11.おぼえがき

メモ書きをしても「あれ、どこにやっちゃったっけ?」という自分のために。

2020年3月30日 (月)

ライブのご案内

これからのライブ・イベントのご案内です。

2020年
4月12日(日) こもれびコンサートシリーズ10 公演中止
珈琲とともに楽しむアンティークギターの響き
友情出演:黒田公子(19世紀ギター)

4月16日(木) 19:00開演 めぐろパーシモン小ホール 公演中止
5月31日(日) 14:00開演 ホームギャラリー・ステッチ (玉川上水)
春を彩る19cギターの響き〜トリオを中心に〜
中島晴美・岡野聡子・長谷川郁夫

7月11日(日) ウクレレ&ギター サマーコンサート8
ホームギャラリー・ステッチ(玉川上水)
本年おこなわないことにいたしました。

9月11日(金)GGサロンコンサート
「100年前のドイツギター~名工ハウザー一世を聴く」
18:30開場 19:00開演 現代ギター社GGサロン(要町)

イベント=====================

2020年
4月25日(土) はせがわ音楽教室 第25回発表コンサート
開演12:00 たましんRISURUホール 開催中止

6月21日(日) むさむらギターサークル第8回定期演奏会
開演13:30 武蔵村山市民会館 さくらホール(小)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年3月10日 (火)

テルツギター G.シュタウファー 1830ca. 弦交換

Dsc00511

来る4/12ライブに向けて弦交換。
この楽器では重奏でメルツのタランテラのほか
独奏で弾くジュリアーニの大序曲も
こちらを使う予定でいます(^^)

ガット弦はオイルにしばらく浸けてから
張るようにしています。
その方が持ちが良いようです。

Dsc00510

そんな話も近く別な機会に記事にしようと思います。

==============================

さて今回は、高音弦を少し細めにすることと
全ての弦をキルシュナー社のものにしました。

テルツギター G.シュタウファー 1830ca. 弦長560mm

前の弦 → 張り替えた弦 張力(415Hz時)

第1弦 0.54    → そのまま       5.212㎏

第2弦 0.81    → 0.70           4.915㎏

第3弦 0.94    → 0.88           5.493㎏

第4弦 0.69(実測)→ 0.63(換算1.26) 5.630㎏

第5弦 0.86(実測)→ 0.84(換算1.60) 5.095㎏

第6弦 1.06(実測)→ 1.07(換算2.10) 4.926㎏

前の弦については第1弦はキルシュナーでもう少し使えそうなのでそのまま。
第1・第3弦はトロのラムだと思います(やや不明)
第4~第6弦はハナバッハ・テルツ用弦でした。

ハナバッハ・テルツ用は良く鳴るのですが
音色がギンギンしていて
全体のバランスが低音弦過多の傾向にるのが気になっていました。
キルシュナーにすることで鳴り方のバランスは良好になりましたが
第5第6弦辺りはもう一段テンションを下げても良いかと思いました。

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

フィガロ絹芯低音弦のゲージを測ってみました

フィガロの19世紀ギター用純銅巻絹芯低音弦
ゲージ(太さ)を実測してみました。

RE 0.77
LA 0.91
MI 1.02

数値を見て思ったより太いなと感じました。
その割にはあまり張りが強く感じません(個人的感想)。

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

アクイラの弦「ガット&シルク」と「セタ」

アクイラ社で作っている
19世紀ギ~20世紀初頭ギター用のセット弦についての覚え書きです。

アクイラ社のHPは以下の通り。
https://aquilacorde.com/en/

19世紀ギター用のセットを見る場合は
上のコンテンツリンク「Modern Music Strings」に進み
さらに「Historical Guitar」と進みます。

