09.動画

YouTubeなど動画とリンクしたものはここに置いておきます。

2018年6月29日 (金)

リュートとヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ハ長調 RV.82 (ビバルディ 1678-1841伊)

リュートとヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ハ長調 RV.82
(ビバルディ 1678-1841伊)

2018.6.16ライブ
「紫陽花(あじさい)に寄せて
 ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」より
会場:スタジオ・ゲルン(東京・蔵前)

ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)
ヴァイオリン:宮林陽子 Yoko Miyabayashi (Vn.)
チェンバロ:小澤章代 Akiyo Ozawa (Cem.)


ビバルディによるこの楽器編成の作品には

このハ長調とト短調のものがあります。

どちらも楽譜を見ると速い楽章ではヴァイオリンとリュートが

ほぼ同じ音(オクターブユニゾン)を弾いていることに興味を持ちました。


はじめはヴァイオリンとリュートの混合した音色を求めているのかと思いましたが

リハを進めるうちに、このように使ったほうがリュートの音が聴こえる…

つまり、音量差のある楽器のアンサンブルでは

デュエットのようなハモりを作るよりも同じ音の方が

音が聴こえて、結果的に楽しめるという作戦?ではないかと思うようになりました。

ヴァイオリンが2連、リュートが3連符を奏でるシーンも

そう思うと大変効果的に感じます。


この演奏でギターはリュートのパートを受け持っていますが

第3フレットにカポタストをすることでリュートの調弦に近づき

とても弾きやすくなりました。


楽曲は急・緩・急の全3楽章。

ビバルディらしい簡潔で爽やかな作品です。

第1・第3楽章はカラッと明るく、音楽する喜びに満ち溢れています。

第2楽章はリュートが付点音符のリズムを持つ抒情的な歌をまかされます。

これはDdurのリュートコンチェルトの第2楽章にも通じており、

ビバルディが持っているリュート演奏のイメージなのかもしれませんね。


ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/06/post-6e2a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

ヴィオラ・ダ・モーレとリュートのための協奏曲 ニ短調 RV540 (ビバルディ 1678-1841伊)

ヴィオラ・ダ・モーレとリュートのための協奏曲 ニ短調 RV540
(ビバルディ 1678-1841伊)


2018.6.16ライブ
「紫陽花(あじさい)に寄せて
 ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」より
会場:スタジオ・ゲルン(東京・蔵前)

ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)
ヴァイオリン:宮林陽子 Yoko Miyabayashi (Vn.)
チェンバロ:小澤章代 Akiyo Ozawa (Cem.)


原曲はタイトルのようにヴィオラ・ダ・モーレとリュートの二重奏(ソロ)と

弦楽合奏および、通奏低音で奏されます。


この演奏では試みとして弦楽合奏部分をチェンバロにお願いし、

ヴィオラ・ダ・モーレパートをヴァイオリンで

リュートパートはギターで弾くように構成しています。


ヴィオラ・ダ・モーレは共鳴弦の付いたヴァイオリンで

頻繁に和音をかき鳴らすような弾き方が出てくるのはその特性を生かすためでしょう。


リュートのパートは結構テクニカルで、

わたしはクラシックギターのテクニックで演奏していますが

これをリュートのテクニックで奏していたとおもうと、

当時の奏者のレベルの高さは相当なものだったと想像します。


楽曲は急・緩・急の全3楽章。


第1・第3楽章ではソロパートが対話風に進み、

テュッテイ(斉奏)と交互に出てくるリトルネッロの形式。

第2楽章は四季の「冬」などにも通じる歌謡調で

ヴァイオリンが美しい旋律を奏でます。


ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/06/post-6e2a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

対話風二重奏曲よりロンド(カルッリ) チェンバロとギター

6つの対話風小二重奏曲 作品34より、
第2番のロンド(フェルディナンド・カルッリ 1770-1841伊)

2018.6.16ライブ
「紫陽花(あじさい)に寄せて
 ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」より
会場:スタジオ・ゲルン(東京・蔵前)

ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)
チェンバロ:小澤章代 Akiyo Ozawa


原曲は19世紀のギターデュオで

ギター演奏会ではよく聴かれるレパートリーですが

この時はチェンバロとギターでアプローチしてみました。


時代的には交わるところのなかったチェンバロと6弦ギターですが

こうしてコラボレーションしてみると

同じ撥弦楽器としての相性の良さを感じます。happy01


この楽曲は特にコロコロと流れるような旋律が

こういう音色のイメージを持っているようにも思い、選曲しました。

ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/06/post-6e2a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

序奏とファンダンゴ(ボッケリーニ~ブリーム編)

