09.動画

YouTubeなど動画とリンクしたものはここに置いておきます。

2019年5月 9日 (木)

ローズウッドとメープルの音色聴き比べ 野辺邦治作レオナモデル ノクターン(ヘンツェ)

ギターの横裏板用材として

今はローズウッド系の黒っぽい木が多く使われていますが

メープル材もときどき見かけます。

メープルはヴァイオリン族の横裏材としては一般的で

我々ギター(撥弦楽器)族も昔のものでは今よりもずっと使われていました。

 

メープルとローズウッドは重さ(比重)が違い

メープルの方が軽い木になります。

だいたい木って黒いほうが重いことが多いですね。

 

さて、それらを使うとその楽器の音色はどう変化するのでしょうか。

うちの生徒さんが最近興味深い楽器を購入したので

聴き比べ、弾き比べを試してみました!

 

まずは楽器の説明から・・・

Dsc00014

これ、野辺邦治のレオナモデルです。

野辺邦治さんは野辺正二さんのお兄さんで

ピシッとしたなかなか良いギターを作っていました。

 

IGPレオナと言われるもので

IGPによって集められた5人の製作家が

(本物の)トーレスギターを細かく検分し

それぞれがトーレスモデルを製作するという企画で作られました。

どれも小ぶりなボディを持った640mmの楽器でした。

 

Dsc00016

ラベルに製作者の銘は無く、でもすごく良い音でよく鳴る楽器で

当時ちょっとミステリアスで不思議な楽器というイメージがありました。

製造番号の頭にあるアルファベットで製作者が示されているそうです。

Dが野辺邦治さんなのですね。つぎの数字84が製作年のようです。

その生徒さんが気に入って長く使っているもので

ローズウッドの横裏板を持っています。

ローズウッドは薔薇の芳香を持つことから名づけられたそうで

いわゆる薔薇の木ではありません。

Dsc00015

わたしの経験的にはIGPレオナは野辺邦治さんのものがとても良いと思います。

 

そして、その生徒さんが最近入手したのがこちら。

Dsc00018

同じでしょう!

こちらはIGPではなく野辺邦治ラベルのトーレスモデルで、

Dsc00021

1986年製作なので、上のIGPレオナ(ローズ)2年しか違いません。

 

Dsc00019

はい、メープルの横裏板を持っています。

 

Dsc00020

ビシッと綺麗なトラ杢が出ています。

シルキーでイイ雰囲気!

これらの杢は材の中に偶然に発生するもののようで

このように綺麗に出ている材は珍重されます。

 

細かく見ると、ヘッドの造形や

胴の厚さもメイプルの方が数ミリ厚かったりなど

違いが無いわけではないのですが、

まあ、兄弟の楽器です。

Dsc00023

Dsc00024

 

こうなると、この2台の音色や鳴り方の違いが

横裏材の違いによるところが大きいでしょう。

 

ご興味、ありますか???

あるでしょう(笑) (^o^)丿

 

というわけで、こちらをどうぞ!!!

 

弦はローズの方がプロアルテノーマルセット

メープルはサバレスのクリスタルカンティーガセットを使っています。

=============================

楽器そのものはメープルの方が軽いかと思いきや、逆でした。

もちろんその差はわずかですが、

板厚のせいなのか、あるいは胴が少し深いことに寄るのかもしれません。

弾いていると音色としてはローズの方がシャープ、

メープルは少し柔らかみを帯びた響きを感じます。

低音域に良くあらわれていると感じました。

音量はどちらかというとメープルが出るような気もしますが

弦のせいもあるかもしれません。

動画で聴いてみると

ローズの方が深みを感じ、

メイプルは明るくエレガントな響きに聴こえますね。

ローズは長く弾かれ、メイプルは先日塗装を直したので

そういったこともあるかもしれません。

 

弾き心地や基本的な音はやはり同じ製作家の同じモデルだけあって

共通点を強く感じました。同じ手の音ですね。

この2台でデュオをしたら、合わせやすく音色の違いも出て楽しそう!

