05.終わったイベント

サークルの演奏会などのレポートをときどき書きます。

2018年12月17日 (月)

第20回 ギターをもっと楽しむ会

Dsc01836

昨日12月16日は教室生徒さんと指導するサークルのメンバーさんを対象にした

内輪のミニ発表「ギターをもっと楽しむ会」の第20回でした。


年に2回の催しなので、これで10年続けたことになります。

今回の参加者は28名!独奏・重奏(合奏)を楽しく披露してくれました。


内輪のミニ発表とはいうものの、

9時-11時(指慣らし)11時-12時(昼食)12時ー17時(演奏)17時ー18時(講評)、

そして場所を移して懇親会とまる一日ギターと仲間と音楽漬け!


これがまた楽しいのでした。


当初は生徒さんやサークルメンバーさんのためにと思って始めた企画ですが、

こうして続けてくるとむしろわたしの方が参加するみなさんの姿から

音楽の持つ本来の力を教わっていることに気が付きます。


20回だからのべにすると500名くらいは参加してくれたでしょうか、

皆さんありがとうございます。

そしてこれからもよろしくお願いいたします。


今年の予定、レッスンの残りももうあと少し。

来年も元気に楽しくまいりたいです。

=========================
Photo


2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

終了:立川市ギター倶楽部定期演奏会2018

Photo


昨日、12月9日はわたしの指導する立川市ギター倶楽部の定期演奏会でした。

わたしが指揮をするようになったのが2006年だったので

ちょうど干支が回ったくらいの付き合いになりましたが、

今回の定演はわたしの知る限りこれまで最高の入場者がありました。

文字通り、立ち見が出るほど happy02


今年の選曲は少しボリュームもあったし、

またパワフルな曲が多かったこともあり、

わたしとしてはかなり綿密な練習計画を立てて臨みました。

今年の夏はずいぶん暑かったですが、練習も熱く進みました。

本当によくついてきてくれました。


メンバーの皆さんの「ギターが好き」「音楽が好き」という思いが

この日の演奏の一音一音に結晶していました。

真摯にギターを弾く姿はとても素敵でした。

そして満席の会場からのぶ厚い拍手に感動。


本当に良い一日でした。


プログラムは以下の通り

第1部(合奏)
アルハンブラの思い出(タレガ)
スペイン舞曲集より(グラナドス)
 メヌエットとサラバンド
軍隊行進曲(シューベルト)
トルコ行進曲(モーツァルト)

第2部(独奏と重奏)
小さなロマンス(ワルカー)
セレナーデ(シューベルト)
カッチーニのアヴェマリア(ヴァヴィロフ)
津軽海峡冬景色(三木たかし)
ランクラージュマン(ソル)

第3部(合奏)
少年時代(井上陽水)
子像の行進(マンシーニ)
エルチョクロ(ビジョルド)
コーヒールンバ(ペローニ)
情熱大陸(葉加瀬太郎)

アンコール
まきびとひつじを(讃美歌)


==========================
Pc090095
朝、ホールに着いてみるとさっそく案内板にポスターを張っていました。


Pc090125
これは終了後の打ち上げでまずはアンケートをチェック。
褒めてもらうと嬉しいものですね。
みなさん、いいことをたくさん書いてくださって本当にありがとうございます。

まさにこれが明日への活力!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

終了:平成30年度 昭島市民文化祭 音楽祭(小ホール)

Dsc01745
(写真はリハーサル時のもの。総勢21名(・・・だったかな)の合奏!)


昨日10月8日は昭島市文化祭の音楽祭がありました。

市内で活動する5サークルの演奏を楽しめる素敵な企画です。

出番や練習の兼ね合いもあって、

わたしはすべてを聴くことができませんでしたが

川俣先生指導の昭島ギターサークルと

フルートアンサンブルさんの演奏は

しっかり堪能させていただきました。


そして・・・

わたしの指導するギターサークル響も熱演!

初級者からベテランまで力を合わせ

とても素晴らしい出来栄えだったと思います。

そのあとの打ち上げもよく盛り上がりましたhappy01

===========================
Ccf20181009_00000
ギターサークル響のプログラム。
バラエティに富んだプログラムになりました。
みんな力を出し合って、支えあって作るアンサンブルが楽しい!