先日のギター・ヴァイオリン・チェンバロのコンサートから

いくつか動画をアップしていこうと思います。


まずはギターとチェンバロによる、ボッケリーニの序奏とファンダンゴ

原曲はギター五重奏曲(弦楽カルテット+ギター)ですが

イギリスの名手、ジュリアン・ブリームによるアレンジで

ギターとチェンバロの編成になっています。


さすがブリーム! 原曲よりもさらにエキゾチックさが増し

情熱的なスパニッシュサウンドが際立っています happy01


こういう曲はいわゆるコラボレーションで

チェンバロの方と知り合い、意気投合し、

「さあ、やろう!」とならないと出来ないので大変貴重な機会です。

小澤さん、ありがとうございました happy02


2018.6.16ライブ
「紫陽花(あじさい)に寄せて
 ギターとヴァイオリンとチェンバロの響き」より
会場:スタジオ・ゲルン(東京・蔵前)

ギター : 長谷川 郁夫 Ikuo Hasegawa (Gt.)
チェンバロ:小澤章代 Akiyo Ozawa

ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/06/post-6e2a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

Irish Air “My lodging is on the cold ground” M.Giuliani / 春の日の花と輝く(ジュリアーニ)

昨日のライブから、一つ動画をアップしました。

6つのアイルランド民謡Op.125より
春の日の花と輝く(ジュリアーニ)

使用ギター:R.F.ラコート1828年(パリ)


このライブは2018.5.28に

銀座のギャラリーカフェ&ダイナーArt For Thought にておこなわれた

「アンティークギターの響きを楽しむ会」というもので、

この日は松田光二氏の「左官アート展」の初日でもありました。

素敵なアートに囲まれて、演奏させていただきました。

=============================


Photo

この日は先日3/4に永田珈琲(小平)でおこなった

「ギター黄金期の音楽」の再演です。(少し変更しました)

この演目は19世紀(200年前)に最も近い形でギターや音楽、

そしてその愉しみをお聴きいただくべく

・当時のギター(ラコート1828年)
・ガット弦
・指頭奏法
・立奏
・当時の音楽(楽譜)

でアプローチしています。


Photo_2

このライブをコーディネートしてくださった赤廣さんと

作家の松田さんとその奥様。

お客様からは19世紀ギターの柔らかな音色と

松田さんの作品の柔和な感じがよく合っていたと感想をいただきました。


Photo_3

終了後のお楽しみ!

楽器談義や音楽談義は今回も楽しく盛り上がりました happy01

当年とって190歳のラコートギターはどこでも人気です。


本日のプログラム
Photo_4

前半は少し長めの曲で3曲。

後半は小品をたくさん弾きました。

後半最初のアグアドは初級者向けの名もないエチュードですが

時々むかしの人がそうしたようにタイトルを考えてみました。


19世紀ギター、ガット弦の組み合わせは

とても自然に音楽的な響きを持っていて

特に当時のシンプルな曲では一層その様子が感じられます。


今のギターで弾いたら、ただの指練習の通過点、

レッスンで◎が付いたら終わり・・・みたいな曲であっても、

19世紀ギターで奏でてみると

音楽や音色が溢れ出てくるという経験はよくあり(しかもとても楽に)、

自分で弾いていて、その音楽によって心が癒されるのが実感されます。


この時代の曲はテクニカルな大曲もありますが

一方で音楽の欲求を自身の演奏で満たすというのも

楽器や楽曲に対する大切な側面だったのでしょう。

CDとか放送とかもない時代ですから。


19世紀ギターは本当にそういう性能にたけていますし、

奏法やアプローチを当時に近づけていくことで

より、そういう魅力がクローズアップされます。


また機会がありましたら

この演目の再演を試みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

ソル 第一歩 ~ 岡野聡子さんと


Le premier pas vers moi, Op 53 F Sor わたしの方へ第一歩(ソル 作品53)
岡野聡子 Satoko Okano 長谷川郁夫 Ikuo Hasegawa
使用ギター
岡野・・・水原 洋 1992年 no,129(ラコートモデル)
長谷川・・チマーマン ca.1927(シュタウファー派レニャーニモデル)

昨日はギタリストの岡野聡子さんが19世紀ギターを持って遊びに来てくれました。

19世紀ギターもよく弾かれる岡野さんのお名前は以前から存じていましたが

3月のわたしのライブにいらしてくださりそこで面識を得ました。


「ぜひ遊びにいらしてください、19世紀ギター談義でもしましょう」

とお誘いしたところ、

お忙しい中、さっそくいらして戴けた、というわけです happy01


19世紀ギターやその時代にまつわるいろいろな話や

それぞれの想いなども語り合ったりして・・・


やっぱり、音楽はいいですね。


今日で二度目なのに、話がはずんで本当に楽しい。


そして、さあギターを弾きましょう!