 

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

対話風二重奏曲 作品34-6(カルッリ)中島晴美さんと

昨日中島晴美さんのレッスンスタジオで遊んだ19世紀ギターデュオのセッション

ちょっとだけ公開します

曲はカルッリの作品では最も有名と言える

ト長調の序奏とロンドが入っている作品34

6つの対話風二重奏曲から第6番。

あまり弾かれないけど、いい曲でしょう!

 

お手合わせいただいたのはこの日が初めてですが、

音がうまく合ったらもう友達!?

「音楽=音を楽しむ」をリアルに感じるひと時でした。

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

聴き比べ 低音弦ナイロン芯のハナバッハと絹芯のフィガロ

先日フィガロ弦社長の藪さんから送っていただいた試作品

「フィガロ19世紀ギター用絹芯低音弦」

一般的なナイロン芯の低音弦(ハナバッハ・テルツギター用)と

比較してみましたので、よろしかったらご覧ください。


使用楽器:ルイス・パノルモ1844年(ロンドン)

低音弦のみを交換して録画しています。

ちなみに高音はガット弦です。


クラシックギターの低音弦(巻線)の芯は

現代ではナイロンの細い繊維が一般的ですが

戦前までは絹糸が用いられていました。

なのでもちろん、19世紀ギターは絹芯がデフォルト仕様です。

薮社長には

「国産で19世紀ギターが喜ぶ絹芯の低音弦があったら嬉しい!」

昨年の11月半ばごろにお話しをしていました。


今回のフィガロ弦に対するわたしのファーストインプレッションは

「最初に輪郭のクッキリした音が響き、
 そのあと基音が強く残り、余韻は幾分短め」

というものでした。

実はこれは他社の絹芯でも同様の傾向があり

「これぞ正に絹芯の音!と思いました。


巻き上げ時の感触も絹の方が

テンションがかかってからすぐに希望の音程に到達しますから、

ナイロンに比べて絹の方が伸びが少ないのだと思います。


今回フィガロから送っていただいた試作品は

第5・6弦が銀メッキ銅線、第4弦がアルミの巻線でした。

Dsc01914

アルミは比重の軽い金属なので太い巻き線が使われています。

計ってみると、第6弦とほぼ同じくらいの太さがありました。

上の写真クリックで拡大表示されます。


以下、外径を記載しておきます。

ハナバッハ・テルツ用ナイロン芯低音弦

第4弦 0.70
第5弦 0.85
第6弦 1.07


フィガロ19世紀ギター用絹芯低音弦

第4弦 0.94
第5弦 0.79
第6弦 0.95

感触はテルツ弦の方がフィガロ弦より若干張力が強く感じました。

フィガロ弦は今回のパノルモに使用する限り

テンションは丁度良いくらいに感じますし、音もなかなか良いです 


今回の新機軸アルミ巻きの第4弦は第5,6弦の

弾弦後最初に響く輪郭がクッキリした発音に比べると

幾分ふわっとした感じがするなと思いました。

金属が軽いせいなのかもしれないし、

そのため弦が太いからなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

ロマーノのサンバ (作曲:福岡英司)

ギターサークル・カノン 第17回定期演奏会より
2019年1月20日 南大塚ホールにて
福岡英司さん、すーちゃんと重奏
「ロマーノのサンバ」(作曲:福岡英司)

ギターサークル・カノンはわたしの指導するサークルで

創立は1997年、もう20年以上の付き合いになります。


サークルは活動も発表も合奏がメインですが

定期演奏会の時にはこうした重奏も交えて

プログラムに変化をつけています。


福岡さんは作曲も手がける頼もしいメンバーで

これまでもカノンに合奏曲をいくつか提供してくれています。

この日の定演では笑顔の眩しいすーちゃんと

南米リズム大好きノリノリデュオで2曲披露してくれましたが

その一曲「ロマーノのサンバ」にわたしもシェイカーで加わりました。

やっぱり音楽は「楽しい」が一番!