するとまずシンセティック素材の弦として
アンブラ800と900、さらにテルツギター弦があります。

800と900は太さの違い(800<900)で
800は19世紀初頭タイプ
900は19世紀末~20世紀初頭タイプ
とされているようです。

リアル素材の方はガット&シルクというセットがあり
こちらも800と900があります。もちろん注目はこちら。

しばらくこれをじーっと見ていたのですが

このガット&シルク800の低音弦だけでも買えるのかな?
と思って問い合わせてみると

「setaっていうのがあるから、それを買うと良い」

と返事が来ました。

セタは絹芯の低音弦を持ったセットで高音弦はナイルガットだったかな。
それがあることは知っていましたが、やっぱりその低音は同じものだったのか。
でも、それを購入するリンクがアクイラHPに無かったんですが
そのメールが来た後にもう一度見てみるとできてました(^_^;)
いま作ったでしょう(笑)?
セタの800と900がありました。

ふーん、と思って眺めつつ、今度は

「セタの低音弦はバラで一本ずつ注文できますか?」

と質問を投げてみました。すると

「今はセット販売だけ。将来的には対応するかも」

くらいの返事でした。なるほど。

さらに眺めているとそれらの弦データ
太さ(ゲージ)やテンション表示がなんか変。というわけで

「HPの弦データ、違ってませんか?」

と訊いてみたら

「ごめん、ごめん」って感じで以下のデータが出てきました(^^)。
あ~、よかったよかった。これで気持ちも落ち着きます。

記号・数値は弦・テンション(kg)・ゲージ(mm)の順。
テンションは弦長650mm、A=435Hzのものです。

seta 800
RE *5,9 0,81 ext
LA *6,7 0,91 ext
MI *5,9 1,15 ext

seta 900
RE *7,3 0,84 ext
LA *8,3 0,94 ext
MI *7,3 1,17 ext

Gut & silk 800
mi *6,5 0,62
si   *6,0 0,79
sol *5,0 0,91
RE *5,9 0,81 ext
LA *6,7 0,91 ext
MI *5,9 1,15 ext

Gut&Silk 900
mi *8,1 0,66
si   *7,0 0,82
sol *6,6 1,00
RE *7,3 0,84 ext
LA *8,3 0,94 ext
MI *7,3 1,17 ext

これで確かにセタとガット&シルクの低音弦は同じもの。
ただし、19世紀ギター用としてはこの800シリーズでも
わたしが使っているゲージより2段階くらい太い(張り強い)ですね。
フィガロの絹芯低音弦は薮さんと相談して
わたし好みに調整してもらったんで(#^^#)
上記よりぐっとテンションが低く設定されています。

あと、高音弦用のガット弦はギター用のセット以外にこちらからも選べます。
https://aquilacorde.com/en/early-music-strings/

上記の場合ラムガットのHU
ビーフガットのニスありHVとニスなしHLから選ぶことになると思います。

ラムとかビーフと聞くとお肉が頭に浮かびますが(笑)

追記
アクイラから来たseta800の弦データから
ガット弦換算値を出してみました。
(キルシュナーの弦計算尺使用)

Gut & Silk800とseta 800(同じもの)
ガット換算値
RE  1.29
LA  1.82
MI  2.29

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

ガット弦と巻弦のこと~ピラストロマスと銀めっき

先日、原善伸先生とチャットにて

ディオニシオ・アグアドやエミリオ・プジョールが教本に記した

爪弾きや指頭引きに関する記述について話していたところ

ちょっと面白いものがありました。

プジョールが自分で使っている弦のゲージに触れています。

Photo_20200113222201

クリックで大きくなりますので是非見ていただきたいのですが

たとえば第1弦で12.5-13.5という数値・・・。

注釈ではこれが1/10mmの単位だというから驚きでした。

だって、これ第3弦でも使わないくらい太いですよ。

わたし「・・・ちょっと考えられませんね、ホントかな(^_^;)」

原先生「この半分ならわかるけどね」

 