1

岡野聡子さんも立奏をされるので、立奏談義などもしつつ

そうやって撮ったのが上の動画です。

岡野さんは、品よく凛とした演奏が素敵です。

そして、出会って初めてのお手合わせなのに

アンサンブルがとても合わせやすい!


知り合った方が、ギターを持って遊びに来て

おしゃべりに花を咲かせ、音でもおしゃべり。

なんと至福の時間でしょう!音楽があってよかった。

きっと19世紀の人もこうして楽しんだことでしょう。

2

この日はテルツギターとプライムギターの重奏も楽しみました。


楽しい時間はあっという間ですね。

またやりましょう!楽しい企画も考えられたらいいね!と

お開きにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

19世紀ギター演奏:ドン・ジョバンニのセレナーデ~埴生の宿 メルツ「かっこう」より

メルツ:音楽のパノラマ~136の楽しいギター小品集『かっこう』より
ドン・ジョバンニのセレナーデ(モーツァルト)と埴生の宿(イングランド民謡)

2018.3.4ライブ
珈琲とともに楽しむアンティークギターの響き(5)
『ギター黄金期の音楽 』
~ラコート1828年&パノルモ1844年による~ より
会場:永田珈琲店こもれび(東京・小平)

先日行ったライブより、アンコールの演奏をアップしました。
ラコート1828年で弾いています。


ライブのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/03/5-18281844-c4ed.html

Don Juan. Oper (Serenade)
Home! sweet home!
from
CUCKOO
MUSICAL PANORAMA 136 LITTLE ENTERTAININGS
FOR THE GUITAR J.K.MERTZ

Guitar --- Rene・F・Lacote 1828

Dscn4497

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

盗賊の歌(カタロニア民謡) オカリナとギター  Canco del Lladre

2017.1.13 はせがわ音楽教室 ギターをもっと楽しむ会(第18回)より

演奏:長谷川郁夫(オカリナ) 森秀文(ギター)


森さんはもう長い付き合いのギターの生徒さんなのですが

プロのオカリナ製作家なのですね。

MORI OCARINA HP … https://mori-ocarina.jimdo.com/


そんな縁もあって、昨年モリオカリナを入手!!

年に2回の「ギターをもっと楽しむ会」を機会に

わたしが吹いて製作者の森さんが伴奏するという試み(遊び?)をしています。

まあ、オカリナはシンプルなようで、というかシンプルゆえですね、

なかなかコントロールが難しいところもあり

思ったようにはうまく吹けませんが

モリオカリナの優しい音色とともにアンサンブルを楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

アメージング・グレース アルペジョーネとワッペン型ギター

新年 あけまして おめでとうございます happy01

年賀状代わりに動画をアップしましたsign03


アルペジョーネ(arpeggione)は19世紀初頭に発明された

ギターとチェロのハイブリッド楽器で

ヴィオロンチェロ・ギターなどともよばれていました。


弦は6本。ギターと同じに調弦され、フレットもありますから

ギターが弾ければ、この楽器で何かを奏でることはそう難しくありません。


おもしろい楽器でしょう?


ただ弓使いは一朝一夕にはいきませんから

なかなか「上手く」は弾けませんが coldsweats01


ちなみにアルペジョーネは昨年(2016)から弾きはじめました。

あまりたくさんは練習できていないのですが


それでも

ギタリストにとってロングトーンをこうして弾くのは楽しいもので、

きっと当時のギタリストたちも面白がって、

このように思い思いの曲を弾いては楽しんでいたかなあと想像します。

Photo

ワッペン型ギターはラベルがありませんが

ドイツ・オーストリア系でおよそ100年から向こうのものです。

シールド(盾)型などとも言われ、

ハウザー1世やワイスガーバーなども作っていました。


この個体はヘッドもスクロールしていて、指板もスカロップ加工と

当時のイカしたギターって感じでしょうね。

木目も綺麗で音もイイ!結構上級機です。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

ソル デュオ第1番より 黒田さんと Duo 1/ F.Sor op.55-1 Andante

黒田さんが19世紀ギターを持って遊びに来てくれたので
立奏スタイルで二重奏を録画してみました!

黒田公子 Kimiko Kuroda 長谷川郁夫 Ikuo Hasegawa

使用ギター
黒田・・・ラミー(1850年ごろのフレンチ)
長谷川・・チマーマン(20世紀初頭のジャーマン)

当日の模様はこちらで
「19世紀ギター、立奏でデュオ~黒田公子さん」

黒田さんのブログはこちら(クリック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