そんな風に感じたシーンです。



「味の酒処 ロマーノ」
 は定演後の打ち上げにて

いつもお世話になっている大塚駅そばのお店で

気のいいご主人とおかみさんがいつもおいしい料理とともに

楽しい場を提供してくださいます。


福岡さんはそんなロマーノさんに感謝の気持ちを込めて

この曲を作り、捧げました。


定演と打ち上げの様子はわたしのブログにレポートしています。

http://has.tea-nifty.com/blog/2019/01/17-a7c4.html


ギターサークル・カノン次回の定演は

来年2020年1月26日(日) に予定しています。

近づきましたらこのブログでもお知らせいたしますので

よろしかったら是非ご来場ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

2019年 (平成31年) 謹賀新年

明けましておめでとうございます。
旧年中は皆さまに大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年も年末にカミさんと

年賀状代わりのアルペジョーネ演奏を撮りました。

どうぞ、ご笑納ください。


少し前にブログ冒頭のコンサート・イベント案内の

今年分を決まっている分、書き出してみましたが

今年は例年よりアンサンブルがさらに多い年になりそうです。

様々な方と音楽による交流、今から楽しみにしています。


先日発売されたGG2019年1月号の巻末には例年カレンダーが付いているのですが

190906gg

9月の項には6日にGGサロコン予定が入っています 

昨年は新潟の若手19世紀ギター弾き、植木和輝氏とのデュオでしたが

今年は麗しき19世紀ギター弾き、岡野聡子さんとのデュオを計画しています。


ほかにも、チラシ等が出来上がりましたら

随時ご案内いたしますのでご期待ください。


本年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

長谷川郁夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

ロビン アディアとギャリー オウエン アイルランド民謡~ジュリアーニ編 リラギター

ラコートが作ったオリジナルのリラ(リラギター)による演奏です。

来年(2019年)3月3日はいつもの永田珈琲店(小平)にて

ライブを行う予定ですが、今度はこの楽器をお聴きいただこうと思っています。


2018.10.13コンサート
「長谷川郁夫&植木和輝 19世紀ギターデュオの世界」より
(新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ スタジオAにて)

「ロビン アディア」と「ギャリー オウエン」
6つのアイルランド民謡集 作品125より
マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)作曲
R.F.ラコート1828年作のリラ(リラギター)による演奏。
演奏:長谷川郁夫 Ikuo HASEGAWA

Robin Adair & Gary owen
from Six Irish national airs op.125
M.Giuliani(1781-1829)
Lyra guitar 1828 R.F.Lacote

=======================

アイルランドやスコットランドの民謡は

当時のヨーロッパで愛されていたようで

ギターに限らず、たくさんのこうした楽譜が見られます。

ジュリアーニはこの作品125でアイルランド民謡

作品番号無しの出版でスコットランド民謡を出していますが

どちらにも「ギターまたはリラのために」と書かれています。

優美なリラのフォルムと幽玄な響きに

マッチしているようにも思います。


ロビン アディアは実在の男性の名前で

この人物に思いを寄せる愛の歌でした。



ギャリー オウエン
とは

「オウエンの庭」というような意味のようです。

テンポの良い音楽で酒飲みの歌として親しまれ

後にイギリス軍などの軍歌としても歌われました。

gary owen song で検索すると歌の原曲を聴くことができ

なるほどこれがジュリアーニの手によって

このような器楽曲に作られたのかとわかりますが

とてもクラシカルに仕立てられており、

当時の音楽的嗜好や流行を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

「ドイツの歌による幻想曲」メルツ作曲 テルツとプライムギターによるデュオ

2018.10.13コンサート
「長谷川郁夫&植木和輝 19世紀ギターデュオの世界」より
(新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ スタジオAにて)