それからいろいろ調べていたのですが

以前よくお世話になっていた、ムシカアンティカ湘南の資料ページに

ピラストロの話を見つけることができました。

ガット弦のお話し(クリックで全文が見られます) より

2-4,ピラストロ社の弦の太さ
ガット弦をお好みの方が使っている場合が多いピラストロ社は独自のゲージ(太さ)を表す表示単位「ピラストロマス」を使っており、1pm(ピラストロマス)が 0.05mm 換算となります。

これでプジョール教本の弦のはなしがつながりました。

これはピラストロマスであの数値の1/20がミリメートルなんだと思います。

つまり、原先生のおっしゃる通り半分でした。

文章も挿絵もピラストロですしね。

あー、なんかスッキリしました。

 

巻線の方は「ソルの頃はどんな低音弦を使っていたか」という話題で

もちろん、芯線はシルク(かガット)で異論はありませんが

今回は巻き線の話。

これはフィガロの薮社長ともいろいろ意見を交わしたものでした。

結局19世紀初頭は銀めっき(電解めっき)はまだなんじゃないか

ということで、純銅線を巻くということで合意したのですが、

例えばウエムラ工業HP「めっき産業のあゆみ」には
https://www.uyemura.co.jp/museum/plating/chapter01/index.html

電気めっきの発明
1800年にイタリアの物理学者・ボルタによってボルタ電池が開発されたことは、それまでアマルガム法や置換めっきによって行われていためっき処理方法に大きな変革をもたらすきっかけとなりました。1805年にボルタの僚友のブルグナテリは、ボルタ電池を使って初めて電気めっき(電解めっき)に成功しましたが、当時ヨーロッパで強い影響力を持っていたフランス皇帝ナポレオンとの対立により、彼の研究成果はフランスの学会で隠匿され、実用化には至りませんでした。

電気めっきの実用化
ブルグナテリの後、1830年代から40年代にかけて世界の複数の科学者によって電気めっきの開発が行われ、その技術は産業界に広まりました。イギリスのバーミンガムで金銀玩具の製造業を営んでいたエルキントン商会は、メッキ加工の改良を考え、1840年に電気金・銀メッキの特許を申請し、認可されました。ロシアでは、1858年に首都サンクトペテルブルクにおいて、建物内部に世界で初めて大規模な電気金メッキが施された聖イサアク大聖堂が完成しました。

という話が掲載されており、

ちなみにわたしのラコートは1828年(原先生も同年)なんで微妙~(笑)。

ただ1830-40年代にかけてめっき技術が急発展したのであれば

カルッリ(1770-1841)やソル(1778-1839)の晩年頃は

後の主力となる銀めっき銅線巻の低音弦を試していたかもしれませんね。

では、めっきになる前はどうだったでしょうか。

フィガロで作ってもらった「純銅」(どうだけに?)

あと「純銀」というのは有ったと思います。高価な感じはします。

純銅は素材としてけっこう柔らかいですね。

銅に錫を混ぜたブロンズや亜鉛を混ぜたブラスなども可能性はあるのかなあ。

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

ラコート1828年 弦交換

9/6GGサロコンに向けて当日使用するラコートの弦を交換した。

第1弦 キルシュナー D    0.58

第2弦 キルシュナー FDL 0.68

第3弦 キルシュナー FDL 0.85

第4~6弦 フィガロシルクコア純銅巻

カルッリやソルが聴いていた19世紀ギター黄金期の音色を体験すべく!

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

ラコート作 リラギター 弦交換

Photo

来る3/3のライブに向けてリラギターの弦を交換しました。

今まで張っていた弦は

高音弦はプレーンガットで
第1弦 060
第2弦 076
第3弦 091

低音弦はハナバッハ・アルト用のもので外径
第4弦 064
第5弦 077
第6弦 094

今回は第2弦、第3弦はまだ使えそうなのでそのまま残し

第1弦を ガット 058 (キルシュナー・オイル仕上げ)

低音弦をキルシュナーのKN弦(メッキしない銅線巻)で
ガット換算値とこちらで計測した外径を書きますと
第4弦 1.28(外径068)
第5弦 1.65(外径084)
第6弦 2.20(外径113)