H30
この音楽祭は12:30から16:15までぶっ通し。
様々なサークルの演奏を次々楽しめる好企画でした。
実は響の会長さんがかなり尽力されたようで
大変おつかれさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

終了:2018 ふれあいセンターフェスティバル (武蔵村山)

Dsc01729

本日9月29日はわたしの指導する「むさむらギターサークル」とともに

地元武蔵村山市ふれあいセンターのフェスティバルに出演してきました。


雨の中お集まりいただいた会場のみなさんに力いっぱいの演奏を披露していました。

むさむらギターも結成7年。ずいぶん落ち着いてしっかり演奏するようになりました。

=============================
Dsc01734
講師演奏(独奏)もあります。
今回はタレガのタンゴと愛のロマンス。
メンバーさんにも見守られながら弾きました。


Dsc01738
最後はみんなで歌おう!
「明日があるさ」を会場の皆さんと謳いました。
全部でおよそ25分のステージ、
弾く方(メンバー)も楽しく参加させてもらいました。

聴いてくださったみなさまありがとうございました。
ふれあいセンターの皆さん、
手厚いサポートありがとうございました。

そしてむさむらギターサークルメンバーの皆さん、おつかれさまでした。

Ccf20180930_00000


20180818172320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

ギターサークル・カノン 合宿2018

Dsc01710


夏の名残を感じる9月の16-17日にかけて、

わたしの指導するギターサークル・カノンの合宿に行ってきました。happy01


今回は来年1月の定期演奏会の演目すべてをさらいましたが、

中でも特に大きな曲、バッハの管弦楽組曲第2番の序曲に注力して進めました。


バッハの序曲はメンバーにとって大曲・難曲ではありますが、

合宿ではここぞとばかりたっぷり時間を取り

攻略のための細かい指示や指導ができたことに大きな手ごたえを感じました。


曲や指示の理解が進み、音楽の姿がグッと立ち上がってくると

みんなの顔が明るくなり、より質問や指示の確認が活発になるのが大変感動的でした。


本番まであと4ヶ月、ますますレパートリーに磨きをかけていきます!


写真に練習風景がほとんどないのは撮影のわたしも含め

真剣に練習していたからということで(笑)。coldsweats01


===============================
Dsc01638
会長さん直筆(達筆!)による合宿のスケジュールと
この日明かされる「定演構想」とは!

Dsc01638001
板書でお気づきでしょうか。
2時間半にわたる反省会とは!?
22時から無制限の男子部屋「かわいがり」とはっ!!!?


Dsc01642
反省会とかわいがりに使用と思われる悪魔の飲料を朝から公開展示。
これらをバックに黙々と練習するのでした。
鼻先にニンジンとも言います。


Dsc01650
指揮用の譜面。さあ練習。
右に見えるのがカノン20年の歴史の中でも
怪物級のレパートリー、バッハの序曲でした。

Dsc01654
休憩時間はホッとしますね。

Dsc01664
夕飯の時の乾杯。
今日はよく頑張りました。
明日もバリバリ行きますからねー。
っていうか、これ食べたら反省会ですよ。
一番最近に入会したコニーさんも真ん中で楽しそう!

Dsc01690
これが大反省会。
定演(合宿)とは別立てで重奏や独奏を披露しています。
みんな反省大好きwink

朝9時に練習開始してから
夕方までず~っと弾いているのに
ここでまた弾くのですよ、別な曲を。

まーったく、どれだけギターが好きなのか(笑)


Dsc01691
この方々もしっかり反省してますな(笑)

わたしも含め(!)ほぼみんなこうして反省するわけですが
実は定演当日の打ち上げでもこの部内発表が始まるのですよ。

また、それを練習してあるっていうのがすごいですsign03

ホントに楽しそう!happy01


Dsc01703
カノン反省会名物
このフォルクローレグループはトキタバンドと呼ばれています。

前触れなく突然発生して楽譜が配られ、打合せ無し、練習無し、飲酒アリ(笑)
演奏が終わるとスッとなくなる幻のバンドなのです。

あー、楽しかった happy02

Dsc01706
幻のトキタバンドを堪能するギャラリー。
おあとがよろしいようで!