「ドイツの歌による幻想曲」
ヨハン・カスパール・メルツ (1806-1856)作曲
テルツギターとプライムギターによる二重奏
どちらのギターもJ.G.シュタウファー作です。(1830年頃)

==========================

テルツギターとプライムギターによる重奏は

ウィーンあたりを中心に良く行われたようです。

メルツのギターデュオは全集を見る限り

すべてがこの編成で書かれています。


この曲は「真夜中に(Steh'ich in finst'rer Mitternacht)」

という歌(民謡)をもとにしています。

歩哨が夜の見回り中に故郷に残した恋人を想うという内容でした。


メルツはこれをファンタジーとして

イントロと3つのスタイルにアレンジしています。


はじめはオーソドックスな歌謡調

そして12時の鐘(時計)が鳴り響くと

つづいて鳥のさえずりのようなオブリガードを伴ったスタイル

そして3つ目は豊かに響くコーラス(合唱)


メルツらしいとてもロマンティックな作品であるとともに

2種類のギターの音色が上手く活かされていると感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

F. ソル - ランクラージュマン Op. 34 長谷川郁夫&植木和輝

現代ギター2018年12月号に9月のGGサロコンのレポートが掲載されることになり

それに連動してGGのYouTubeチャンネルにその日の演奏

“ランクラージュマン”がアップされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

オペラ「セビリアの理髪師」序曲 ロッシーニ~ジュリアーニ編曲 19世紀ギターデュオ

2018.10.13コンサート
「長谷川郁夫&植木和輝 19世紀ギターデュオの世界」より
(新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ スタジオAにて)

オペラ「セビリアの理髪師序曲」序曲(ロッシーニ1792-1861)
ジュリアーニ(1781-1829)の編曲によるギターデュオ

植木和輝(Stauffer c.1830 シュタウファー作 レニャーニモデル 1830年頃)
長谷川郁夫(Panormo 1844 パノルモ作 1844年)

19世紀オリジナル(当時の)ギターによる演奏。
共にガット弦使用、指頭奏法、立奏でアプローチしています。


この曲の元来はオペラ『パルミーラのアウレリアーノ』(1813年作曲)

の序曲として書かれたもので、

ロッシーニはこれを『イングランドの女王エリザベッタ』(1815年)に手を加えて用い

さらに『セビリアの理髪師』でも再び同じ曲を用いているということです。

ジュリアーニの楽譜には「エリザベッタ」のタイトルが書かれていますが、

日本で通りの良い「セビリアの理髪師」の曲名で演奏しました。


ワクワクするようなロッシーニの名曲をギターデュオという

こんなコンパクトな形で聴くことができたら、

それは当時の人たちも大層喜んだことでしょう。

加えて、弾く方にもギター同士の対話を楽しみつつ盛り上がり、

弾き切った後の爽快感・充実感を感じさせるあたり、

ロッシーニに大きなリスペクトを持つジュリアーニの

筆さばきが見事な名編曲と言えます。


コンサートのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/10/19-bc96.html

同コンサートの東京公演
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/09/gg19-c640.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

オペラ「カイロの隊商」序曲 グレトリ~カルッリ編

2018.10.13コンサート
「長谷川郁夫&植木和輝 19世紀ギターデュオの世界」より
(新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ スタジオAにて)

3つの序曲 カルッリ作品106より
オペラ「カイロの隊商」序曲(グレトリ1741-1813)

共に19世紀にロンドンで作られた
パノルモギターを使い(わたしが1844年、植木さんが1843年)
共にガット弦使用、指頭奏法、立奏で演奏しました。

19世紀ギターの軽やかで明るい響きによって
当時の人々がこうしてオペラ序曲を楽しむ様子が目に浮かぶようです。

コンサートのレポートはこちら
http://has.tea-nifty.com/blog/2018/10/19-bc96.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