メッキをしない銅線の巻弦はふっくらとした柔らかい響きが特徴です。
外径で計測する限り、今回の低音弦の方が太くなり、
多分張力も若干上がったと思いますが、感触としては気になりません。
ただし、第6弦はやや重い鳴りだったので、
もう少し細くても良かったかなとも思います。

第1弦に張ったキルシュナー058はとてもきれいな音でよく歌います。
ニスコーティングの弦は耐久性が上がり長持ちしますが
このオイル仕上げ(ノーマル)は指馴染みの良さと自然な鳴りが良いです。
指頭で弾いてキュッキュ言わないのも良い点です。

来週、こちらのライブで演奏します。
190303ol

詳細はこちら(クリック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

聴き比べ 低音弦ナイロン芯のハナバッハと絹芯のフィガロ

先日フィガロ弦社長の藪さんから送っていただいた試作品

「フィガロ19世紀ギター用絹芯低音弦」

一般的なナイロン芯の低音弦(ハナバッハ・テルツギター用)と

比較してみましたので、よろしかったらご覧ください。


使用楽器:ルイス・パノルモ1844年(ロンドン)

低音弦のみを交換して録画しています。

ちなみに高音はガット弦です。


クラシックギターの低音弦(巻線)の芯は

現代ではナイロンの細い繊維が一般的ですが

戦前までは絹糸が用いられていました。

なのでもちろん、19世紀ギターは絹芯がデフォルト仕様です。

薮社長には

「国産で19世紀ギターが喜ぶ絹芯の低音弦があったら嬉しい!」

昨年の11月半ばごろにお話しをしていました。


今回のフィガロ弦に対するわたしのファーストインプレッションは

「最初に輪郭のクッキリした音が響き、
 そのあと基音が強く残り、余韻は幾分短め」

というものでした。

実はこれは他社の絹芯でも同様の傾向があり

「これぞ正に絹芯の音!と思いました。


巻き上げ時の感触も絹の方が

テンションがかかってからすぐに希望の音程に到達しますから、

ナイロンに比べて絹の方が伸びが少ないのだと思います。


今回フィガロから送っていただいた試作品は

第5・6弦が銀メッキ銅線、第4弦がアルミの巻線でした。

Dsc01914

アルミは比重の軽い金属なので太い巻き線が使われています。

計ってみると、第6弦とほぼ同じくらいの太さがありました。

上の写真クリックで拡大表示されます。


以下、外径を記載しておきます。

ハナバッハ・テルツ用ナイロン芯低音弦

第4弦 0.70
第5弦 0.85
第6弦 1.07


フィガロ19世紀ギター用絹芯低音弦

第4弦 0.94
第5弦 0.79
第6弦 0.95

感触はテルツ弦の方がフィガロ弦より若干張力が強く感じました。

フィガロ弦は今回のパノルモに使用する限り

テンションは丁度良いくらいに感じますし、音もなかなか良いです 


今回の新機軸アルミ巻きの第4弦は第5,6弦の

弾弦後最初に響く輪郭がクッキリした発音に比べると

幾分ふわっとした感じがするなと思いました。

金属が軽いせいなのかもしれないし、

そのため弦が太いからなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月26日 (水)

おぼえがき:19世紀ギター5キロのテンション

https://www.cs.helsinki.fi/u/wikla/mus/Calcs/mc.html

上記サイトでの計算。

弦長630mmのギターを415Hzのピッチで調弦した場合
テンションが5キロになるガット弦の太さ。
第4弦以降は巻線になるが、プレーンガットに換算した太さで表示。
単位はmm。

