラのHPを以下に出しておきます。

https://aquilacorde.com/en/

 

この弦は弦長650mmでA=435Hzまでで運用すること

使用後は半音程度下げて保管することという注意書きがあります。

あと、ちょっとピッチが悪くても文句言わない!ともあるな(笑)

 

というわけで、今回この弦をハウザーの1937年作ウィンナー型に張ってみました。

Dsc_0237

630mmの弦長で半音下げ(415Hz)程度で運用しています。

ガンガン言わない太めの音で渋い絹の音色をちゃんと感じます。

絹の弦は人がしゃべっているような柔らかな温かみがあるんですよね。

オーガスチンの青とかサバレスのコラムとか

ギラッとする音に慣れていると物足りない感じとか

最初から古い弦みたいな感じ(笑)?がするかもしれません。

確かにああいう角の取れた感じがあるんですが

古い弦は単純に劣化してぼけてる音ですからちょっと違いますよ。

 

弦のデータはアクイーラHPで見ることができますが、こちら。

Seta

アクイーラのヒストリカルギター用弦は

ラコートやパノルモなどいわゆる19世紀ギターには強く感じますが

20世紀初頭~戦前あたりのヴィンテージギターなら悪くない選択と思います。

ちなみに戦前までの低音弦はシルク芯でした。

このギターの現在の高音弦も一応書いておくと

第1弦 0.58

第2弦 0.74

第3弦 0.92

のガット弦です。

 

ラコートなど19世紀初頭の楽器にシルクの弦をつけてみるなら

フィガロのほうが良いと思います(^^)

フィガロ http://figarokobe.jp/

わたしはセタを

ストリング バイ メイル https://www.stringsbymail.com/

で購入していますが

こちらには細めのセタ800は置いてないんですよね。

アクイーラのサイトから注文すればよいのですが

そっちは送料がかなり高くて二の足を踏んでます、

| | | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

A.E.パスカル1922年 弦交換

Dsc_01591

10月にチェンバロとのファリャ「はかなき人生」の共演を予定しています。

楽譜は基本的にプジョール編のギターデュオ版を使います。

相手がチェンバロでピッチも415Hzということで

ギターはガット弦にしようと思って今回弦交換しました。

 

弦はサバレス社が出しているギター用ガット弦のセット。

第1弦から第3弦はリアルガットで()内実測値

第1弦 0.66mm(0.67)
第2弦 0.74mm(0.75)
第3弦 0.97mm(0.97)

第4弦から第6弦はナイロン芯の銅巻き線で

実測
第4弦 0.73mm
第5弦 0.87mm
第6弦 0.97mm

でした。

感触としては415Hz調弦で第1~3弦は丁度良いくらい。
低音側は第4弦がちょうどよく、第5弦は少し緩く、
第6弦はさらにもう少し緩く感じましたが、
弾きにくいほどでもありません。
メッキ無し銅線らしい、やわらかな音色が心地よいです。

 

| | | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

ナイルガットとリアルガット+絹芯低音弦の聴き比べ タンゴ第3番 フェレール

聴き比べの動画を作りました。…どうも画質が悪くてすみません(^_^;)
今回は合成ガット弦で有名なアクイラ社のアンブラ800セットに対して
リアルガット弦+フィガロ社の絹芯銅巻低音弦(シルクコア)。
楽器は作者不詳の国産トーレスレオナモデル。
表スプルース、横裏シープレスでトルナボスが入っています。

曲目はフェレールのタンゴ第3番でお聴きください。

動画の概要欄にインデックスをつけておきましたので
ぱちぱちと切り替えて聴くと違いがよくわかると思います。

この楽器は弦高が第1弦2ミリ-第6弦2.5ミリと低めなことと
弦のテンションも低めに設定しているので
恐れてヨワヨワになることなく、しかし荒れることもないように
タッチはとても慎重にコントロールしています。

もちろんいつもの指頭奏法ですョ(^^)/

| | | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

19世紀ギターの弦交換 大きな玉の作り方

19世紀ギターの弦を交換するときにブリッジ穴に入れる玉を作りますが、
玉が小さいと抜けてしまったりピンを押し上げてしまったりしますよね。

「どうしたらいいの?」

「どうしている?」

と時々訊かれるのでわたしがやっている簡単な方法3つとグッズも紹介しました。
1番目は「アシュリーズストッパーノット」というそうです。
ただ、2番目と3番目の方が1番目よりも大きな玉になります。

ギター弦アタッチメントの紹介はこちら(ブログ記事)


craft夢乃sound CYSアタッチメント
ブラス4.0mm ギター弦アタッチメント

 

マーチン ボールエンド弦の紹介 (ブログ記事)


MARTIN M160 Classical Silverplated Ball End
High Tension クラシックギター弦

| | | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

ガット弦と弦オイル

ガット弦を使い始める前にオイルに漬けると良いそうです。
ガットはもともとオイルで仕上げてある弦ですから
表面の状態や繊維の状態をを整えて
使い勝手と耐久性をアップするようなイメージで
わたしもそれに倣っています。

ニスコーティングされている弦には
あまり必要が無いとも聞きます。
まあ、表面をニスで固めているのですから
オイルとは馴染まないということでしょう。

というわけで、今回はわたしのやり方をご紹介(^^)

以前はジップロックにガット弦を放り込み
食用のオリーブオイルをヒタヒタにして
空気を抜くようにしてZIPし漬け込みました。
でもちょっと染み出てきたりするんで

最近ではこれです。

イワキ耐熱ガラス密閉パック200ml

という容器にオイルを半分くらい注ぎ
弦をポイッと投げ込んでおきます。
ちゃんと密閉できて、管理が楽。

Dsc00510

オイルについてはまあ何でも良さそうなんですが
まずはオリーブオイルやアーモンドオイルなど天然の植物油。
あと、最近試していて割といいかなと思っているのが
写真にある、ジョンソンベビーオイル。
割とさらっとしていて、時間が経っても悪くなりにくい。
オリーブオイルだと長期保管で油がやけるっていうんでしょうか、
劣化したにおいがしてくるんですが(弦から匂うことはありません)、
ベビーオイルは今のところそれがなさそう。

容器から弦をとりだしたら
ティッシュか布で余分なオイルを拭きとり
ギターに張る作業に移ります。

わたしがよく弦を注文している独・キルシュナー社では
弦のケアとクリーニングのためのオイルというのを売っています。

Dsc00513

もちろん右の方ですよ。4.78ユーロ。
成分はよくわかりませんが、植物系ではなさそう。

ガット弦使用前の漬け込みオイルは
いまベビーオイルが入っているので
キルシュナー弦オイルは普段のケア用に使っています。

練習終わってケースにしまう時とか
時々でも良いのですが、張ってある弦にオイリングすると
ササクレを防止する効果があり、耐久性が増します。

Dsc00514

着古した木綿のシャツを適当にはがき~A5大くらいに切って
こんな感じ(5センチ四方くらい?)に折りたたんで、
オイルで湿らせて、これでガット弦をサササッと拭きます。
オイルは滴るほどは要りません。ちょっとお湿り程度(^^)

拭いた後は毎度捨てないで
写真のようにジップロックに入れて保管します。

指板に付いたオイルはティッシュペーパー等でふき取ればよいですが
「気にしない」っていうのもアリと思います(^^ゞ

巻弦には付かないようにした方が良いでしょう。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