かわいがりの写真は撮影者もかわいがられたため写真がありませんでした。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

第19回ギターをもっと楽しむ会

P8194147

昨日8月19日ははわたしの教室(個人レッスン)と指導するサークルの方たちを対象に

おこなっている「ギターをもっと楽しむ会」の第19回でした。


お客さんを呼ばない内輪の発表で、

互いに弾きあい聴きあって、

わたしと田村先生、二人の講師から講評と講師演奏があるような催しですが、

参加する皆さんにはたいへん好評でいつも楽しく盛り上がります。


年に2回のイベントなので、これでなんと10年目に突入!happy01

今回は過去最高の32名参加でより賑やかな会となりました。


内容もクラシックやポピュラーのギターソロはもちろん、

弾き語りやフルートとのデュエット、19世紀ギター、オカリナ、

それからサークルによるギター合奏などもあって、プログラムは盛りだくさんです。


懇親会(打ち上げ)も過去最高の25名参加。

講師陣は場を片付けてから向かったので、20分ほど遅れて到着しましたが、

すでに大変盛り上がっていました(笑)

やっぱり、演奏あとの打ち上げは、心が開くというか、はじけますよねー!


とってもいい一日でした。


次回は12月にできたらいいかなあと思っています。

======================

P8194148

トップの写真と反対側からも撮ってみました。

こっち側の人たちの方がリラックスしてるかな(笑)


191
192

さあさあ、これがこの日のプログラム。

順番は当日のあみだくじで決めるのがこの会の掟。

阿弥陀様は時に絶妙な采配を見せます。


演目は全部で43ありました。

参加の皆さんが和気あいあいと

そして一生懸命に弾く演奏を聴くのは

本当に幸せなひとときです!


講師演奏は

田村先生のソロで「タンゴ・アン・スカイ」

わたしと田村先生のデュオで

「テレマンのカノン」

「ティコティコ」を弾きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

終了:第22回ギターアンサンブル・サマーコンサート

Dsc01551

昨日は松戸で行われた第22回ギターサマーコンサートに

ギターサークル・カノンで出演してきました。


このコンサートは出演するギターサークル4団体で主催・運営されていて、

もう22回…つまり、22年も続いているのです!


そこに空席ができた?ということで、

カノンは今年初出演させていただいたというわけです happy01


1団体あたり30分ほどの演奏時間で、4つの団体の持ち味も楽しめましたねー。

こういう企画が各地であったらよいなと思います。


わがカノンはというと、実力も十分発揮できて楽しく楽しく演奏できました(よね?happy02

なにぶん、出演のため演奏中の写真がないのですが、気分は伝わるでしょうか。


その後の打ち上げも3団体繋がった部屋を間仕切りしたような場所だったのですが、

最後はみんな入り乱れて(笑)仕切りも外されたり。


お互いの交流も深まり、たいへん良い一日でした。


なにぶん、飲酒のため打ち上げの写真もありませんが・・・beer

=========================

Dsc01543

わたしは自宅出発6:55・・・早い~(汗)!

日暮里で乗り換えるとギター持った人たちが。

お~、カノンのメンバー。

同じ電車だったんですねー、おはようございます・・・の図。

Dsc01544

松戸駅で待ち合わせ。

みんな無事に揃ってますね・・・会長さん以外(笑)

遠足気分とでも言いましょうか、

ちょっとウキウキ。


Dsc01546

これがこの日の会場、松戸市民会館ホール。

なんとキャパが1200名とか。

ギターアンサンブル・アルモニコスさんがリハ中です。

Dsc01547

リハ待機中のカノン、舞台そでの様子。

まあ、みなさんステージが怖いということは無くなりましたねー(笑)。


Dsc01549

リハーサル、カノンの番です。

大きなホールですからね、今回は前列にマイクが入ります。

カノンにとってはあまり経験のないことなので、みな興味津々。

Dsc01552


Dsc01553

プログラムはこちら。

花をあしらって、かわいらしいものでした。

手が込んでますねー!


Dsc01554

こちらは緻密な進行表!

実際の進行も大変スムーズで、さすが22年の歴史をそういうところでも感じました。


2018

チラシもこんなに素敵で!

今回は花束がモチーフなんですね。


集合写真は昨年のものを使用するそうで

・・・ということは来年はカノンのみんなが写っているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

終了:むさむらギターサークル 第6回定期演奏会

Img_20180624_152921

昨日になりますが

わたしの指導する「むさむらギターサークル」の

第6回定期演奏会が無事に終了しました。

毎年この頃に計画し第6回。

今回もいつもの武蔵村山市民会館(さくらホール)にて

準備や進行なども手馴れてきて、とても良い感じです happy01


演奏は合奏のほか、独奏や重奏もあるのですが

どれも、よく練習してうまく弾けていました。


独奏でアルハンブラを弾いたメンバーさんの紹介コメント

「カエルの歌から8年。ようやくこんな名曲が弾けるようになりました」

というのはちょっと面白かったです(笑)


このサークルは武蔵村山市民会館で行った

ギター初心者講座をきっかけにスタートしているのですが

最初の頃はギターの音階を覚えながら

カエルの歌なんかを輪唱スタイルで弾いたりしたものでした。


ご来場の方々から頂いたアンケートも

大変良く書いていただき、メンバー一同大感激 happy02

その後の打ち上げも大盛り上がりで、さらに結束を強めました。


そして来月からは、また来季の定演成功に向けてまいります!


とても良い一日でした。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

第16回ジャパン・オカリナ・フェスティバル

Dsc01478

昨日5月26日は第16回ジャパン・オカリナ・フェスティバル出演で
与野本町の彩の国さいたま芸術劇場まで行ってきました。

わたしのギターの生徒さんであるところの森さんは
本職のオカリナ製作家で、ロビーで展示即売もし、演奏もします。

わたしは昨年から続けて2回目の参加でしたが
今回は森さんのオカリナの師匠であるところの
山本千恵子先生も一緒に出演となり、
なかなか楽しいトリオ演奏になりました。

=============================
Dsc01473

ジャパン・オカリナ・フェスティバルのサブタイトルは「オカリナ大好き人間の集い」。

集まった方々は文字通り熱心で楽しそうにしていました。

写真はロビーの展示即売コーナーの様子です。
製作者自らがオカリナ愛好家と楽器や音色について語っています。
愛好家には貴重な体験ですよね!


Dsc01474

森さんとモリオカリナ。
音が出やすく、温かみのある音色が特徴で
ヒダスキというこの模様が目印!

この日はこの中から大型の2台が
ファンに購入されていったそうです。

森さんのオカリナについてはこちら
モリオカリナHP


Dsc01472

モリオカリナ試奏の一コマ。

森さんは
試奏の方が音色や吹き心地を
確かめているようなときは
あまり声をかけずに見守ることにしているそう。

先方から話しかけてきたときに
はじめて応えるような感じで
なんとも商売的にどうなのか(笑)とも思いますが
そこがまた森さんのいいところなんですよね。

これで大仕事を終えた森さんはこの翌日早朝(つまり今日)、
趣味の釣りを遂行するべく、北海道へ飛び立ったようです。
森さんのこの日のレポートは彼のブログまでどうぞ

「オカリナと釣りと畑と」…第16回ジャパン・オカリナ・フェスティバル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

終了:第23回発表コンサート

18042203923
2018.4.22たましんリスルホール(立川市民会館)にて

先日の日曜日はわたしの教室の第23回発表コンサートでした。

生徒さんにとって1年の集大成。

心のこもった演奏をたくさん聴くことができました。

応援にいらしたご家族・お友達のみなさま

ありがとうございました。

演奏した生徒さんたち、おつかれさまでした。


教室としてはここで一区切り。

GWが明けたら、また新しい一年の始まりです。

=============================

18042220023
発表演奏の一コマ。

19世紀ギターの生徒さんとの重奏です。

100年以上前のオリジナル楽器、ガット弦はもちろん

最近では立奏もレッスンに取り入れています。

さらに・・・よく見てくださいね、

生徒さんの方はテルツギターを使っています。(本人所有)

なんとマニアックな(笑)!


18042226023
発表コンサートのウエルカムボードを

こちらの生徒さんが手作りしてくれました!!

大感激です。 今後大切に使わせていただきます (^o^)丿

Dsc_0012
これは、出演した生徒さんへの参加賞で

今回はこんなシールを張ってみましたが・・・

ひっくり返して裏を見てみると

Dsc_0014_2
名称に注目「長谷川音楽教室菓子」!

ここにオフィシャル参加賞が誕生。

ムラリの皆さん、ありがとうございます。

18042224623
いつも素晴らしい働きをしてくれる田村先生との二重奏(講師演奏)は

ダカンのカッコウとS&Gの明日にかける橋。

田村先生いつもありがとう。今日もおつかれさまでした。

23ol


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