第1弦 0.56
第2弦 0.74
第3弦 0.94
第4弦 1.25
第5弦 1.67
第6弦 2.23

==========================

最近ガット弦の太さについて選び方を聞かれることがあり

ここにおぼえがきとして書いておくことにしました。


楽器によっても違いはありますが目安として

19世紀ギターに張る弦はおおよそ一本5キロ、

全体で30キロ以下になるように選ぶのが良いと思っています。

第1弦と第4弦は少し強めに張ると響がしゃきっとすることがあります。

その他の弦は少し弱めでも

例えばオリジナル楽器だったりすると充分鳴ったりすることを経験します。

いずれにしても試してみるしかないのですが

はじめの弦はこのあたりから試して

相性や好みを見てみると良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

フィガロ弦のインプレッション

話題の国産手作りプレミアム弦「フィガロ」。

先日注文していた分が届いたので、早速試しています。

今回購入したのは赤青黄色のローテンションとミディアムテンションを1本ずつ。

とりあえず、モダンギターと19世紀ギターレプリカに張ってみました。

Dsc01837

まずは弦長625mmのハウザー三世に青のミディアムテンション。

これまでこの楽器には前に出る感じの音を作りたいときは

サバレス・コラムのミディアムテンション、

バランスよく落ち着きがある音が欲しいときは

サバレス・カンティーガのミディアムテンションを使っています。

フィガロを張る前はカンティーガの方を張っていました。


フィガロの青を張ってみての感想は

フィガロの社長・薮さんがうちを訪問してくれた際におっしゃっていた

「マットな響き」というのをなるほど、という感じで実感しました。

張ったばかりでもギラツキを感じることは無く、太めの音が響きます。

音量はギラつかない分ほんの少し落ちるような気もしますが、

気になる程ではありません。

むしろ、張ってしばらくたつと音色が安定して音量も増したように感じました。


わたしは現在p指も爪を使わず指頭で弾きますし、

低音弦はしばらく使って新品時のギラツキが収まってからが

木と箱と弦が作る楽器本来の音と思っていますので、

はじめからこの音でそれが長く続く(ロングプレイ)のでしたら

この傾向はむしろ歓迎です。


写真ははじめ、赤を張ろうと思ったのでこんな風にとりましたが、

藪さんによると

「青色はフィガロ弦のスタンダードとして
 最初に“自分たちの求める音”を追求し作成したグループです」

とのことでしたから思いなおして青から試しました。

GG誌はテンションのデータ(記事)を見るために準備。


Dsc01838

こちらは19世紀のレプリカギター(田中清人 ラプレヴォットモデル)。

黄のローテンションを試しました。

これまではラベラのレコーディング(413p)という真鍮の磨き弦を張っていました。

19世紀ギターはギンギンいう弦を張ると楽器の音がしないというか、

今風に近づくというか情緒を感じなくなるような気がして、

こんな弦を使ったりテンションを下げたり(ピッチを低くするということ)、

弦が古くなっても使い続けたり(笑)しています。


藪さんによると

「イエローはクラシックギターに最も合うよう調整したグループです。
温かみがあり、少しマットながらも粘りのある音です」

と、青よりマットな傾向ということなので合うんじゃないかと思って試してみました。


さすがに磨き弦ほど音は沈みませんが、ごく自然な鳴り方で良いと思います。

チューニングは415Hz(半音下げ)にしていますが、

これでテンションもまあまあ手に馴染みます。

わたしのことを言えば、もう少しマット傾向でもう少し細い(テンションが低い)

と好みですがレプリカギターには丁度良いくらいかもしれません。


ついでなので高音弦も交換しています。

今回はプロアルテのレクチファイド・モデラートテンション。

プロアルテのレクチファイドシリーズの中ではノーマルテンションの下、

最も低いテンションのセットです。


前の弦は同じプロアルテ・レクチファイドのノーマルテンションでした。

ナイロンの高音弦はガットに比べると素材が軽いせいもあって、

テンションを下げていくとフワつく傾向がありますが

ガットではない選択としてこの辺は一つの落としどころかなという気もします。


カーボン弦は素材が重いので、テンション低めでも鳴る傾向はありますが

弦が細くなることと音程の感じや音色もあまり好みではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)